アーカイブ:

障害馬術本部
2020 年 9 月 22 日
《全日本ジュニア障害》各年代のチャンピオン決定!
 《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》は今日(9月22日)各クラスの選手権競技を行いました。

 ヤングライダー選手権競技には29人馬が出場、8人馬がジャンプオフに進みました。最初に走行した上野きり&クワコート(つま恋乗馬倶楽部)が、小回りを利かせて速い足取りでクリアラウンド、36.69秒を出しました。中島双汰&ダイワシュガー(中島トニアシュタール)は元競走馬の脚を活かして36.43秒とわずかに上回りましたが、1落下。杉江俊哉&C’sファラー(乗馬クラブクレイン東海)が減点0、39.49秒、最終出番の滝澤和希&CRNディガー(乗馬クラブクレイン千葉富津)も果敢に攻めてクリアラウンドしましたが、37.49秒とトップには届きませんでした。
 上野&クワコートが2年ぶり2回目の優勝、滝澤&CRNディガーが2位、杉江&C’sファラーが3位となりました。

▲上野きり&クワコート
「2年前は馬の力だけで勝ちましたが、それからコンビを深めて手応えを感じてきていて、今年は馬を信頼して臨むことができました。ジャンプオフは出番が最初だったので、思い切っていきました。ヤングライダー最後の年に絶対に勝ちたいと思っていたので、本当に良かったです。2年前から大障害にも挑戦しているので、これからはシニア選手に交じってチャレンジャーとして頑張っていきたいです。まずは全日本障害Part Iが目標です」

 ジュニアライダー選手権競技には40人馬が出場、15人馬がジャンプオフに進みました。最初の出番だった藤田かれん&シュタルクリーガー(藤沢乗馬クラブ)が積極的に走行して31.67秒でクリアラウンドし、後続にプレッシャーをかけました。これを上回るタイムはなかなか出ませんでしたが、最後から3番目の長谷川晶子&プランス・エトワール・クリスタル(那須トレーニングファーム)が29.54秒を出してトップに立ちました。最終出番の広田大和&オラシオン・デ・オーロ(那須トレーニングファーム)もスピード感のある走りを見せましたが、わずかに届かず30.25秒でした。
 長谷川&プランス・エトワール・クリスタルが初めての優勝、広田&オラシオン・デ・オーロが2位、藤田&シュタルクリーガーが3位となりました。

▲長谷川晶子&プランス・エトワール・クリスタル
「今年は受験勉強などがあってほとんど練習できていなかったので、勝とうというよりは楽しもうと思っていたのですが、エトちゃんが本当に頑張ってくれて優勝することができました。去年はタイムが一番早かったのですが1落下してしまって本当に悔しい思いをしました。今日のジャンプオフは思った通りの走行がばっちりできました。来年はヤングで優勝目指して頑張ります」

 チルドレンライダー選手権競技には59人馬が出場、18人馬がジャンプオフに進出する激戦でした。ダブルクリアラウンドは4人馬。門岡祐樹&エルフ(北熊本乗馬クラブ)が力強く馬を推進して34.73秒のトップタイムを出しました。門岡選手は全日本ジュニア大会は初出場、初優勝となりました。2位は36.40秒の浅川駿萬&晴喜(静岡乗馬クラブ)、3位は37.82秒の西森琴&大将(明石乗馬協会)でした。

▲門岡祐樹&エルフ
「優勝したのは祖父やサポートしてくださる皆様のおかげだと思っているので、これからも期待に応えられるように頑張ります。110cmクラスに初めて出たのが7月の大会で、そこで権利をとってこれが2回の大会でした。全国のトップ選手が集まっていて勉強になりましたし、僕ももっと上にいかないといけないと思いました。来年はジュニアライダーに出たいと思います」

大会の全結果はこちらからご覧ください。



 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 9 月 22 日
《全日本ジュニア障害》選手権競技結果お知らせ
山梨県馬術競技場で開催した《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》各クラス選手権競技の結果をお知らせいたします。


第4競技 ヤングライダー選手権   結果    

第5競技 ジュニアライダー選手権  結果

第6競技 チルドレンライダー選手権 結果




                   
aaaa
障害馬術本部
2020 年 9 月 21 日
《全日本ジュニア障害》開幕
 《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》が開幕しました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今年は2日間開催。今日(9月21日)は予選競技、明日(9月22日)は選手権競技(決勝競技)を実施します。
 
