News
2023 年 4 月 30 日
《CCI2*-L Miki》最終日レポート
 《CCI2*-L Miki》は最終日の今日、各クラスの障害馬術競技を実施しました。
 アジア大会代表選考対象競技のCCI2*-L競技は、昨日のクロスカントリーは13頭が完走しましたが、暫定1位だった中島悠介選手(乗馬クラブエトワール)のバートエルJRAがホースインスペクションを棄権したため、最終競技に臨んだのは12人馬となりました。クロスカントリー終了時点で2位につけていた中島選手&クレジットクランチがクリアラウンドしてトータル減点29.4で優勝、2位は吉澤和紘選手&ペニーグランツ(JRA馬事公苑)、3位は弓良隆行選手&ポーチャーズホープ(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)でした。
 アジア大会総合馬術代表選考は、5月の《全日本ヤング総合馬術大会》で実施するCCI2*-L競技が最終戦となります。


▲優勝 中島悠介&クレジットクランチ
「毎回ベストを尽くしてくれるクランチには感謝しかありません。また、いろいろな形でサポートしてくれた皆様のおかげです。アジア大会が延期となったこの1年で、馬はさらに進化したと感じていますし、元気だということを今大会でアピールできたと思います。延期が決まった直後はモチベーションの維持が難しい面もありましたが、今は、アジア大会に向けてしっかりやり切るという前向きな気持ちです」

 EV100競技は佐々紫苑選手&リエンローラッキーレンジャー、EV90競技は片山淳選手&ピースアンドカーム(月ヶ瀬乗馬クラブ)、EV80競技は寅本明里選手&ダブルミッション(乗馬クラブクレイン大阪)、ジュニア総合馬術III競技は平尾妃紗音選手&ベルロックサージ(乗馬クラブクレイン大阪)がそれぞれ優勝しました。

 
aaaa

  • 2024.02.28
  • 2024.02.07
  • 2024.01.24
  • 2024.03.05
  • 2024.02.14
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2023.10.15
  • 2023.12.21
  • 2023.11.08
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13