障害馬術本部
2018 年 9 月 17 日
《全日本障害Part II》最終日速報
 《第70回全日本障害馬術大会2018 Part II》は、最終日に各クラスの決勝競技を行ないました。

 中障害Dは53人馬が決勝に進み、そのうち21人馬がジャンプオフに進出しました。ジャンプオフも減点0だったのは8人馬。福島章&エミネンス(STAR HORSES)が36.79秒で優勝、小牧加矢太&コルマー(北総RC)が36.87秒で2位、眞田翔&エメルソン(眞田RC)が37.12秒で3位という厳しい勝負となりました。

▲中障害D入賞選手


▲優勝 福島章&エミネンス

 中障害Cは42人馬が決勝に進みました。ジャンプオフには14人馬が進出し、そのうち5人馬がダブルクリアラウンドしました。ジュニア選手の上村司&ディ・ヴェルディ(上村乗馬苑)が1秒以上の差をつけて39.18秒で優勝、山内のぞみ&クレオパトラ(鹿児島県馬術連盟)が40.43秒で2位、鷹見陸&リュウセイ(鍋掛牧場)が40.98秒で3位となりました。

▲中障害C入賞選手


▲優勝 上村司&ディ・ヴェルディ

 ダービー競技決勝に出場したのは22人馬。ジャンプオフには2人の女性選手が進出しました。佐藤泰&黒姫(明松寺馬事公苑)がクリアラウンドして優勝、浦崎睦&シリウスランド(山梨県馬事振興センター)は減点8で2位、オリジナルコースでタイム減点2がついてしまった仁田原志起&ジャストフェリックス(鹿児島県馬術連盟)が3位となりました。

▲ダービー競技入賞選手


▲優勝 佐藤泰&黒姫

 内国産障害飛越競技決勝には16人馬が出場しました。ジャンプオフに進んだ6人馬のうち3人馬がここでもクリアラウンドしました。吉澤和紘&テーオーダンシング(JRA競馬学校)が50.92秒で優勝、岩館正彦&ジャンヌ(奈良県馬術協会)が51.12秒で2位、駒津眞希&カリズマウィッシュ(栃の葉RC)が51.89秒で3位となりました。

▲内国産競技入賞選手


▲優勝 吉澤和紘&テーオーダンシング

競技の全結果はこちらから

Photo:c3.photography

 
aaaa

  • 2019.08.21
  • 2019.08.23
  • 2019.08.18
  • 2019.08.22
  • 2019.07.22
  • 2019.08.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.08.08
  • 2019.07.12
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.07.31