アーカイブ:

馬場馬術本部
2020 年 8 月 31 日
《全日本馬場PartⅠ・ジュニア》ランキングについて 【9/3追記】
 本年度の《第72回全日本馬場馬術大会2020 PartⅠ》および《第37回全日本ジュニア馬場馬術大会2020》については、新型コロナウイルス感染拡大防止のための参加条件緩和等により、日馬連Web サイトに掲載されるランキングは使用しません。
 それぞれ実施要項に定められた参加条件を満たしたうえで、各競技の出場枠数を超えた場合は、上位2 回(Best1・Best2)の平均成績の上位から出場権が与えられることになっています。

そこで、中間発表として2020年8月28日(金)時点でデータ掲載済の成績を集計した全日本馬場PartⅠ仮ランキングを掲載いたします(※最終版ではありませんのでご注意ください)
 ※仮ランキングの集計期間は2019年9月24日(火)~2020年8月16日(日)
中間発表ランキングはこちら

【9/3追加】
セントジョージ(内国産)中間発表ランキングはこちら
 ※仮ランキングの集計期間は2019年9月24日(火)~2020年8月23日(日)

 なお、随時個別に全日本出場資格取得に関するランキングを確認したい場合は、お手数ですが、下記マニュアルを参照の上、エクセルデータをダウンロードし、上位2 回の平均成績順に並び替えてご確認ください。

HPからデータダウンロードおよびエクセル操作はこちら(マニュアル)をご確認いただきますようお願いいたします。

 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 8 月 30 日
全日本大会の取材申請について
各種全日本馬術大会の取材を希望されるメディアの皆様にご案内申し上げます。
今年度の全日本大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じて実施する予定です。その一環として大会によっては参加者・関係者に事前の健康チェックや入場制限等をお願いする予定です。取材されるメディアの皆様にも同様のお願いをすることがございますので、取材をお考えの方は、大会開始2週間前までに、下記メール宛にご連絡くださいますようお願いいたします。

担当(北野):kouhou★equitation-japan.com (★を@に変えてください)
 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 8 月 21 日
《全日本馬場PartⅠ・ジュニア》研修役員募集のお知らせ
 馬場馬術本部では、全国各地の公認競技会の更なる発展に向け、《第72回全日本馬場馬術大会2020 PartⅠ》および《第37回全日本ジュニア馬場馬術大会2020》において、スチュワードおよび競技運営業務における研修役員を募集いたします。参加者には宿泊所を提供いたします(交通費や謝金等の支給は原則ありません)。ご希望の方は申込書をダウンロードし、10月7日(水)までに日本馬術連盟事務局・馬場馬術本部担当までメールにてお申込み下さい(送付先アドレスは申込書に記載)。
 なお、本研修内でスチュワードとして活動した日については、審判員3級から馬場馬術2級への昇格の際に必要となるスチュワード実績としてカウントされます。また、本研修終了後、主催競技会の役員として若干名依頼させていただきます。

 大 会 名 : 第72回全日本馬場馬術大会2020 PartⅠ 11月6日(金)~8日(日)
        研修期間:11月4日(水)~8日(日) ※準備期間含む
       第37回全日本ジュニア馬場馬術大会2020 11月21日(土)~22日(日)
        研修期間:11月19日(木)~22日(日) ※準備期間含む
 場  所 : 日本中央競馬会 馬事公苑(東京都世田谷区)※予定
 研修内容 : スチュワードおよび競技運営業務
 申込条件 : ・JEF審判員資格3級以上
        ・各大会期間中通しで参加できる方(難しい場合は応相談)
 申込締切 : 10月7日(水)
 募集人員 : 各10名 *参加者多数の場合は、馬場馬術本部にて選考させていただきます

◆《全日本馬場PartⅠ・ジュニア》研修役員申込書(ダウンロード)
 


