世界馬術選手権
2018 年 9 月 15 日
WEG(9月14日)速報
 アメリカ・トライオンで開催されている世界馬術選手権大会(WEG)は、9月14日に馬場馬術競技(グランプリスペシャル)と総合馬術(馬場馬術2日目)が行われました。

 日本人馬が出場したのは総合馬術(馬場馬術)。田中利幸&タルマダルー(乗馬クラブクレイン)が減点33.70、大岩義明&キャレ(株式会社nittoh)が減点28.20でした。馬場馬術競技終了時点の団体成績は減点92.40で16ヵ国中10位です。現在のトップは減点73.40のドイツ。馬場馬術競技終了時の団体成績としては、WEG史上最少の減点とのことです。
 明日(9月15日)はクロスカントリー競技が行われます。テクニカルな障害物が設置され、さらにコースで終盤には長い上り坂があるハードなコースで、タイムも厳しくなりそうです。

▲田中利幸&タルマダルー



▲大岩義明&キャレ

 なお、ハリケーンの影響で大会日程・競技時間に変更が出ています。クロスカントリー競技のスタート時刻は予定通り11時ですが、各人馬のスタート間隔が当初の4分から3分となりました。また、9月16日に予定されていた総合馬術(障害馬術)と馬場馬術(自由演技グランプリ)は17日に日程変更されました。17日の各競技開始時刻は、現段階では未定です。

 日本選手の明日(9月15日)の出番は次の通りです。日本との時差は13時間で、日本のほうが進んでいます。
総合馬術(クロスカントリー競技)11:00~
 12番 戸本一真&タコマ(11:33)
 33番 北島隆三&クイーンメアリー(12:36)
 59番 田中利幸&タルマダルー(13:54)
 80番 大岩義明&キャレ(14:57)

スタートリストおよび結果はWEG公式サイトから。

 
aaaa

  • 2019.09.10
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.09.23
  • 2019.10.15
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.10.03
  • 2019.10.15
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.08.29