 ヤングライダークラスには49人馬のエントリーがありました。ディフェンディングチャンピオンの滝澤和希&CRNディガー(RCクレイン千葉富津)が減点0、57.79秒で1位、同じ乗馬クラブクレインオリンピックパークに所属する木村友哉&スンモハZと櫻井綾音&ジャンヌが60.36秒の同タイムで並んで2位となりました。

▲滝澤和希&CRNディガー
「今日は予選通過が目標で、良いリズムで走行して明日につなげられたらと思っていました。馬の調子は抜群なので、明日は必ず連覇したいと思います」

 ジュニアライダークラスには68人馬のエントリーがありました。今日の予選競技で1位になったのは広田大和&オラシオン・デ・オーロ(那須トレーニングファーム)。昨年、チルドレンライダー選手権を優勝してステップアップした広田選手は3頭で出場しており、3頭とも予選を通過。明日の選手権競技のパートナーにこのオラシオン・デ・オーロを選びました。2位は新改菜緒&コルバイヤ(北総乗馬クラブ)、3位は長谷川晶子&プランス・エトワール・クリスタル(那須トレーニングファーム)でした。

▲広田大和&オラシオン・デ・オーロ
「今日はオラちゃんがすごく頑張ってくれました。明日は出番が最後なので、そこで変に緊張しないように、しっかりクリアラウンドすることと、ジャンプオフに残ったら楽しく良い走行ができるように頑張りたいです」

 チルドレンライダークラスは今大会最多の101人馬のエントリーがありました。クリアラウンドしたのは20人馬で、初参加の吉田花凛&クラシックオーマン(水口乗馬クラブ)が60.46秒のトップタイムで1位、波多野有哉&リリオ(ステーブル小淵沢)が61.32秒で2位、浅川駿萬&晴喜(静岡乗馬クラブ)が61.44秒で3位となりました。

▲吉田花凛&クラシックオーマン
「初めての参加で待機馬場までは緊張していたのですが、1番障害から元気よくいこうと思って入りました。クラシックオーマンは20歳のスーパーおばあちゃんです。明日も今日の1番障害と同じように元気よくやっていきたいです」


予選競技の全結果はこちらから
 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 9 月 21 日
《全日本ジュニア障害》予選競技結果お知らせ
山梨県馬術競技場で開催している《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》各クラスの予選競技の結果をお知らせいたします。

 
第1競技 ヤングライダー障害飛越競技(標準/予選)   結果        
                   
第2競技 ジュニアライダー障害飛越競技(標準/予選)  結果   
 
第3競技 チルドレンライダー障害飛越競技(標準/予選) 結果  



タイムテーブルはこちら


なお、今大会は新型コロナ感染症拡大防止のため、入場制限(無観客開催)をしています。熱戦の模様はインターネット配信でお楽しみください。

出番表・コース図などは専用ページからご覧ください。 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 9 月 16 日
《全日本ジュニア障害》特設サイトについて
 令和2年9月20日(日)~22日(火・祝)に行います《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》の出番表、成績表、コース図、各種お知らせ等はすべて下記の特設サイトで発表いたします。
 また、入場予定者登録フォームにお名前の記載のある方々は、同サイトより来場予定の前日より誓約書(初回のみ)、行動履歴等の提出をお願いいたします。

第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020 特設サイトTOPページ


出番表、成績表、コース図等は「競技のページ」から

毎日の行動記録の提出は「感染症対策記録」から

 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 8 月 30 日
全日本大会の取材申請について
各種全日本馬術大会の取材を希望されるメディアの皆様にご案内申し上げます。
今年度の全日本大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じて実施する予定です。その一環として大会によっては参加者・関係者に事前の健康チェックや入場制限等をお願いする予定です。取材されるメディアの皆様にも同様のお願いをすることがございますので、取材をお考えの方は、大会開始2週間前までに、下記メール宛にご連絡くださいますようお願いいたします。

担当(北野):kouhou★equitation-japan.com (★を@に変えてください)
 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 8 月 27 日
《全日本ジュニア障害》健康管理ならびに入場制限に関わるお願い
8月19日に発表いたしました通り、《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》につきましては、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止策を講じて開催することといたします。
その一つに、大会前から健康管理の徹底を要請し、期間中は関係者の入場制限を行い、無観客開催といたします。
開催の前であっても馬術関係者から感染者が出た場合には、大会の開催自体が危ぶまれることとなります。
つきましては、大会期間中のみならず日ごろから新型コロナウイルス感染症対策のご協力をお願いいたします。


