世界馬術選手権
2018 年 9 月 19 日
WEG(9月18日)速報
 アメリカ・トライオンで開催されている世界馬術選手権大会(WEG)は、9月18日、障害馬術のトレーニングセッション、パラ・ドレッサージュ(個人課目グレードV・IV・II)、軽乗競技が行われました。

 トレーニングセッションは本番と同じアリーナで90秒間、自由に飛越・走行できるもので、選手は障害物をチョイスして飛越しながら馬の状態を確認しました。日本の4人馬も明日からの本番に向けて調整を行いました。



▲齋藤功貴&テルマラツアーヴィダル


▲福島大輔&コ―ネット36


▲ポーリー カレン&ウィズウィングス


▲桝井俊樹&カルタゲーナ6

 パラ・ドレッサージュには3選手が出場して、以下の成績でした。


▲中村公子&ジャズF(グレードV:5位)


▲高嶋活士&エモーラ(グレードIV:11位)


▲吉越奏詞&ブラウンシュガー(グレードII:8位)

日本選手の明日(9月19日)の出番は次の通りです。日本との時差は13時間で、日本のほうが進んでいます。
障害馬術 9:00~
 5番 桝井俊樹&カルタゲーナ6
 36番 ポーリー カレン&ウィズウィングス
 72番 齋藤功貴&
テルマラツアーヴィダル
  101番 福島大輔&コーネット36

パラ・ドレッサージュ
 グレードIII 9:30~

 稲葉将&ファムファタール(10:33)


スタートリストおよび結果はこちらから
 
aaaa

  • 2019.09.10
  • 2019.09.15
  • 2019.09.17
  • 2019.09.09
  • 2019.09.23
  • 2019.08.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.09.06
  • 2019.07.12
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.08.29