News
2019 年 5 月 28 日
《総合馬術》日本チーム、CCIO3*-L Saumurで団体優勝!
 フランス・ソミュールにて5月22日~26日に行なわれたCCIO3*-L Saumur において、日本チームが団体優勝を飾りました!
 今競技会は、2020東京オリンピック・グループF/G(アフリカ・中東/アジア・オセアニア)の地域予選競技会として実施されたもので、中国、タイ、香港、日本の4カ国が出場しました。
 日本チームは大岩義明選手&ヴィックドジゾールJRA、根岸淳選手&ヴェンチュラJRA、田中利幸選手&キノロディー・ロンド、北島隆三選手&グリーンローン・スカイハイの4人馬で臨みました。初日の馬場馬術終了時、上位3名の総減点が88.3と2位の中国とは0.9点差の僅差で首位に立ちましたが、2種目目のクロスカントリーでは大岩&ヴィックドジゾールJRAが出走前に棄権。日本チームは残る3人馬での戦いとなりました。ここで中国に逆転を許し、総減点2.7点差をつけられ2位に後退。勝負の行方は最終日の障害競技に委ねられました。2位とは言え1落差以内という大接戦。日本の一番手は北島選手&グリーンローン・スカイハイで1落の減点4、二番手田中選手&キノロディー・ロンドも同じく減点4。この時点で日本チームは総減点129.3と、二人目までの総減点130の中国を再逆転。そして、日本チーム3人目の根岸選手&ヴェンチュラJRAが見事減点ゼロのクリアラウンドでゴールを切り、大きなガッツポーズ!中国の最終走行者、アジア大会個人銅メダリストのアレックス・ホアティアン選手の走行を待たずして日本チームの優勝が決まり、多くの観衆が詰めかけた会場に君が代が流れました。
 また、既にチーム出場枠を獲得している日本を除く上位2カ国に与えられる2020東京オリンピックのグループF/Gチーム出場枠は、2位中国、3位タイに与えられることになりました。
 同競技会では根岸選手&ヴェガスドレルフJRAが個人4位入賞、同じく根岸選手&ヴェンチュラJRAが5位入賞。また、併催で行なわれたCCI3*-S Saumurでは大岩選手がキャレで2位、バートエルJRAで5位に入賞するなど日本人馬が目覚しい活躍を見せました。


左より北島隆三選手、細野茂之監督、田中利幸選手、ローラン・ブスケシニアマネージャー、根岸淳選手

                   
左より根岸選手、北島選手、田中選手

CCIO3*-L Saumur 最終結果
団体戦
1位 日本  総減点129.3
    根岸淳(乗馬クラブクレイン)/ヴェンチュラJRA 総減点39.8
    田中利幸(乗馬クラブクレイン)/キノロディー・ロンド 総減点44.1
    北島隆三(乗馬クラブクレイン)/グリーンローン・スカイハイ 総減点45.4    
    大岩義明(株式会社nittoh)/ ヴィックドジゾールJRA  馬場馬術終了後棄権

2位 中国  総減点135.4
3位 タイ  総減点175.3
4位 香港  総減点2051.5

試合結果(外部リンク)

 
aaaa

  • 2019.05.24
  • 2019.05.21
  • 2019.05.30
  • 2019.06.04
  • 2019.06.04
  • 2019.05.13
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.05.24
  • 2019.06.04
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.01.30