アーカイブ:

馬場馬術本部
2020 年 2 月 19 日
検査・予防接種実施要領の変更について(日本脳炎予防接種義務の削除)
 今年、JRA(日本中央競馬会)施設の入厩要件から日本脳炎予防接種義務が削除されました。

 日本脳炎はコガタアカイエカを媒介して伝播する伝染病ですが、感染している馬→蚊→健康馬への伝播力は無視できるほど低いものとされており、競技会場等で馬同士の接触があっても伝染する心配がない(拡大の心配がない)ことが理由です。

 これを受けて、【日馬連検査・予防接種実施要領】の日本脳炎予防接種義務についての項目を削除し、2020年4月1日から施行いたします。

 しかしながら、今でも日本には、日本脳炎の感染豚が存在し、感染豚→蚊→馬のルートで感染する危険性があります。したがいまして、皆さんの愛馬の罹患を防ぐために予防接種が推奨されます。


 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 1 月 29 日
公認馬場馬術競技会 審判長リスト(2020年4月1日~)
公認馬場馬術競技会審判長リスト(2020年4月1日~2021年3月31日)をご案内いたします。
公認競技会を主催されるみなさまにおかれましては、リストをご確認のうえ委嘱をお願いいたします。

公認馬場馬術競技会 審判長リスト(2020年4月1日~2021年3月31日)

 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 1 月 17 日
《東京オリンピック》参加意思表明人馬の発表
《第32回オリンピック競技大会(2020/東京)》の参加意思表明を行なった人馬を発表いたします。
 代表人馬は6月中旬に決定予定です。

東京オリンピック参加表明人馬一覧
 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 1 月 10 日
日本代表人馬を応援しよう! ―寄付のお願い―
 日本馬術連盟では馬術振興のための寄付金を募集しています。今年開催される東京2020オリンピックに向けて、当連盟では強化に尽力しており、国際大会にも積極的に参加して経験を積んでいるところです。皆様には、オリンピックでの日本人馬の活躍、そして国内における馬術の振興、国際競技力向上のためのご支援をお願いいたします。

寄付には、(1)特定事業を対象とした寄付 と (2)一般寄付 があります。

 (1)特定事業を対象とした寄付
   《東京2020オリンピック大会》の馬術競技日本選手団の応援を目的とした寄付。
   令和2年7月31日(金)まで受け付けております。

 (2) 一般寄付
   事業を特定せず、日本の馬術振興のための一般寄付。競技種目(障害・馬場・総合・エンデュランス)を指定していただくことができます。
  その場合は、
   ① 銀行振込の場合は、振込人名義の前に、S(障害)、D(馬場)、C(総合)、E(エンデュランス)のアルファベットをおつけください。
   ② 現金書留の場合は、寄付申込書にご記入の上同封してください。
   
令和2年7月31日(金)まで受け付けております。

種目の指定がない一般寄付は、東京2020オリンピックのためとさせていただきます。

1.募金金額  一口5,000円(何口でも結構です)
2.募金送付先
  ○銀行振込 三菱UFJ銀行本店/普通/口座番号1447658/
           公益社団法人日本馬術連盟 寄付金
  ○現金書留 〒104-0033 東京都中央区新川2丁目6-16 馬事畜産会館6F 
           公益社団法人日本馬術連盟 寄付金係

 所得税の寄付金控除(所得控除または税額控除)を申告される方
○ 銀行振込の場合……寄付申込書にご記入の上、ファックス、メール等で事務局(川口)
           までお知らせください。

○ 現金書留の場合……寄付申込書にご記入ください。
 会員の方は氏名・会員番号・住所をお知らせください。令和3年1月末日までに申告用領収書を送付いたします。なお、個人所得の寄付金控除額は寄付金額から2,000円を減じた額の40%が税額控除されます(所得税額の25%が限度です)。

 担当:総務課(川口)
 電話:03-3297-5611  FAX:03-3297-5617
 Mail:soumukakari@equitation-japan.com
 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 12 月 19 日
令和2年度 全日本馬場馬術大会(3大会)に関する基本的事項について
令和2年度に開催する全日本馬場馬術大会(3大会)の基本的事項についてご案内いたします。

令和2年度 全日本馬場馬術大会 基本的事項(PDFファイル)



 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 12 月 18 日
東京オリンピック(3種目共通)参加意思表明書を掲載しました
第32回オリンピック競技大会(2020/東京)へ出場を希望する選手の方は以下の参加意思表明書を2020年1月10日(金)までにご提出ください。

参加意思表明書  2020年1月10日(金)〆切

代表選考基準のご確認はこちらから。



 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 12 月 13 日
《令和元年度馬場馬術強化訓練》ジュニア班 始まりました
 12月10日(火)~15日(日)まで、御殿場市馬術・スポーツセンターにて実施しております《令和元年度馬場馬術強化訓練》のジュニア班(14日~15日)タイムテーブルをお知らせいたします。
 今回は、海外からクリストフ・コッシェル氏(馬場馬術シニアマネージャー)を講師にお招きしております。
 訓練の様子はどなたでもご覧いただけますので、ぜひ見学にお越しください。

