ドーピング防止関連
2009 年 7 月 3 日
禁止薬物陽性事例について
 CSI-W Nasu(2009年5月17日、那須トレーニングファーム)において広田龍馬選手(那須トレーニングファーム)が騎乗し第1位となったやっくる号の検体からフェニールブタゾンが検出されました。FEIは、FEIドーピング防止よび薬物規制規程違反と認定し、馬管理責任者の広田選手に対し、当該競技会における成績の失効および褒賞没収、1000スイスフランの罰金を科しました。
aaaa

  • 2019.09.10
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.10.15
  • 2019.09.23
  • 2019.10.15
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.10.03
  • 2019.10.15
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.08.29