アジア競技大会
2014 年 9 月 30 日
《アジア大会》馬術競技 障害個人戦ラウンドA終了

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》馬術競技は本日、最終競技の障害馬術個人戦が行われます。
 ラウンドA(10:00~に変更されました)には29人馬が出場、そしてラウンドB(14:00~)にはラウンドAの上位25人馬(各国2人馬まで)が出場し、2回のラウンドの減点合計で個人戦順位が決定します。

日本代表のラウンドAの出番は次の通りです。

13番 林忠寛&ロレットクラシック
19番 平尾賢&ウラノ
29番 杉谷泰造&アヴェンツィオ

 ラウンドAは平尾&ウラノ、杉谷&アヴェンツィオがクリアラウンドして午後のラウンドBに進みました。


▲ラウンドAのコース

 林&ロレットクラシックは最後から2つ目、ダブルの11番障害AとBを落下して減点8でした。


▲林&ロレットクラシック
「馬の調子はとても良く、走行も飛越もチーム戦よりいい感じだったので満点でいけると思ったのですが……。ベテラン2人が満点だったので、ラウンドBも頑張ってほしいです」

 平尾&ウラノはクリアラウンドしました。


▲平尾&ウラノ
「1番から2番のところで失敗しましたが、後半は持ち直しました。午後に向けては自分の納得のいく走行がしたいです」

 最終出番の杉谷&アヴェンツィオもクリアラウンドしています。


▲杉谷&アヴェンツィオ
「馬の状態はいいですね。結構満点が出ているので、ゼロ、ゼロの戦い(2ラウンドとも減点ゼロ)になると思います。メダルを狙っていきます」

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa

  • 2024.02.06
  • 2024.02.07
  • 2024.01.24
  • 2024.01.25
  • 2024.02.14
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2023.10.15
  • 2023.12.21
  • 2023.11.08
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13