世界馬術選手権
2022 年 9 月 16 日
《総合馬術世界選手権》初日レポート
 世界馬術選手権大会-Pratoni 2022が開幕しました。初日の今日(9月15日)は馬場馬術。エントリーしている89人馬のうち、45人馬が演技しました。日本からは北島隆三&セカティンカJRA(乗馬クラブクレイン)と大岩義明&キャレ(株式会社nittoh)が出場。
 チーム内一番手の北島&セカティンカJRAは、直前の待機馬場で拍手に驚いてテンションが上がってしまいましたが、北島がうまくリードして経路を回って減点32.2となりました。


▲北島隆三&セカティンカJRA © FEI / Richard Juilliart
「本当はもっとできる馬なのですが、我慢の演技でした。直前に暴れたことを考えると、あの瞬間にできる最大限の演技ができ、最低限の役割を果たせたのでホッとした気持ちもあります。クロスカントリーはタフなコースでタイムも厳しそうです。順位が大きく変わるのではないかと思います。セカティンカは体は小さいけれど勇気があるので信頼しています。チームの一番手はしっかり帰ってくることが求められるので、スタートからゴールまで気を引き締めて走って、そのなかでも思い切って行けたらと思います」

 二番手は大岩&キャレ。序盤はランニングスコア(演技中随時表示されるスコア)が減点20と好調な出だしで、最終的には減点28.0となりました。


▲大岩義明&キャレ © FEI / Richard Juilliart
「欲を言えばいろいろありますが、まあよくできたと思います。クロスカントリーのコースは難しいですね。障害物のサイズが大きく、アプローチする時のアングルも厳しく、元々平らではない地形をうまく使って難易度を高くしています。コンビネーション障害は特に難しく、ロングルートを選択する選手も多いのではないかと思います。キャレは東京オリンピックの準備運動で人馬転倒して以来、クロスカントリー走行に対する自信をなくしているので、完走するためのルートを考えてやるだけやってみようと思っています」

 各チーム2人馬の演技を終えたところで、TEAM JAPANは5位につけています。9月16日は田中利幸&スワイパーJRA、戸本一真&ヴィンシーJRAが馬場馬術競技に出場します。

大会公式サイト
https://pratoni2022.it/

出番や結果はこちらから
https://www.longinestiming.com/equestrian/2022/fei-eventing-world-championship-pratoni-del-vivaro

ライブ配信
https://www.clipmyhorse.tv/en_EU/events/8092/fei-world-championships-2022-pratoni-del-vivaro
※ 有料のサイトです。

 
aaaa

  • 2022.11.24
  • 2022.11.24
  • 2022.11.25
  • 2022.11.22
  • 2022.10.31
  • 2022.11.11
  • 2022.11.22
  • 2022.11.14
  • 2022.10.31
  • 2022.11.25
  • 2022.05.30
  • 2022.05.30