馬場馬術本部
2006 年 1 月 18 日
『単純踏歩変換について』
 単純踏歩変換(シンプルチェンジ)の実施地点について、各審判員及び選手間においてさまざまな意見がありますが、下記のとおり実施されるようお願いします。なお、運動課目ではJEF馬場馬術競技第3課目2006Aの経路図面を参考としてください。


【参考例】  収縮駈歩で、E点で右へ回転し、X点で単純踏歩変換(シンプルチェンジ)、B点で左へ回転の場合
※経路の説明図

 FEI馬場馬術競技会規程 第409条2項-方向変換   直角に方向変換する時、例えば隅角通過の場合などは次の要領で行う:    収縮及び尋常歩度の場合は直径6mの円を4分の1描くようにする。

 ということは、回転の際半径3mの円周を通って回転し、馬の体制を立直し駈歩から直ちに常歩へ戻り、3歩~5歩(常歩3歩が理想)で直ちに常歩から反対手前で再び駈歩に移り(第405条6項-シンプルチェンジ)、騎手の身体がX点上にきた時(第430条8項-競技課目の実施)に駈歩発進すればスムーズな移行ができると思われる。  馬体はX点を跨ぐことになる。

*ここでもとめていることは、馬が従順で緊張がなくスムーズ、常歩・駈歩ともクリアーな移行でかつ真直性があること。
aaaa

  • 2024.04.19
  • 2024.04.22
  • 2024.04.11
  • 2024.04.13
  • 2024.03.13
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2024.03.15
  • 2024.04.11
  • 2024.03.29
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13