アーカイブ:

総合馬術本部
2023 年 5 月 28 日
《全日本ヤング総合/CCI2*-L》最終日レポート
 《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023/CCI2*-L Yamanashi》は最終日の今日、各クラスの障害馬術競技を行いました。


▲ヤングライダー選手権表彰式 Photo:c3.photography

 ヤングライダー選手権は8人馬が障害馬術に臨みました。クロスカントリーでトップに立った石川侑真&ホクソウアスセナ(専修大学馬術部)が、障害馬術もクリアラウンドしてトータル減点33.3で初優勝を決めました。2位は減点39.1の石川傑&パトリシアM(明治大学馬術部)、3位は減点44.1の伊丹媛香&メイショウブユウ(日本大学馬術部)でした。


▲ヤングライダーチャンピオン 石川侑真&ホクソウアスセナ
「去年3位になってからずっと今年は優勝を目指しますと言ってきたので、その重圧からやっと解放されたというのが正直な気持ちです。去年も嬉しかったのですが、今日、最後のゴールラインを切った時に初めてこみ上げてくるものがあって、達成感が出てきて嬉しい気持ちでいっぱいになりました。エルメス賞(エルメスの鞍)は高校生の時から目指していたものなので、それが叶って嬉しいです。この後は学生戦で今回と同じような結果を出していきたいです」

 CCI2*-L競技は6人馬がクロスカントリーを完走しましたが、今日のホースインスペクション前に1頭が棄権したため、障害馬術に出場したのは5人馬でした。1頭が失権してしまいましたが、暫定1位から4位で臨んだ4人馬はいずれもクリアラウンドし、そのままの順位で確定しました。優勝は楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA(ラクエドラゴンホースパーク)、2位は平永健太&デュークオブサセックス(乗馬クラブクレインエクエストリアンセンター)、3位は名倉賢人&コイルブリデリバーランド(JRA馬事公苑)となりました。


▲CCI2*-L優勝 楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA
「今回のクロスカントリーコースはこれまで走った中で一番大変なコースで不安要素もありましたが、実際に走ってみると馬が気持ち良く、向ければ飛んでくれたので、僕は乗っておくだけという感じで、気づいたら減点0でゴールしていました。馬に感謝しています。今日はホースインスペクションを通った時に『今日は勝てる日だな』と感じていたので、本番でも緊張することなく冷静に走行できました。この馬でようやく結果を出すことができて良かったです」

全結果は大会特設サイトでご覧いただけます。





 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 27 日
《全日本ヤング総合》大会スケジュール発表(変更)
 令和5年5月28日(日)まで山梨県馬術競技場にて行ないます《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・CCI2*-L Miki 2023》の大会スケジュールを一部変更しましたのでお知らせします。

大会スケジュール(タイムテーブル)
(5月28日実施・障害馬術競技開始時間一部変更)



※スケジュールは変更することがあります。


 

 



 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 27 日
《全日本ヤング総合/CCI2*-L》2日目レポート
 《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023/CCI2*-L Yamanashi》は2日目の今日、各クラスのクロスカントリー競技を行いました。

 16歳から22歳までの選手の日本一を決めるヤングライダー選手権は、1人馬が棄権したためクロスカントリーを走ったのは8人馬となりました。タイムオーバーする人馬が多い中、減点0でゴールした石川侑真&ホクソウアスセナ(専修大学馬術部)が2日間のトータル減点33.3で首位、減点36.1の伊丹媛香&メイショウブユウ(日本大学馬術部)が2位、減点39.1の石川傑&パトリシアM(明治大学馬術部)が3位につけています。


▲ヤングライダー選手権暫定1位 石川侑真&ホクソウアスセナ

 アジア大会代表選考対象競技のCCI2*-Lには13人馬が出場していますが、馬場馬術の上位3人馬を含む7人馬が棄権または失権したため、クロスカントリーを完走したのは6人馬となりました。馬場馬術で4位だった楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA(ラクエドラゴンホースパーク)が唯一インサイドタイムでゴールして、2日間のトータル減点30.5でトップに立ちました。2位は5秒のタイムオーバーがあった平永健太&デュークオブサセックス(乗馬クラブクレインエクエストリアンセンター)で減点33.4、3位は名倉賢人&コイルブリデリバーランド(JRA馬事公苑)で減点44.3と続いています。


▲CCI2*-L暫定1位 楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA

明日は障害馬術競技を実施し、最終順位が決まります。朝9時30分からインターネットでライブ配信いたします。

なお、出番表、結果など大会特設サイトでご覧いただけます。

 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 27 日
【総合馬術】パリ五輪地域予選競技会派遣選手団発表
 2023年6月1日~4日にアイルランド/ミルストリートにおいて行われるパリ五輪グループF/G地域予選競技会(CCIO3*-L Millstreet)の派遣選手団を発表します。
 
団 長 大久保 公裕
監 督 細野 茂之
コーチ Laurent BOUSQUET (FRA)
コーチ 土屋 毅明
獣医師 Andy BATHE (GBR)
 
