アジア競技大会
2014 年 9 月 23 日
《アジア大会》馬場馬術個人戦最終結果

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》は本日(9月23日)、馬場馬術競技個人戦第2ラウンド、自由演技インターメディエイトIが行われました。
 佐渡一毅&ウィネトウは大きなミスなく演技をまとめて71.800%、規定演技との得点率合計は142.511で5位でした。中村公子&パシフィックBは地面に置かれたスピーカーからの音に馬が驚いて大きく乱れ、最後までプログラム通りの演技ができませんでした。得点率は68.000%で2競技の合計は138.789、最終順位は8位となりました。
 韓国のHWANG Youngshikが広州大会に続いて優勝、2位も韓国のKIM Dongseon、3位はインドネシアのGADING Larasati Iris Rischkaでした。


▲佐渡一毅&ウィネトウ
「課題だった部分が修正できて、キュアとしてもきっちり最後に音楽と合ったので満足しています。ピルーエットでミスもありましたが、そこは人間の技術のなさだと思いますし、あれがすべてでした。暑い夏には馬もしんどかったと思いますし、ずっと厳しいトレーニングを続けてきて、最後に良い状態で終われたので、演技を終えた瞬間にわっと込み上げてくるものがありました。この馬がここまで連れて来てくれたので、本当に素晴らしいパートナーに出会えたと思います」


▲中村公子&パシフィックB
「地面に置かれたスピーカーに驚いてしまってダメでした。入場後の停止で、止まる場所で止まらなかったので、そこから経路がなくなりました。伸長駈歩ではラチを飛び越えてしまいそうだったので、そこで回転せざるを得なくなり方向が逆になってしまいました。とりあえずの項目はやったのですが、その場で考えて回っているという状況でした。応援してくださった皆さんには良い演技をお見せできずに申し訳なく思っていますが、パッシーとのコンビで決勝に残れたことは良かったと思っています。新たな課題も見つかりましたし、次の目標に向けてまた頑張ります」

 アジア大会馬場馬術競技はすべて終了いたしました。明日からは総合馬術競技です。



馬場馬術・日本代表人馬へのご声援、ありがとうございました!

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa

  • 2024.02.06
  • 2024.02.07
  • 2024.01.24
  • 2024.01.25
  • 2024.02.14
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2023.10.15
  • 2023.12.21
  • 2023.11.08
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13