News
2019 年 4 月 14 日
《CCI2*-L Miki》最終日速報
 《CCI2*-L Miki 2019》は最終日の今日(4月14日)、各クラスの障害馬術競技を実施し、大会の全日程を終えました。

 メインのCCI2*-L競技は、上位人馬がいずれも減点0でゴールしたため順位は変わりませんでした。初日の馬場馬術で減点28.9でトップに立っていた村上一孝&ティベント(Partner Horse Club)が、減点を増やすことなく優勝を決めました。2位は伊藤昌展&リエンローラッキーレンジャー(JRA馬事公苑)、3位は大友和哉&桜燕(日本大学)となりました。村上&ティベントはコンビを組んで2年、初めての優勝でした。


▲CCI2*-L競技優勝 村上一孝&ティベント


▲CCI2*-L競技 表彰式

 12人馬がエントリーしたEV100競技は、9人馬が3種目を完走しました。全日本チャンピオンコンビの弓良隆行&ポーチャーズホープ(乗馬クラブクレイン京都)が、初日からトップをキープして減点26.8で優勝、2位は名倉賢人&ジャストチョコレート(日本大学)、3位は弓良隆行&バレンティノ(乗馬クラブクレイン京都)でした。


▲EV100競技 表彰式

大会の全結果はこちらから
 
aaaa

  • 2019.04.17
  • 2019.04.09
  • 2019.04.18
  • 2019.04.14
  • 2019.04.02
  • 2019.04.01
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.04.02
  • 2019.04.18
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.01.30