アーカイブ:

障害馬術本部
2022 年 10 月 7 日
《とちぎ国体》第1日レポート(その2)
【第4競技 成年男子 トップスコア】
 障害物ごとに決まった点数がつけられていて、クリアするとその点数が加算されていくトップスコア。60秒以内に何点取れるかを競います。出番1番の林義昌&デスペラードAM(千葉県)が1370点をマークして一気にハイレベルな争いとなりましたが、地元栃木県の広田龍馬&ニック・オブ・タイムが1440点を出して優勝。3位は1320点の山口敬介&クインティナ(滋賀県)でした。


▲広田龍馬&ニック・オブ・タイム
「今日の栃木チームは本当に良かったです。盆と正月が一緒に来たような感じです。僕自身は1ヵ月前の試合で人馬転倒して、鎖骨と肋骨が折れてしまい、何とか乗れるところまで来たという感じです。家族とチームのサポートの大切さが身に染みています。乗っている時は集中していたので痛みは感じなかったのですが、ゴール後に手を大きく挙げて『痛っ』と思い出しました(笑)。天皇杯目指して頑張ります!」

【第5競技 少年 スピードアンドハンディネス】
 この競技は序盤から白熱しました。1番の川村颯太&ハーベスト(静岡県)が54.97秒を出すと、続く中山龍&ナバロン(熊本県)が53.98秒でそれを上回る展開。さらに早いタイムを出したのは地元栃木県の瀧田玲&グッドルーカスで、53.92秒で優勝を決めました。2位は中山&ナバロン、3位は川村&ハーベストでした。


▲瀧田玲&グッドルーカス
「前の種目で思乃さんや龍馬さんがいいスタートを切ってくれたので、その波に乗ることができました。後悔しないように走ろうと思って、自分がやるって決めたことを出し切れたので良かったです。リレーとダービーも悔いのない試合にしたいです」

【第6競技 成年男子 ダービー競技】
 長丁場のコースに自然に近い状態の障害物が設置されるダービー競技は、20人馬中4人馬がジャンプオフに進みました。そのすべてがダブルクリアラウンドし、少しずつタイムが縮まっていくというエキサイティングな展開に会場は多いに沸きました。優勝したのは最後に走行した佐藤賢希&コンタドーラ(長野県)33.09秒、2位は本田恵士&ジータ(大阪府)33.15秒、3位は石田侑奇&クラリス(高知県)33.40秒でした。


▲佐藤賢希&コンタドーラ
「今日は勝つ自信がありました。素晴らしいコンタドーラとの一期一会に感謝しています。ワクワクするジャンプオフを4人でつくれたこと、それを見ていただけたことを誇りに思います」

 第1日を終え、6競技のうち3競技で優勝、他の競技も全て入賞して得点を重ねた地元栃木県が首位に立っています。

 第2日は成年女子馬場馬術競技、成年男子国体総合馬術競技(馬場馬術)、成年女子ダービー競技、少年標準障害飛越競技、成年男子スピードアンドハンディネス競技、少年団体障害飛越競技(1回戦・準々決勝)の6競技が行われます。

 スケジュール、出番表、ライブ配信につきましては、こちらのページをご確認ください。


 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 10 月 7 日
《とちぎ国体》第1日レポート(その1)
《第77回 国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)》馬術競技会が開幕しました。今日(10月6日)から10月10日までの5日間にわたって23競技が行われます。初日の今日は6競技が行われました。

【第1競技 成年男子 馬場馬術競技】
 セントジョージ賞典で実施されるこの競技には14人馬が出場しました。ふるさと選手制度を使って北海道から参加した林伸伍&ジェシージェームスが70.441%で優勝、2位は増元拓巳&ドンアンジェロ(千葉県)68.971%、3位は地元栃木の鈴木直人&ファーストオリバーで68.382%でした。