 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 7 月 31 日
公認競技会主催者のみなさまへ(競技会開催電子申請の試験導入について)
来年1月から公認競技会開催申請の完全電子化を目指し、この度、試験導入を行うこと
といたしましたのでお知らせいたします。
詳しくは、個別にご説明させていただきますので、今後、競技会を開催される場合は、
実施要項・役員表等がご準備できた段階で、担当(荒井)までご一報くださいますよう
お願いいたします。
現在、事務局は分散勤務を行っておりますので、お手数ですが、ご連絡はEメールで
お願いいたします。
連絡先:arai★equitation-japan.com (★を@に変えてください)

なお、申請期限は書類申請・電子申請とも大会開催の1ヶ月前ですのでご留意ください。
 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 7 月 20 日
全日本馬術大会(障害/馬場)の会場変更について
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が延期となったことを踏まえ、大会本番に向けた会場テストを兼ねて、関係各方面と協議を行ったうえで、11月に開催予定の全日本3大会を新しくなったJRA馬事公苑で開催すべく、最終的な調整を進めていることをお知らせします。
広く馬術競技への注目を集めるとともに、様々な状況下での円滑な競技運営などを実践するための取組みとなりますが、改定版の実施要項を含む詳細は、正式に会場使用が確定次第、改めて発表いたします。
 
【障害】    
11月12日~15日 全日本障害馬術大会Part I  
             
【馬場】    
11月6日~8日 全日本馬場馬術大会Part I  
11月21日~22日 全日本ジュニア馬場馬術大会  
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 7 月 6 日
公認競技会主催者のみなさまへ(公認申請時のお願い)
新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに、主催者が準備すべき事項として、「新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策責任者を指名して、会場内における各施設において、関係者による防止対策が実行されているか確認すること。」と示されたことを受け、当面の間、競技会の公認申請時に「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策責任者」の設置を確認することといたします。
つきましては、公認申請時にご提出いただく申請書の当該欄に「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策責任者」の記載をお願いいたします。

最新の公認申請書はこちらから


 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 6 月 25 日
令和2年度 主催大会実施要項掲載しました
下記の通り、全日本馬術大会の実施要項を各大会ページに掲載いたしました。
今年度の全日本馬術大会は、新型コロナウイルス感染を防止する為、例年とは異なる形で実施しますので、参加条件等を含め、要項をよくご確認いただくようお願いいたします。
また、今後の新型コロナウイルス感染症の影響で状況が変化した場合には、内容を変更する場合がありますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

大会名をクリックすると各大会ページにジャンプします。
 
【障害】    
9月20日~22日 全日本ジュニア障害馬術大会 山梨県馬術競技場
11月12日~15日 全日本障害馬術大会Part I 三木ホースランドパーク
12月25日~27日 全日本障害馬術大会Part II 三木ホースランドパーク
     
【馬場】    
11月6日~8日 全日本馬場馬術大会Part I 御殿場市馬術・スポーツセンター
11月21日~22日 全日本ジュニア馬場馬術大会 御殿場市馬術・スポーツセンター
     
【総合】    
9月12日~13日 全日本ジュニア総合馬術大会 山梨県馬術競技場
9月11日~13日 CCI2*-S Yamanashi 山梨県馬術競技場

全日本総合馬術大会の要項は後日発表します。
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 6 月 25 日
海外で行われるCDIグランプリへのエントリーについて
FEIが公認するCDI(国際馬場馬術競技会)へのエントリーはNF(各国馬術連盟)を通じて行なっていますが、一競技会への同一国からの出場枠数には制限があります。最高クラスのグランプリについては、東京オリンピックに向けた選手強化対策として、一定レベルにある人馬の出場機会とするため下記の方針で実施します。

【CDIグランプリクラスエントリー方針について】
 馬場馬術ナショナルチームに認定されている選手については制限しない。
 ナショナルチーム以外の選手は、CDIまたは海外の国内競技会におけるグランプリ馬場馬術課目(規定課目)で66%以上の実績を有する人馬コンビネーションに限る。国内競技については成績を証明する資料を添付すること。
 Definite Entryの6週間前までに申請があったものをまとめてエントリーし、それ以降は申請があり次第随時エントリーする。

 


