News
2022 年 10 月 9 日
《全日本エンデュランス》速報
 《第23回全日本エンデュランス馬術大会2022》を山梨県馬術競技場を発着とした特設コースで実施しました。全日本エンデュランスの開催は2019年以来3年ぶり、また、山梨での開催は14年ぶりでした。
 
 選手権競技は100kmのEN100で実施、4人馬が午前6時にスタートしました。38.2kmの第1フェイズは全頭が走破しましたが、第2フェイズで2人馬が走行を中止。第3フェイズに進んだ2人馬は101.6kmのコースをわずか1秒の差でゴールしました。優勝は峯山陸&ラブリ(北海道エンデュランス協会)、2位は根本明彦&ショーン(北海道エンデュランス協会)となりました。また、ベストコンディション賞はラブリが受賞しました。
 

▲優勝した峯山陸&ラブリ(左)と2位の根本明彦&ショーン(右)
 ©Yusuke Nakanishi

 
aaaa

  • 2023.01.24
  • 2023.01.20
  • 2023.01.10
  • 2023.01.11
  • 2022.12.22
  • 2022.12.05
  • 2022.12.23
  • 2022.11.14
  • 2022.12.22
  • 2023.01.26
  • 2022.05.30
  • 2022.05.30