アジア競技大会
2014 年 9 月 26 日
《アジア大会》総合馬術団体銀メダル!

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》総合馬術は3日間の競技を終え、日本は団体銀メダルを獲得しました!



 団体結果は1位韓国(減点133.00)、2位日本(減点142.50)、3位香港(減点153.80)、個人では田中&マーキードプレスコの5位が最高でした。

 1番手の佐藤泰&トイボーイはコース後半の8番障害で1落下があって減点4でした(個人14位)。


▲佐藤&トイボーイ
「1落下は私のミスでした。アジア大会に参加していろいろと勉強することができたので、それを次につなげていきたいです。今回、日本チームに加われたことが一番の財産です」

 2番手の楠木&フェアバンクスカーゴはクリアラウンド、大きく拳を突き上げました(個人9位)


▲楠木&フェアバンクスカーゴ
「もうちょっとスムーズに回れれば良かったですが、ゼロで帰ってくることができたので終わりよければすべて良し。アジア大会を目指してきて、楽しいことや悔しいことがたくさんありました。終わっちゃったな、という感じです。もう1回やりたいです」

 続いて3番手の北島&ジャストチョコレートもクリアラウンドしました(個人6位)。


▲北島&ジャストチョコレート
「馬はジャンプが得意なので自信はありましたが、緊張しました。今日の走行は自分の中では良かったと思います。悔いが残るのは野外のタイム減点ですね。アジア大会が終わって、ホッとした気持ちですし、すごく楽しかったです」

 最終出番の田中&マーキードプレスコは多くの選手が落下した4番障害で1落下があり、惜しくも個人のメダルを獲ることができませんでした(個人5位)。


▲田中&マーキードプレスコ
「団体銀は嬉しいですけど、個人のメダルが獲れなかったのは悔しいです。現地に入ってから馬が体調を崩したりもしたのですが、本番には良い状態で臨むことができ、マーキードプレスコとのコンビでベストのパフォーマンスができたと感じています。今回の悔しい気持ちはリオの地域予選で晴らしたいです」



総合馬術チームへのご声援ありがとうございました!

 明後日(9月28日)には障害馬術競技がスタートします。代表4人馬は順調に調整を続けています。日本チームのさらなる活躍にご期待ください!


アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa

  • 2024.02.06
  • 2024.02.07
  • 2024.01.24
  • 2024.01.25
  • 2024.02.14
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2023.10.15
  • 2023.12.21
  • 2023.11.08
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13