 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 6 月 25 日
東京オリンピック延期に伴う選考基準改定について
東京オリンピックの延期に伴い、FEIが出場資格関連の方針を一部変更しました。それを受け、下記の通り日本馬術代表の選考基準を改定しました。

障害馬術はこちら

馬場馬術はこちら

総合馬術はこちら


FEIが発表した東京オリンピックの出場資格関連の概要は以下の通りです。

● 出場最低基準取得のデッドラインは2021年6月21日
● 3種目において人馬コンビネーションで取得しなければならない出場最低基準について、2019年1月1日~12月31日に取得したものも有効。ただし、2019年12月31日までに出場基準をクリアしている人馬については、Confirmation Resultとして、2020年1月1日以降に一定の成績を収める必要がある。
● 2021年に開催される出場最低基準取得可能競技会は2020年12月までに発表する。2020年については、新型コロナの影響を考慮し、取得可能なレベルにあるすべての競技会を対象とする。
● 出場馬は、2021年1月15日までにFEIパスポート上の所有者国籍が選手と同じになっていること。

詳細はFEI公式サイトをご覧ください(外部リンク・英語)
 
aaaa
馬場馬術本部
2020 年 6 月 10 日
日本馬術連盟主催大会の開催および公認競技会の再開について
 日本馬術連盟主催大会および公認競技会について、政府あるいは各自治体から発令される情報に基づき、以下の通り開催を再開する予定です。別途定める『馬術競技会における新型コロナウイルス「COVID-19」感染拡大予防ガイドライン』に従って運営してください。なお、新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては再度中止となることもあります。

※『馬術競技会における新型コロナウイルス「COVID-19」感染拡大予防ガイドライン』は後日発表します。
 
【日本馬術連盟主催大会について】
 今年度の全日本大会について下記のとおりといたします。
 なお、公認競技会の実績をもとにした参加資格については、各大会の実施要項に記載いたします。実施要項は6月25日に開催する理事会後に発表いたします。
 
5月29日~31日   全日本ヤング総合馬術大会     (中止)
         ※ヤングライダー選手権競技のみ全日本ジュニア総合馬術大会内で実施
7月4日~5日     全日本馬場馬術大会Part II         (中止)
9月12日~13日     全日本ジュニア総合馬術大会     山梨県馬術競技場
9月11日~13日     CCI2★                                     山梨県馬術競技場
9月20日~22日     全日本ジュニア障害馬術大会(※1)  山梨県馬術競技場
9月20日~21日   全日本エンデュランス馬術大会   (中止)
10月23日~25日   全日本総合馬術大会                   三木ホースランドパーク
11月6日~8日       全日本馬場馬術大会Part I           御殿場市馬術・スポーツセンター
11月12日~15日   全日本障害馬術大会Part I        三木ホースランドパーク
11月21日~22日   全日本ジュニア馬場馬術大会        御殿場市馬術・スポーツセンター
12月25日~27日   全日本障害馬術大会Part II          三木ホースランドパーク
 
(※1)完走実績カウント期間は2019年7月1日から2020年8月10日までとする。完走実績は、今年度に限り、出場クラスと同等もしくはそれ以上の競技で完走2回(同一大会内で可)、そのうち1回は減点4以内とする。
 
【公認競技会の再開について】
 7月1日からすべての種別の公認競技会を再開することとして申請を受け付けます。なお、7月中に開催する競技会については、開催日の2週間前までを申請期限といたします。
 
(注)障害馬術競技について
 申請可能な競技会は、1スター/2スターの新規、および日程調整会議で決定している3スター/4スター(日程変更不可)に限ります。公認の認定中止期間に予定されていた3スター/4スターを日程変更して同じカテゴリーでは開催することはできませんので、ご承知おきください。
 なお、4スターについては、大障害A(CSI-W)と大障害Bを実施していただきます。


 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.08.30
  • 2020.09.22
  • 2020.08.31
  • 2020.09.16
  • 2020.07.31
  • 2020.09.08
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.06.22
  • 2020.09.10
  • 2020.03.23
  • 2018.06.04
  • 2020.08.19