アーカイブ:

News
2009 年 11 月 13 日
《全日本馬場馬術大会》開幕
 《第61回全日本馬場馬術大会2009》が、静岡県にある御殿場市馬術・スポーツセンターで始まりました。初日の今日(11月13日)は、《全日本内国産馬選手権(セントジョージ賞典)》、《セントジョージ賞典(外国産馬)》、《第5課目(予選)》、《第3課目(予選)》の4競技を実施しました。  《全日本内国産馬選手権》は、斉藤裕己選手&ラ・グラーツィア(ウィル・スタッド)が通算5回目の優勝、2位は佐渡一毅選手&スイングユタカ(JRA馬事公苑)、3位は露?康弘選手&エルク(RCクレインOP)となりました。なお、この競技の上位5頭と《セントジョージ賞典(外国産馬)》の上位15頭が、明日行う決勝競技《自由演技国体馬場》への出場権を獲得しました。  また、明日の午後に行う《グランプリ馬場馬術競技》には12選手・15頭がエントリー。中村公子選手&ラファエル、八木三枝子選手&ラスプティン、北原広之選手&ホワイミーという過去のチャンピオンコンビが出場します。また、八木選手は北京オリンピックで騎乗したダウ・ジョーンズとの2頭乗りを予定しています。豪華な顔ぶれが揃ったこの競技、どのような演技が披露されるのか期待が高まります。  
aaaa
News
2009 年 11 月 13 日
ナショナルチームについて
 《日本馬術連盟競技会規程 第21版》は、10月14日に改正・施行されました。その中で全日本障害馬術大会出場に係わる推薦基準についての規定がありますが、その解釈についてご案内します。 ここに言及する《ナショナルチームのメンバー》とは、従来の強化指定選手ではなく、現在制定作業中の《ナショナルチーム規程》に規定される《ナショナルチームのメンバー》のことであり、現在のところまだメンバーの認定を行っていないので、《第61回全日本障害馬術大会2009 Part?》には適用されません。 なお、《ナショナルチーム規程》は本年12月に開催する第6回理事会において承認された後、公表する予定です。
aaaa
News
2009 年 11 月 10 日
選手のドーピング検査について
 馬術競技でも全日本大会ならびに国民体育大会において選手のドーピング検査が導入されています。 不注意による薬物の摂取から陽性とならないために選手自らが注意しなくてはなりません。 財団法人アンチ・ドーピング機構のwebサイトでは、ドーピングを禁止する理由をはじめ禁止薬物リストなど選手が知っておかなければならない事柄について詳しく説明しています。 大会への出場を予定している選手は、この機会にドーピング防止に関する知識を高めいただきたいと考えます。 日本アンチ・ドーピング機構の公式サイトはこちらから。
aaaa
News
2009 年 11 月 10 日
《全日本障害Part I》タイムテーブル&フレンドシップ出番表
 11月20日?23日にJRA馬事公苑で開催する《第61回全日本障害馬術大会2009 Part I》のタイムテーブルおよびフレンドシップの出番表をご案内いたします。
タイムテーブル(PDF)
フレンドシップ出番表(130cm)(PDF)
フレンドシップ出番表(120cm)(PDF)
aaaa
News
2009 年 11 月 10 日
WEG・アジア大会 予備登録について(馬場馬術)
 《2010年FEI世界馬術選手権大会》および《第16回アジア競技大会(2010/広州)馬術競技》の馬場馬術競技への参加意思確認のための予備登録を受け付けます。参加ご希望の方は、平成21年12月25日までに当連盟事務局にご郵送ください。 なお、代表人馬選考基準はこちらから。
申込用紙(word) WIN / MAC
aaaa
News
2009 年 11 月 10 日
WEG・アジア大会 予備登録について(障害馬術)
 《2010年FEI世界馬術選手権大会》および《第16回アジア競技大会(2010/広州)馬術競技》の障害馬術競技への参加意思確認のための予備登録を受け付けます。参加ご希望の方は、平成21年12月31日までに当連盟事務局にご郵送ください。 なお、代表人馬選考基準はこちらから。
申込用紙(word) WIN / MAC
aaaa
News
2009 年 11 月 7 日
競技・資格関連規程の一部改正について
 《日本馬術連盟競技会規程第21版》、《公認障害馬術大会規程》、《騎乗者資格規程》を一部改正いたしました。こちらからご覧いただけます。なお、改正箇所は赤い字で表示してあります。
aaaa
News
2009 年 11 月 6 日
馬場馬術審査用紙の改訂について
 《FEI自由演技グランプリ馬場馬術課目》、《FEI自由演技インターメディエイト?》、《JEF自由演技国体成年馬場馬術課目》の各審査用紙に変更がありましたので、改訂版を掲載いたしました。 減点方式が変更されておりますが、運動内容には変更はありません。 ダウンロードはこちらから。
aaaa
News
2009 年 10 月 30 日
中障害CおよびDに関するカテゴリー係数および実施基準について
 平成21年10月14日に《公認障害馬術大会規程》を改正し、《第9版》を施行いたしました。それにともない、カテゴリー制度を変更し、各カテゴリーにおける基準を変更いたしました。また、中障害CおよびDについては、従来カテゴリー係数を適用しておりませんでしたが、これを適用することとしました。 規程の施行日は10月14日ですが、公認競技会主催者の皆様への周知が十分ではなかったため、実際に改正後の基準に則して競技を実施していただくのは11月2日以降としております。したがいまして、カテゴリー係数についても同様に、11月2日以降に実施される競技について適用いたします。 公認競技会主催者および選手の皆様には、ご理解、ご協力をお願いいたします。《公認障害馬術大会規程 第9版》はこちらからご覧ください。
aaaa
News
2009 年 10 月 30 日
障害馬術競技(公認)カテゴリー基準について
 公認競技会規程の改訂にともない、障害馬術競技(公認)のカテゴリー基準を別表の通り変更いたしました。今後、公認を申請される主催者の方は、本基準に則って実施してくださいますようお願いいたします。
カテゴリー基準(pdf)
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2019.03.06
  • 2019.03.20
  • 2019.03.13
  • 2019.03.26
  • 2018.12.25
  • 2019.03.07
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.03.20
  • 2019.02.26
  • 2019.03.13
  • 2018.06.04
  • 2019.01.30