世界馬術選手権
2022 年 9 月 18 日
《総合馬術世界選手権》9月17日レポート【後編】
 田中利幸&スワイパーJRA(乗馬クラブクレイン)は、第7障害のコンビネーションではじめからロングルートを選択しましたが、その後はダイレクトルートを攻めて25秒のタイムオーバーでフィニッシュ、トータル減点は42.6となりました。


▲田中利幸&スワイパーJRA ©FEI /Massimo Argenziano
「ストライドが大きい馬で、7番をストレートで行くのはリスクがあると判断して、ロングルートを通りました。その分、他で時間がかからないようにスワイパーの持ち味のギャロップを活かして気持ち良く走ることを意識しました。ちょっと危なかったところもありましたが、馬が頑張ってくれて、イメージ通りの走行ができました。やはりギャロップが良く、体力もあることがわかったのも収穫でした。実はスタジアムの障害が苦手なので明日が不安ですが、野外では助けてもらったので、明日は僕が馬を助けられるよう頑張ります」

 戸本一真&ヴィンシーJRA(日本中央競馬会)はスタート予定の30分ほど前に競技が中断したため、30分ほどスタート時刻が遅くなってしまいました。一度馬からおりて気持ちを立て直して集中できたとのことで、良いペースで走行し、1ヵ所ロングルートを使いつつも3秒のタイムオーバーでフィニッシュ、トータル減点27.1となりました。


▲戸本一真&ヴィンシーJRA ©FEI /Massimo Argenziano
「出番が遅かったので、先に走る人馬の走行をたくさん見ることができ、難しそうな障害物で成功したところ見て、良いイメージを持って臨むことができました。体力をうまくセーブして走る馬だということと、しっかり走り込んできたという自信もあり、終盤に疲れ切ってしまうこともないだろうと思っていましたが、想像通りでした。ゴール後に平気な顔して歩いているところを見ると『さすが』の言葉に尽きます。本当に凄い馬です。今、個人で10位ですが、もしインサイドタイムしていたら5位だったので、そこは悔しいです。明日はチームでどこまで順位を上げられるかが勝負だと思って臨みます」

 今大会、TEAM JAPANの最大の目標は上位7ヵ国に与えられるパリオリンピックの団体出場枠獲得です。暫定7位で臨む明日の最終日に向けて、細野茂之団長のコメントを紹介します。
「プレッシャーの中、選手たちが本当によく踏ん張りました。またサポートチームも完璧でした。しかしながら明日のホースインスペクション、障害馬術を終えて初めて結果となるので、気を引き締めて残り1日全力で戦うのみです。まだまだ厳しい道のりです。引き続きTEAM JAPANの応援、よろしくお願いいたします」

大会公式サイト
https://pratoni2022.it/

出番や結果はこちらから
https://www.longinestiming.com/equestrian/2022/fei-eventing-world-championship-pratoni-del-vivaro

ライブ配信
https://www.clipmyhorse.tv/en_EU/events/8092/fei-world-championships-2022-pratoni-del-vivaro
※ 有料のサイトです。

 
aaaa

  • 2022.11.24
  • 2022.11.24
  • 2022.11.25
  • 2022.11.22
  • 2022.10.31
  • 2022.11.11
  • 2022.11.22
  • 2022.11.14
  • 2022.10.31
  • 2022.11.25
  • 2022.05.30
  • 2022.05.30