① 9月3日(木)までに、以下URLより所属団体の代表者は入場者の事前登録を行ってください。事前登録をしていただいた人数分のリストバンドを所属団体宛てに郵送します。

② 事前登録を行った入場者は、競技会場に入場する前日から以下URLより毎日行動記録をご提出ください。

③ 事前登録を行った入場者は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を必ずインストールしてください。

④ 「全日本ジュニア大会における新型コロナウイルス対策詳細」をよくお読みください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
※必ずご確認ください!
「全日本ジュニア大会における新型コロナウイルス対策詳細」についてはこちらから

入場者の事前登録および行動記録は以下URLから↓
URL: https://all-japan-junior-jumping2020.jimdofree.com/

------------------------------------------------------------------------------------------------

今大会につきましては、特設のホームページに連絡事項、出番表、コース図、結果表等を掲載いたしますので、そちらをご確認いただくようお願いいたします。
また、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止策として、予選競技の表彰式は行わず、選手権競技の表彰式は簡素化することとなりますのでご了承ください。


ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。




実施要項の確認は、大会ページから。
aaaa
障害馬術本部
2020 年 8 月 24 日
日本チーム、CSIO3* Praha ネーションズカップ3位入賞
8月20日~23日にチェコ・プラハで開催された障害馬術競技会《CSIO3* Praha》のネーションズカップ(国別団体戦)に日本チームが出場し、13ヵ国中3位になりました。

ネーションズカップには、齋藤功貴&チレンスキーJRA、福島大輔&チャニオンJRA、杉谷泰造&ヒロインデミューズ、佐藤英賢&チャカーノJRAが出場しました。競技は2回走行で行われ、第1走行は佐藤が減点0、齋藤と杉谷が減点4、福島が減点8、第2走行は杉谷、斎藤が減点0、佐藤が最終障害での惜しい減点4、福島が減点5でゴールし、合計減点が12となり、ドイツを抑え3位でした。優勝は合計減点4のオランダでした。


日本チーム(左から杉谷選手、ショッケメーレ監督、斎藤選手、福島選手、佐藤選手)



3位入賞


表彰式に向かう日本チーム

成績はこちらから(外部サイト)
 
aaaa
障害馬術本部
2020 年 8 月 19 日
《全日本ジュニア障害》無観客開催および入場制限について(8/19変更)
9月20日(日)から22日(火・祝)まで、山梨県馬術競技場にて開催します《第44回全日本ジュニア障害馬術大会2020》につきましては、新型コロナウイルス感染症感染拡大予防として、無観客開催といたします。

競技会場に入場できる関係者は、馬匹1頭につき、選手+保護者+2名(インストラクター/グルーム等)の最大4名とし、事前登録をしていただいた方に制限させていただきます。
厩舎内における密を避けるため、リストバンドの色を区別させていただき、4名中1名のリストバンドは厩舎エリアには入場できないものを配布しますので予めご了承ください。
選手が落馬をした場合、医師の説明を受け保護者の判断によって再騎乗の可否を決定していただきますので、当日保護者が臨場しない場合は、事前に委任状をご提出ください。



詳細につきましては、追ってご案内いたします。

また、今大会につきましては、特設のホームページに連絡事項、出番表、コース図、結果表等を掲載いたしますので、そちらをご確認いただくようお願いいたします。


ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。




実施要項の確認は、大会ページから。
aaaa
障害馬術本部
2020 年 7 月 31 日
公認競技会主催者のみなさまへ(競技会開催電子申請の試験導入について)
来年1月から公認競技会開催申請の完全電子化を目指し、この度、試験導入を行うこと
といたしましたのでお知らせいたします。
詳しくは、個別にご説明させていただきますので、今後、競技会を開催される場合は、
実施要項・役員表等がご準備できた段階で、担当(荒井)までご一報くださいますよう
お願いいたします。
現在、事務局は分散勤務を行っておりますので、お手数ですが、ご連絡はEメールで
お願いいたします。
連絡先:arai★equitation-japan.com (★を@に変えてください)

なお、申請期限は書類申請・電子申請とも大会開催の1ヶ月前ですのでご留意ください。
 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.08.30
  • 2020.09.22
  • 2020.08.31
  • 2020.09.16
  • 2020.07.31
  • 2020.09.08
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.06.22
  • 2020.09.10
  • 2020.03.23
  • 2018.06.04
  • 2020.08.19