選 手 所 属
大岩 義明 株式会社nittoh
北島 隆三 乗馬クラブクレイン
田中 利幸 乗馬クラブクレイン
戸本 一真 日本中央競馬会馬事公苑



 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 26 日
《全日本ヤング総合/CCI2*-L》開幕
 山梨県馬術競技場で《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023/CCI2*-L Yamanashi》が開幕しました。この大会では、16歳から22歳までの選手が対象のヤングライダー選手権競技、アジア大会代表選考対象競技のCCI2*-Lをはじめ、CCNワンスター競技、EV100競技、EV90競技、EV80競技、ジュニア総合馬術II競技、ジュニア総合馬術III競技、複合馬術競技Cを実施します。初日の今日(5月26日)は各クラスの馬場馬術競技を実施しました。
 ヤングライダー選手権には、いずれも大学馬術部所属の8選手9頭が出場。昨年の4年生が卒業したことで今年は大きく顔ぶれが変わり、8人中6人が初出場です。トップに立ったのは石川傑&パトリシアM(明治大学馬術部)で減点32.3(67.75%)、2位は伊丹媛香&メイショウブユウ(日本大学馬術部)で減点32.5(67.46%)、3位は石川侑真&ホクソウアスセナ(専修大学馬術部)で減点33.3(66.67%)と、僅差のスタートとなりました。


▲ヤングライダー選手権初日トップ 石川傑&パトリシアM

 アジア大会代表選考は今回が最終戦です。今回は選考の対象となっている11人馬(10選手11頭)を含む13人馬がCCI2*-L競技に出場しています。馬場馬術でトップに立ったのは、唯一減点30を切った中島悠介&バートエルJRA(乗馬クラブエトワール)で減点26.4(73.56%)、2位は減点30.2(69.85%)の縄田雄飛&ヴィドック・デ・ラ・ポルカ(杉谷乗馬クラブ)、3位は中島悠介&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)が減点30.3(69.70%)で続いています。


▲CCI2*-L初日トップ 中島悠介&バートエルJRA

 明日は各クラスのクロスカントリー競技です。朝8時からインターネットでライブ配信いたします。

 なお、全クラスの馬場馬術競技の結果、クロスカントリー競技の出番表などは大会特設サイトでご覧いただけます。
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 22 日
《ヤング総合》参加団体への資料送付
令和5年5月26日(金)から28日(日)まで山梨県馬術競技場にて行います《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・CCI2*-L Yamanashi》の参加団体向けご案内資料を、5月19日(金)にエントリー時にご入力いただいたアドレス宛にメールにて送信しました。

万一未着の場合はこちらまでメールでご連絡ください。
尚、今大会に関して日馬連より郵送での資料送付はありません。

 

 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 19 日
《ヤング総合》クロスカントリーコースの利用制限について
5月26日~28日に、山梨県馬術競技場にて行ないます《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・ CCI2*-L Yamanashi》のクロスカントリーコースでのトレーニングについて、以下の通りお知らせします。

クロスカントリーコースにおけるトレーニング禁止期間:
令和5年5月20日(土)~ 大会終了時まで

理由:クロスカントリーコースビルディングのため

禁止期間中、馬道のみハック可、採草地は立ち入りは出来ません。
常歩での水濠通過は可能ですが、スロープからの立ち入りのみ許可します。段差がある所からの飛び降り、飛び上がりは禁止とします。
現地では役員の指示に従ってください。
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 17 日
《ヤング総合》大会スケジュール発表
 令和5年5月26日(金)~28日(日)に山梨県馬術競技場にて行ないます《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・CCI2*-L Miki 2023》の大会スケジュールを発表いたします。

大会スケジュール(タイムテーブル)

大会スケジュール(時間割)

※5月25日(木)実施第1回インスペクションの開始時間が大会実施要項から変更になっていますのでご留意ください。(旧15:00開始→新14:00開始

※スケジュールは変更することがあります。


 

 



 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 17 日
《アジア大会総合馬術競技代表選考対象競技》ロングリストについて
2023年5月26日~28日に行われる第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・CCI2*-L Yamanashi 第12競技 CCI2*-L競技《杭州アジア競技大会総合馬術競技 代表人馬選考対象競技》のロングリストを発表いたします。
 
選手 所属 馬匹
樫木 俊     乗馬クラブクレイン千葉 富津  スプランドゥール
片山 淳 徳島乗馬倶楽部 ラッキーユー7
楠本 將斗 ラクエドラゴンホースパーク ヴィックデュジゾールJRA
篠原 正紀 八王子乗馬倶楽部 アップトゥーユー
白石 侑也 明治大学馬術部 カルロッタM
中島 悠介 乗馬クラブエトワール クレジットクランチ
    バートエルJRA
縄田 雄飛 杉谷乗馬クラブ ヴィドック・デ・ラ・ポルカ
平永 健太 乗馬クラブクレイン千葉 富津 デュークオブサセックス
弓良 隆行 乗馬クラブクレインオリンピックパーク ポーチャーズホープ
吉澤 和紘 日本中央競馬会馬事公苑 クアンビー
    ペニーグランツ



 
aaaa
総合馬術本部
2023 年 5 月 12 日
《ヤング総合》有観客開催のお知らせ/参加団体へのお願い
令和5年5月26日(金)から28日(日)まで山梨県馬術競技場にて行います《第44回全日本ヤング総合馬術大会2023・CCI2*-L Yamanashi》は、どなたでも自由にご来場、ご観戦いただけます。

但し、セキュリティーのため、厩舎地区への入場大会が用意するリストバンドを着用した方に限ります。参加団体には、選手数プラス参加馬匹一頭につき3本のリストバンドを入厩時(原則)に配布します(例:選手2名、3頭でのエントリー→2+9=11本分交付)。なお、衛生上及びセキュリティーの観点からリストバンドの複数人数での共有・譲渡は固くお断りします。また、割り当て本数を超えての配布はいたしません。

※来場者は大会役員・係員・スタッフの指示に必ず従ってください。従っていただけない方は退場していただく場合があります。

※今大会での取材/撮影目的でのご来場はこちらまでメールでお問合せください。

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2024.04.19
  • 2024.04.22
  • 2024.04.11
  • 2024.04.13
  • 2024.03.13
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2024.03.15
  • 2024.04.11
  • 2024.03.29
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13