News
2018 年 11 月 16 日
《全日本障害Part I》2日目速報!
 三木ホースランドパークで開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》は競技2日目の今日、中障害Aのスピードアンドハンディネス競技と大障害Bおよび大障害Aの標準競技を実施しました。

 中障害Aには43人馬のエントリーがありました。芹澤永治&カサブランカ・キャッシュ(ステーブル クリアラウンド)が62.52秒で1位、佐藤浩之&アレスビルトグーテ(JB北広島乗馬クラブ)が63.10秒で2位、苅谷幸生&アンタレスI(苅谷乗馬クラブ)が63.65秒で3位となりました。


▲中障害A(S&H)表彰式
 
 大障害Bは24人馬が出場して6人馬がクリアラウンドしました。増山誠倫&キャンドゥライト(小山乗馬クラブ)が62.97秒で1位、岩館正彦&I’mキングスクロス(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が65.84秒で2位、平川敬章&アントナス(北総乗馬クラブ)が66.40秒で3位でした。最終日の決勝競技に進むことができるのは、予選2競技の順位点合計の上位20組で、1位通過はベテラン中野善弘&CRNベガス(乗馬クラブクレイン千葉 富津)でした。

▲大障害B(標準)表彰式

 大障害Aは14人馬が出場、減点0は4人馬でした。川口雅美&サムライブルー(ライディングクラブフジファーム)がトップタイムの60.36秒で昨日に続いて1位、渡辺祐香&ロイヤルズサン(つま恋乗馬倶楽部)が62.41秒で2位、小池啓補&ノスコデブロンデル(守谷乗馬クラブ)が63.52秒で3位でした。

▲大障害A(標準)表彰式


▲川口雅美&サムライブルー
「今日は馬が落ち着いていました。最終日の選手権も今日と同じような走行がしたいです」

 明日は、中障害B(標準競技)、中障害A(標準競技)、大障害B(決勝)を実施予定です。

 今日の全結果はこちら、明日の出番表はこちらからご覧いただけます。



 
aaaa

  • 2018.12.03
  • 2018.12.12
  • 2018.12.12
  • 2018.10.28
  • 2018.09.25
  • 2018.11.29
  • 2018.08.30
  • 2018.09.24
  • 2018.10.05
  • 2018.12.12
  • 2018.07.02
  • 2018.06.04