▲林伸伍&ジェシージェームス
「今年アジア大会に行こうと思っていた馬なので、ここでは負けられないくらいの気持ちテンションが上がりやすい馬なので、丁寧に乗りました。北海道の一番手として勢いをつけられて良かったです。自由演技はもうちょっと落ち着いてくれたら攻めていけると思います」

【第2競技 少年 馬場馬術競技】
 この競技はFEIジュニアライダー個人課目で実施され、12人馬が出場しました。国体初出場の橋内雪花&ギャビデルギャビVCG(奈良県)が66.765%で優勝しました。2位は中学3年生でこちらも初出場の浅川駿萬&ホーリーナイト(静岡県)65.853%、3位は髙松優希&エルメス・デアツヴァイタ(東京都)65.676%でした。


▲橋内雪花&ギャビデルギャビVCG  ©c3.photography
「まだ夢見心地というか、何が起こったのかわからない感じです。初めての国体でとても緊張しましたが、馬と先生がたに支えていただいてここまで来られたと思うので、本当にありがたいです」

【第3競技 成年女子 二段階障害飛越競技】
 この競技は第1障害から第7障害までの第1段階を減点0で走行すると、第8障害から第12障害の第2段階に進むことができるというもの。全体の減点が同じ場合は、第2段階のタイムが早いほうが上位となります。出場26人中、第2段階に進んだのは9人馬で、減点0は4人馬、タイム勝負となりました。地元の広田思乃&ライフ・イズ・ビューティフルが27.73秒で優勝、吉井彩音&アルヴィン(滋賀県)が29.49秒で2位、今井有希奈&ファンタジスタ(三重県)が29.58秒で3位。


▲広田思乃&ライフ・イズ・ビューティフル
「栃木県が良いスタートを切ることができて良かったです。ホッとしました。本当に地元の国体で知っている人がたくさんいるので、いつもとは違う緊張感の中で、絶対に落とせないと思って走りました。初めは他の馬で出るつもりだったのですが、ブチくん(ライフ・イズ・ビューティフル)はもう19歳で国体は最後のチャンスだったので、やっぱりブチくんで出ようということでエントリー直前にブチくんに変えました。11年間の信頼関係のおかげでこの結果が出せました」

(その2)に続く

 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 26 日
障害馬術に関わる馬具・練習馬場のルール改定に伴う解説について
2022年9月12日付でFEI障害馬術スチュワードマニュアルが改定されたことを受け、ハインドブーツチェックに関わる運用が変更となりました。つきましては、以下の通り「後肢プロテクター及びその他馬具、練習馬場に関するルール改定に伴う解説」における変更点をお知らせいたします。
この改定につきましては、2022年10月3日(月)から施行します。選手・関係者の皆様は、必ずご確認いただきますようお願いいたします。

後肢プロテクター及びその他馬具、練習馬場に関するルール改定に伴う解説についてはこちら
※2022年9月26日改定

FEI STEWARD MANUAL JUMPING 抜粋和訳はこちら

ダウンロードは《競技関連【JEF】》ページからも行えます。
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 20 日
障害馬術CD 実務研修の申し込みについて
令和4年4月から、障害馬術コースデザイナーの資格更新に係る条件が変更されています。
コースデザイナー資格の更新には、有効期限内に日馬連主催大会において実務研修に2回参加することが必要です。
11月17日から20日まで三木ホースランドパークにて開催の《第74回全日本障害馬術大会2022 PartⅠ》において、資格更新のための実務研修参加を希望される方は、10月21日(金)までにお申込みください。

