News
2023 年 9 月 27 日
《杭州アジア大会》9月27日レポート
 《第19回アジア大会(2022/杭州)》馬術競技は、今日(9月27日)、馬場馬術個人戦予選がインターメディエイトIで行われました。この競技には、昨日の団体戦/個人戦予選で順位がついた全ての人馬が出場できるもので、32人馬が演技しました。
 黒木茜&レスペラード(神戸乗馬倶楽部)は序盤に経路違反をしてしまいましたが、その後は大きなミスなく乗り切って62.147%で22位でした。髙田茉莉亜&ブリタニア7(アイリッシュアラン乗馬学校)はいくつかミスがあって点数を落としましたが、63.676%で17位。明日の決勝に進むことができるのは上位15人馬ですが、1ヵ国あたり2人馬までというルールにより15位以内からインドと中国の2人馬が除かれたため、髙田&ブリタニア7は決勝進出を果たしました。黒田龍之介&ベラートレ(西宮甲山乗馬クラブ)は今日も切れのある演技で70.971%を出して5位、ドローの結果、明日の決勝競技(自由演技インターメディエイトI)では最終出番で演技をすることになりました。


▲黒木茜&レスペラード
「経路違反をしてしまって集中の糸がプツッと切れてしまい、立て直すことができませんでした。彼とはコンビを組んでからの時間がまだ短く、十分に手の内に入っていないので、コミュニケーションをビルドアップする時間がもう少しあったら、という気持ちはあります。今日はできることを全てやって、笑顔で終わりたかったのですが、それができなかったことが情けなく、暑い中一生懸命頑張ってくれた馬に申し訳ないという気持ちでいっぱいです」


▲髙田茉莉亜&ブリタニア7
「昨日よりも暑さが厳しく、少しボーッとしてしまうほどでした。攻めて乗ろうと思っていたのですが、決勝に残る演技をしようと思って、少し消極的になってしまったかもしれません。ミスしたところは、馬の調子が良かったので、もう少し自分が待てば良かったのですが、ちょっとバタバタしてしまって誤作動が起きてしまいました。ギリギリですが決勝に進むことができたので、明日は楽しみます」


▲黒田龍之介&ベラートレ
「今日は馬がピリッとしていなくて、何を考えているかわからない感じがあって不安でした。それをどうコントロールするかを考えながら乗っていたというのが正直なところです。明日の決勝はキュア(自由演技)ですが、僕自身ほとんどキュアをしたことがないので、心配です。これから何回もキュアの曲を聞いて覚えます」

馬術競技の出番・結果はこちらから

今日の結果(個人戦予選/インターメディエイトI)はこちらから

決勝(自由演技インターメディエイトI)の出番はこちらから

 
aaaa

  • 2024.04.17
  • 2024.05.13
  • 2024.05.20
  • 2024.05.15
  • 2024.05.07
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2024.03.15
  • 2024.04.11
  • 2024.03.29
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13