馬場馬術本部
2018 年 7 月 15 日
《全日本馬場PartⅡ》最終日速報
 《第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅡ》は本日(7月15日)、各クラスの最終順位が決定しました。

 内国産馬の日本一を決める内国産馬場馬術選手権競技は、今日は自由演技国体成年馬場馬術課目を実施しました。最終順位は、昨日のセントジョージ賞典と本日の自由演技の得点率の合計で決定します。



 2日間続けて1位だった川端俊哉選手&バリシュニコフ(アイリッシュアランRS)が136.031ポイントで優勝しました。川端選手は初優勝ですが、バリシュニコフは2015年と2017年に林伸伍選手とのコンビで勝っており、通算3回目の優勝となりました。また、川端選手は昨年11月の全日本馬場馬術選手権をラムゼス・デアツヴァイタで制しており、2つの選手権タイトルホルダーとなりました。2位は齋藤裕己選手&ウィルアイリス(ウィル・スタッド)、3位は工藤幸矩選手&カノン(アシェンダRS)でした。


▲川端俊哉&バリシュニコフ
「(全日本と今大会の2つを勝てたことは)うまくできすぎたなと思いますが、勝てて良かったです。今日は自分の中で自信をもって演技をすることができ、うまくいきました。暑い中、馬がすごく頑張ってくれました。勝てる馬だということは林さんが証明してくれていたので、僕が乗っても勝てたことはすごく嬉しかったです。いい時に乗せていただいたと思っています」

その他競技の結果は以下の通りです。

【Sクラス決勝】
1位:稗田奈緒子選手&シルク(リトルホースクラブ)、2位:金井仁選手&アイティトップ(RCクレイン千葉)、3位:前島仁選手&ケイ(TRC RC小淵沢)

【Mクラス決勝】
1位:永見一平選手&エレガントブラック(ESJ)、2位:松島由貴子選手&サトノプログレス(東京RC)、3位:野田大喜選手&タカラミラグロス(ちばシティRC)

【Lクラス決勝】
1位:鈴木直人選手&オリヴァー(鍋掛牧場)、2位:浦野ひかり選手&エレガントブラック(ESJ)、3位:飯多亮選手&アールグレイ(ウィッシュホースコミュニケーションズ)

本日の全結果はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa

  • 2019.08.21
  • 2019.08.23
  • 2019.08.18
  • 2019.08.22
  • 2019.07.22
  • 2019.08.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.08.08
  • 2019.07.12
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.07.31