ジュニア班・タイムテーブル Timetable for Junior(英語)
※当日の状況により、スケジュールを変更する場合がありますので予めご了承ください

 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 12 月 10 日
《令和元年度馬場馬術強化訓練》シニア班 始まりました
 12月10日(火)~15日(日)まで、御殿場市馬術・スポーツセンターにて実施しております《令和元年度馬場馬術強化訓練》のシニア班(11日~13日)タイムテーブルをお知らせいたします。
 今回は、海外からクリストフ・コッシェル氏(馬場馬術シニアマネージャー)を講師にお招きしております。
 訓練の様子はどなたでもご覧いただけますので、ぜひ見学にお越しください。

シニア班・タイムテーブル Timetable for Senior(英語)
※当日の状況により、スケジュールを変更する場合がありますので予めご了承ください


 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 11 月 10 日
《全日本馬場》原田喜市選手が選手権競技優勝
《第71回全日本馬場馬術大会2019 Part I》は最終日の今日(11月10日)、選手権競技とセントジョージクラス、Mクラス、Lクラスの決勝競技を実施しました。
 
 全日本チャンピオンを決める選手権競技は、自由演技に13人馬が進出しました。原田喜市&エジスター(蒜山ホースパーク)が70.725%で1位、稗田奈緒子&リアンナルド(リトルホースクラブ)が69.370%で2位、清水靖士&ウィネトゥ(JRA馬事公苑)が68.270%で3位でした。
 選手権の順位は、グランプリ馬場馬術課目と自由演技グランプリの得点率合計で決定します。2競技とも1位の原田&エジスターが138.203ポイントで優勝、清水&ウィネトゥが134.531ポイントで2位、稗田&リアンナルドが133.848ポイントで3位でした。なお、初日のグランプリで2位だった林伸伍&パヴァロッティ(アイリッシュアラン乗馬学校)は演技後に馬体から出血が確認されたため失権となりました。


 
▲原田喜市&エジスター
「エジスターとのコンビはだいぶ長くなりました。馬と、ずっと見守ってくれているオーナーさんと、馬をしっかり管理してくれているスタッフに感謝しています。4年前にこの馬と、この三木で優勝したことがきっかけで世界に挑戦できるようになり、リオデジャネイロオリンピックにも出場しました。エジスターは今の僕をつくってくれた馬です。年明けに、またエジスターをアメリカに運び、もう1頭の馬と一緒に国際競技に出場しながら東京オリンピックを目指します。また新しいスタートです」
 
 セントジョージクラス(決勝)には15人馬が出場、自由演技国体成年馬場馬術競技で実施しました。優勝は、予選も制した中村公子&ディジャズF(シュタール・ジーク)で73.485%の高得点でした。2位は林伸伍&エルメロ(アイリッシュアラン乗馬学校)72.460%、3位は稗田龍馬&ショコラ・クラシック(高知ホースライディングクラブ)71.060%でした。


 
▲中村公子&ディジャズF
「セントジョージは伸伍がライバルだと思って来ていました。彼は上手でうまくまとめてくるのはわかっていたので、少しでも伸伍に追いつきたいという気持ちと意地で演技をしました。勝つことができて嬉しいです」
 
 Mクラス(決勝)には15人馬が出場、齋藤裕己&エフ・アンジェラ(ウィル・スタッド)が67.299%で予選に続いて優勝しました。2位は吉永一篤&パイドロス(リトルホースクラブ)65.632%、3位は石川正直&ロイヤルチャームM(ホースガーデン)65.402%でした。


 
▲齋藤裕己&エフ・アンジェラ
「馬は初めての三木ということもあってテンションも高く、いくつか失敗がありました。負けたかと思ってひやひやしていました。まだ課題が多いので訓練が必要です」
 
 Lクラス(決勝)には15人馬が出場、中学2年生の古山賀奈子&ワイノット(アイリッシュアラン乗馬学校)が67.800%で予選競技に続いて優勝しました。2位は稗田奈緒子&タルディオ(リトルホースクラブ)67.467%、3位は木村彩友子&ロレンツィオ(STAR HORSES)66.000%でした。


 
▲古山賀奈子&ワイノット
「予選を超える演技をしたいと思っていたのですが、ミスが多くて全然ダメでした。でも、結果的に勝つことができて嬉しいです。ワイノットはとにかくお利口で、スーパーホースです。来年は全日本ジュニアでまた良い結果を出すことが一番の目標です」

 
aaaa
馬場馬術本部
2019 年 11 月 10 日
《全日本馬場PartⅠ》最終日 結果
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.02.19
  • 2020.02.19
  • 2020.02.19
  • 2020.02.19
  • 2020.02.19
  • 2020.02.19
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.02.19
  • 2020.01.07
  • 2020.02.19
  • 2018.06.04
  • 2020.01.22