News
2020 年 10 月 25 日
総合馬術チャンピオンは中島悠介&クレジットクランチ
《第50回全日本総合馬術大会2020・CCI3*-S/CCI2*-S Miki 2020》は最終日の今日、各クラスのクロスカントリー競技を実施しました。
 6人馬が出場している選手権競技は、全長3575mのコースに22障害(32飛越)が設置されました。タイムインする選手が出ないなか、中島悠介&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)が22秒のタイムオーバー(減点8.8)で、3種目の総減点40.0でフィニッシュして初優勝を決めました。村上一孝&ティベント(Partner Horse Club)が渾身の走りでタイムオーバーを11秒に抑えましたが、総減点40.7でわずかに届かず2位。弓良隆行&ポーチャーズホープ(乗馬クラブクレイン京都)が3位に入りました。


▲全日本総合馬術選手権優勝 中島悠介&クレジットクランチ
「念願の優勝ということでめちゃめちゃ嬉しいのですが、まずはこの舞台に立てたことについて、オーナーさんをはじめクラブの会員さんやスタッフ、そして何よりいつも叱咤激励してくれる妻に感謝を述べたいです。これまでに総合馬術を引退しようかと思ったことが何度かありましたが、その度に妻に励まされて今に至っていますので、妻の存在がなかったら今日の優勝はなかったと思っています。クレジットクランチは本当に優秀な子で、やっと日本一の栄冠をとらせてあげることができて、本当に良かったです。今日のクロスカントリー走行でも数えきれないほど助けてもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。来年は16歳になりますが、馬のモチベーションが続く限りは総合馬術に挑戦していきたいと思っています」

 なお、4人馬が出場したCCI2*-S競技は片山淳&ハンナK(徳島乗馬倶楽部)が昨年に続いて優勝しました。(※昨年はCCI2*-Lで実施)


▲片山淳&ハンナK


結果詳細は全日本総合特設サイトをご覧ください。
 
aaaa

  • 2021.01.22
  • 2021.01.18
  • 2020.12.25
  • 2021.01.23
  • 2020.12.18
  • 2020.12.17
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.06.22
  • 2021.01.22
  • 2020.10.08
  • 2018.06.04
  • 2020.12.24