オンラインでの申し込みはこちらから
書面での申し込みはこちらから

障害馬術CD(更新・復活)に関する主な改定についてはこちら

コースデザイナー規程は《競技関連【JEF】》ページから




 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 20 日
《全日本障害Part I》協力役員を募集します
障害馬術本部では、JEF審判員資格あるいはJEFコースデザイナー資格を持つ方に実務経験の場を提供するため、11月17日から20日まで三木ホースランドパークにて開催します《第74回全日本障害馬術大会2022 PartⅠ》に役員(審判員/コースデザイナー/スチュワード)として協力して頂ける方を募集いたします。
本業務にご協力いただいた方には、競技会関連規程に則って役員実績としてカウントし、大会パンフレットの役員名簿にもお名前を掲載いたします。
希望される方は、9月30日(金)までに申し込み用紙を実行委員会までご提出ください。
なお、本大会はフレンドシップを含め4日間の開催ですが、3日間程度従事できる方とします。役員数の都合上、お断りする場合がありますので予めご了承願います。経費につきましては個人負担ですが、宿泊の補助を一部支給します。尚、恐れ入りますが、宿泊場所につきましては、ご自身でご手配くださいますようお願いいたします。


申込条件:
【審判員】 障害馬術2級審判員以上の有資格者
【コースデザイナー】 2級コースデザイナー以上の有資格者
【スチュワード】 障害馬術3級審判員以上の有資格者


申し込み用紙はこちらから。
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 14 日
TOKYO2020オリンピック関連番組をグリーンチャンネルで放映
TOKYO2020オリンピック関連番組がグリーンチャンネル(無料放送)で放映されます。
ぜひ、ご覧ください。

①TOKYO2020オリンピック 馬術競技 日本代表の挑戦
9月20日(火曜)~23日(祝日・金曜) 10:30~11:00
グリーンチャンネルの番組ホームページはこちらから

②TOKYO2020オリンピック 馬術競技ハイライト≪再放送≫
9月20日(火曜)~22日(木曜) 11:00~12:00
グリーンチャンネルの番組ホームページはこちらから

 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 13 日
《障害馬術S級審判員講習会》実施要項掲載のお知らせ
《障害馬術S級審判員講習会》実施要項を掲載しましたのでお知らせいたします。
受講を希望される方は、実施要項をご確認いただき、令和4年10月27日(木)までに申込手続きをお願いします。


実施要項・受講申込書のダウンロードは講習会ページから。
※オンラインでの申請も可能です。
aaaa
障害馬術本部
2022 年 9 月 12 日
<障害馬術>FEI審判員&スチュワード講習会開催について
以下の通り、障害馬術FEI審判員講習会およびFEIスチュワード講習会を開催します。参加をご希望の方は、氏名(英語表記)、FEI ID等を記載の上、期日までに担当者までメールでご申請ください。尚、締切後にFEIから受講可否について連絡がありますので、その旨ご了承ください。

<障害馬術>FEI審判員講習会(更新)(FEI Jumping Judge Maintenance Course)

日程:2022年12月1日
会場:ホテルオークラ神戸
   〒650-8560 兵庫県神戸市中央区波止場町2−1
対象:Level1/2/3
締切:2022年10月31日
実施要項はこちら

<障害馬術>FEIスチュワード講習会(更新)(FEI Jumping Steward Maintenance Course)

日程:2022年12月1日
会場:ホテルオークラ神戸
   〒650-8560 兵庫県神戸市中央区波止場町2−1
対象:All Levels
締切:2022年10月31日
実施要項はこちら

<障害馬術>FEIスチュワード講習会(昇格)(FEI Jumping Steward Transfer-Up Course)

日程:2022年12月2日~4日
会場:ホテルオークラ神戸
   〒650-8560 兵庫県神戸市中央区波止場町2−1
対象:障害馬術審判員S級/1級の資格を有する者
   障害馬術審判員2級/3級の資格を有し、2020年1月以降に障害馬術の主催競技会または
   国民体育大会においてスチュワード業務を経験し、障害本部が認めた者
締切:2022年10月21日
実施要項はこちら

