世界馬術選手権
2018 年 9 月 13 日
WEG(9月12日)速報
 アメリカ・トライオンで開催されている世界馬術選手権大会(WEG)は、9月12日にエンデュランス競技、馬場馬術競技(グランプリ)、レイニング競技と、総合馬術競技のホースインスペクションが行われました。

 エンデュランスには、小野裕史&コリン・フォー・ゴールド(アラビアンホースランチ)が出場しました。スタート時に一部選手への役員の誘導にミスがあったとして第1ループがキャンセルされ、第2ループから再度一斉スタートとなりました。しかし、その後、高温・多湿な環境で競技を続行することは馬のウェルフェアを危険にさらす可能性があるとして、競技そのものがキャンセルされました。

▲小野裕史&コリン・フォー・ゴールド


 馬場馬術競技は団体戦/個人戦予選のグランプリ競技が2日に分けて行われます。前半を終えて、日本は原田喜市&エジスター(蒜山ホースパーク)が65.481%、佐渡一毅&バローロJRA(日本中央競馬会)が65.357でした。

▲原田喜市&エジスター


▲佐渡一毅&バローロJRA


 レイニング競技は団体戦/個人戦第1次予選が行われ、玉置徹&サバイバーマン(東京クラシッククラブ)が217.5点でした。

▲玉置徹&サバイバーマン

 総合馬術のインスペクションは4頭とも合格し、明日からの競技に臨みます。


日本選手の明日(9月13日)の出番は次の通りです。
日本との時差は13時間で、日本のほうが進んでいます。
馬場馬術(グランプリ)9:00~
 43番 林伸伍&エクゥィスクリアウォーター(9:36)
 62番 高橋正直&ルビコンユニテクノ(14:18)
総合馬術(馬場馬術)9:00~
 12番 戸本一真&タコマ(10:43)
 33番 北島隆三&クイーンメアリー(15:06)
(田中利幸&タルマダルーと大岩義明&キャレは9月14日に出場)

レイニング(個人戦第2次予選)14:00~
 1番 玉置徹&サバイバーマン(14:00)


スタートリストおよび結果はWEG公式サイトから。
 
aaaa

  • 2019.09.10
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.09.23
  • 2019.10.15
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.10.03
  • 2019.10.15
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.08.29