アーカイブ:

障害馬術本部
2008 年 3 月 11 日
《第59回全日本障害馬術大会2007 Part II》の中止について
 《第59回全日本障害馬術大会2007 Part II》を3月21日(金)~23日(日)に兵庫県の三木ホースランドパークで開催する予定でしたが、会場地における馬インフルエンザの発生により、施設が使用できなくなりました。実務を担当する障害馬術本部は、会場を変更して開催すべく検討しましたが、入厩まで10日あまりしかなく新たな会場を設定した場合実務上の諸準備が整わないため、当連盟としては万全の態勢で開催することは困難であると判断しました。  なお、3月29日(土)~30日(日)の《第59回全日本馬場馬術大会》(御殿場市馬術・スポーツセンター)は予定通り開催いたします。
aaaa
障害馬術本部
2008 年 3 月 11 日
《第59回全日本障害馬術大会2007 Part I‐ナショナルJOBAカップ‐》開催
NHK教育テレビで選手権競技を放映!
3月16日(日)16時~
 3月7日(金)~9日(日)にJRA馬事公苑で《第59回全日本障害馬術大会2007 Part I‐ナショナルJOBAカップ‐》を開催、大障害選手権、中障害A、中障害Bの3種目を2回走行で実施しました。  大障害選手権は広田龍馬選手&ゼロ(那須TF)が唯一2回走行とも減点0でゴール、広田選手は6年ぶりに自身3度目となる選手権優勝を果たした。  中障害Aは、桝井俊樹選手&キープユアタッチ(RCクレイン湯布院)と武田麗子選手&Nジョイントベンチャー(杉谷RC)がジャンプオフで一騎打ちとなったが、桝井選手が初の全日本タイトルを獲得した。  中障害Bを勝ったのは福島大輔選手&ジョニークエスト(JRA馬事公苑)。ジョニークエストは岩手県遠野産の馬で、この大会の最優秀内国産馬賞も受賞した。
aaaa
障害馬術本部
2008 年 3 月 10 日
《障害馬術審判員講習会》を通訳付きで実施
2月29日にウェブサイトでご案内した《障害馬術審判員講習会》は、ドイツから講師を迎えて通訳付きで実施することにいたしました。また、締切を3月14日(金)に延長いたします。多数の参加をお待ちしております。 《障害馬術審判員講習会》 日程:3月19日(水)~20日(木) 会場:三木ホースランドパーク 締切:3月14日(金) 《障害馬術審判員講習会》実施要項掲載ページ: ダウンロード>検定・講習会 実施要項・参加申込書
aaaa
障害馬術本部
2008 年 3 月 6 日
《FEI障害馬術競技会規程》一部修正 日本語版
 2008年1月1日発効で《FEI障害馬術競技会規程》が一部修正されました。国内においては2008年3月1日から適用しています。修正箇所の日本語版を以下に掲載いたします。  なお、原版はFEIウェブサイト(http://www.fei.org/Disciplines/Jumping/Pages/Rules.aspx)でご確認ください。
第235条 過 失
1.スタート・ラインとフィニッシュ・ラインの間で発生した過失を対象とする。これには、馬あるいは選手が飛越中にぶつかり、フィニッシュ・ライン通過後かつ選手が競技場を出る前に地面についた経路中の如何なる障害も含まれる。
第254条 馬の参加と頭数
1.CSIOとCSIでは、各選手が騎乗を許される馬の頭数をその実施要項に明示しなければならないが、上限は3頭とする。同じ週末に異なるカテゴリーのCSIが複数行われる場合には、各選手が騎乗を許される馬の頭数をカテゴリーごとに3頭までに限定しなければならない。これは同一会場において数週間続けて週末に行われるCSI競技会には適用しない。実施要項でピュイッサンス競技と/或いは6歳と/或いは7歳馬、及び/或いは種馬を対象とする特別競技の開催がうたわれている場合は、これらの競技の各々について馬を追加することが認められる。この追加馬の参加については、これらの競技に限定する。
5.これはCSIにも適用する。しかし上記4で示したグランプリ競技、或いはこれに類する競技への参加申込が30名以下の場合は、組織委員会が各選手に当該競技での2頭乗りを許可することもある。但し、出場者総数はグランプリ競技あるいは当該競技に認めた上限の人数を超えないものとする。
第257条 馬 装
2.3 前肢あるいは後肢用に用いる馬用プロテクターの許容重量は500グラムまでである。この条項に従わない場合は失格となる(第241条2.9)
第269条 累計競技(アキュミュレーター)
3.この競技は、第1回目走行をタイムレースで行い、この走行で第1位に同減点の選手がでた場合にジャンプオフを行うか、あるいはタイムレースとせずにジャンプオフを1回行う競技として行ってもよいし、またはタイムレースで行ってもよい。ジャンプオフを行う場合は6個以上の障害を用い、高さと/或いは幅を増すこともできる。ジャンプオフで使われる障害は最初の走行と同じ順序で飛越しなければならず、最初の走行時の得点が持ち越される。
4.タイムレースとせずにジャンプオフを1回行う競技として行われた場合にジャンプオフへ残れなかった選手については、走行タイムに関わりなく、第1回目走行時の得点に従って順位が決定される。タイムレースでの第1回目走行とジャンプオフを組み合わせた競技として行われた場合にジャンプオフへ残れなかった選手については、第1回目走行時の減点とタイムに従って順位が決定される。
第283条から286条まで ハイジャンプとロングジャンプの世界記録
これらの条項は馬のウェルフェアに鑑み規程集から削除する。
2009年FEIヨーロッパ・ジュニアライダーとヤングライダー障害馬術 選手権に向けて2008年1月1日に発効
付則9 ヤングライダーとジュニアの特別規程
第3章 国際競技会と選手権大会への出場資格
第6条 通 則
(1~6は変更なし)
7.FEIヨーロッパ・ジュニアとヤングライダー障害馬術選手権参加のための能力証明書 国際競技に参戦している選手と馬であり、選手権大会で完走する能力があると思われる人馬のみ参加申込を行うことができる。
aaaa
障害馬術本部
2008 年 2 月 27 日
スルーターク強化訓練タイムスケジュール(改訂版)
 2月26日(火)~29日(金)に開催される《平成19年度スルーターク障害馬術強化合宿》のタイムスケジュールが決まりました。  是非、見学にお越しください。 2月27日(水)・28日(木) 9:00~10:30 Group 1 10:30~12:00 Group 2 13:00~14:30 Group 3 14:30~16:00 Group 4 2月29日(金) 8:30~9:30 Group 1 9:30~10:30 Group 2 10:30~11:30 Group 3 11:30~12:30 Group 4 会場:JRA馬事公苑(メインアリーナ)    東京都世田谷区上用賀2-1-1
aaaa
障害馬術本部
2008 年 2 月 27 日
《松下電器産業株式会社》による協賛について
 3月7日~9日にJRA馬事公苑で開催する「第59回全日本障害馬術大会2007 Part I」に対して松下電器産業株式会社からご協賛を頂きました。  大障害優勝者にナショナルJOBA賞が送られるほか、大会当日は会場にPRブースが設置されます。
aaaa
障害馬術本部
2008 年 2 月 19 日
フレンドシップII出番表