FEIのウェブサイトはこちらから

お申し込みはこちらから 担当:松井
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 30 日
《アジア大会》 代表人馬選考基準発表(3種目)
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》の延期発表に伴い、障害馬術、馬場馬術は新たな選考基準により選考を行うこととしましたので、下記の通り発表いたします。
 総合馬術につきましては、改訂を行いましたので併せて発表いたします。

代表人馬選考基準
  <障害馬術
  <馬場馬術
  <総合馬術

参加意思表明の書式は追って掲載いたします。
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 21 日
《全日本ジュニア障害》最終日レポート
 《第46回全日本ジュニア障害馬術大会2022》は最終日の今日、各クラスの選手権競技(決勝)を実施しました。

 ヤングライダー選手権には26人馬が出場しました。ジャンプオフに進んだのは6人馬。ジャンプオフ最初の出番の小林弥生&コンティーナ(STAR HORSES)が31.10秒の早いタイムでクリアラウンドし、後続はそれを追いかける展開になりました。誰もそのタイムを超えないまま最終出番の岡本果林&ジゴロ(ドリームファーム)が登場。31.09秒を叩き出し、わずか100分の1秒差で優勝を決めました。3位は31.96秒の吉田光佑&アルボア(早稲田大学馬術部)でした。
 岡本果林&ジゴロのコンビは、昨年のジュニアライダー選手権優勝人馬。ジュニア、ヤングと2つのクラスのチャンピオンになりました。


▲岡本果林&ジゴロ
「今年はヤングライダー1年目だったので、チャレンジャーという気持ちで臨みました。緊張しましたが、ジゴロの力を信じてジャンプオフでは『勝てる』と思って走行しました。最強のパートナーです。この後、ジゴロは夏休みで、しばらくゆっくりさせようと思っています」

©c3.photography
▲岡本選手にはエルメス賞(エルメスの鞍)が贈られる

 ジュニアライダー選手権には33人馬が出場、11人馬がジャンプオフに進みました。最初に走行した瀬口竜也&ヒカリサーベル(カシオペアライディングパーク)が42.35秒でクリアラウンドすると、鈴木爽日&アヴィオン(Bell Stable)が36.88秒、秋葉大地&アルコラド(桑折町ホースパーク)が36.54秒と続き、最後から2番目に走行した渡辺明&ジャンヌ(奈良県馬術協会)が34.84秒で一気にタイムを縮めました。最終出番の瀧田玲&グッドルーカス(那須トレーニングファーム)は36.76秒でした。
 優勝は渡辺&ジャンヌ、2位は秋葉&アルコラド、3位は瀧田&グッドルーカスとなりました。


▲渡辺明&ジャンヌ
「今年は勝つ気でいたので、優勝できて嬉しいです。初めの走行では馬に助けてもらったところがあったので、ジャンプオフでは馬を助けられるようにと思って走りました。元々とても足が速くてうまく乗ったら勝てると思っていたので、プラン通りにいけて良かったです」

 チルドレンライダー選手権には57人馬が出場、19人馬がジャンプオフに進出する激戦でした。ダブルクリアラウンドは6人馬。盛本悠月&ルスティカーナ(RASTER STABLE)が27.81秒で優勝、小泉可憐&クゥエンティン(北総乗馬クラブ)が28.47秒で2位、井澤優&マリアンハタンゴアA(Tokaiホースパーク)が29.09秒で3位でした。


▲盛本悠月&ルスティカーナ
「とっても嬉しいです。オリジナルコースではめちゃくちゃな走行になってしまったのですが、ジャンプオフでは踏み切りを気にせずに行こうと言われて、プラン通りにうまく走れました。来年はもしかしたら120cmクラスに上がるかもしれませんが、また活躍できるように頑張ります」

大会の全結果はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2022.11.24
  • 2022.11.24
  • 2022.11.25
  • 2022.11.22
  • 2022.10.31
  • 2022.11.11
  • 2022.11.22
  • 2022.11.14
  • 2022.10.31
  • 2022.11.25
  • 2022.05.30
  • 2022.05.30