出番 騎乗者 馬名 選手の所属
1 佃 日出彦 エディーラムセス 乗馬クラブ リバーサイドステーブル浜北
2 福島 大輔 ジョニークエスト 日本中央競馬会馬事公苑
3 二宮 誠治 カサブランカ 成田乗馬クラブ
4 北井 一彰 カルロス アシェンダ乗馬学校
5 横田 裕哉 ボサノバ (財)服部緑地振興協会・服部緑地乗馬センター
6 小河 弘明 ダーレーアラビアン 杉谷乗馬クラブ
7 江見 周作 ナイチンゲール スタール・サクライ
8 佃 日出彦 クラウス 乗馬クラブ リバーサイドステーブル浜北
9 草薙 達也 ピンカートン 座間近代乗馬クラブ
10 中野 善弘 ル・コルビュジェ 乗馬クラブクレインオリンピックパーク
11 水山 大輔 グラフィティ 成田乗馬クラブ
12 小宮山 修 エバレット 財団法人 山梨県馬事振興センター
13 町田 裕司 ベルローズ 日本中央競馬会馬事公苑
14 森田 和文 ランカスター 杉谷乗馬クラブ
15 佃 日出彦 ナチュラルファイン 乗馬クラブ リバーサイドステーブル浜北
16 増山 大治郎 パラドックス 小山乗馬クラブ
17 西塚 重二 ラタミール・ブッシュマン 駿ホースクラブ
18 谷口 真一 スペキュレイション 水口乗
aaaa
障害馬術本部
2008 年 2 月 19 日
フレンドシップI出番表

<
aaaa
出番 騎乗者 馬名 選手の所属
1 西塚 重二 彩の国デェアー 駿ホースクラブ
2 廣瀬 孝 ウェバー ホースパークギャラクシー
3 増山 大治郎 レノックス 昭和メタルファーム
4 高田 潤 アイリッシュコマンダー 乗馬クラブクレインオリンピックパーク
5 陶器 修一 Pオブエジプト 杉谷乗馬クラブ
6 水山 大輔 コロネル 成田乗馬クラブ
7 柘植 和也 明峯 明治大学馬術部
8 平尾 賢 キッド・マン エンゼル乗馬クラブ
9 佐藤 泰 南無 早稲田大学馬術部
10 小宮山 修 山紅葉 財団法人 山梨県馬事振興センター
11 池田 弘彰 ライブリムーン OISO乗馬クラブ
12 吉田 裕之 メアレス Gifu吉田ファミリー
13 谷口 真一 フェレーロ 水口乗馬クラブ
14 中野 善弘 エイプリル 乗馬クラブクレインオリンピックパーク
15 村上 浩隆 リンゴスター 杉谷乗馬クラブ
16 楠木 貴成 ジュテイム ノーザンホースパーク
17 林 忠寛 メロディーR 北総乗馬クラブ
18 荒井 美也子 キングダンスマン 小山乗馬クラブ
19 堀川 義一
障害馬術本部
2008 年 2 月 19 日
《全日本障害PartI》タイムテーブル
《第59回全日本障害馬術大会2007 PartI》のタイムテーブルおよびフレンドシップの出番表が決まりましたので、ご案内いたします。
タイムテーブル PDF (76k)

フレンドシップI 出番表
フレンドシップII 出番表
aaaa
障害馬術本部
2008 年 2 月 13 日
平成19年度年障害馬術競技力向上強化指導のお知らせ
 今後の競技力向上に資することを目的として、外国人コーチを迎えて第59回全日本障害馬術大会Part Iに出場する強化指定選手を対象として技術等のアドバイスを行います。希望者が多い場合は調整となりますのでお早めにお申込下さい。
障害馬術競技力向上強化指導実施要項 PDF(68k)
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.05.27
  • 2020.05.27
  • 2020.05.27
  • 2020.05.27
  • 2020.05.27
  • 2020.04.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.04.09
  • 2020.03.30
  • 2020.03.23
  • 2018.06.04
  • 2020.04.16