アーカイブ:

News
2008 年 8 月 17 日
北京オリンピック速報Vol.10《馬場馬術個人第2次予選(GPS)》
 16日、馬場馬術個人第2次予選が実施され、第1次予選の成績上位25人馬がグランプリスペシャルの演技を行いました。1位はイザベル・ベルト&サッチモ(GER)、2位がアンキー・ファン・グルンスフェン&サリネロ(NED)、3位はハイケ・ケマー&ボナパルテ(GER)となりました。第2次予選の上位15人馬が、自由演技で行われる19日のファイナルに進みます。なお、個人戦の成績は第2次予選とファイナルの合計により決定します。
aaaa
News
2008 年 8 月 16 日
北京オリンピック速報Vol.9《障害馬術個人予選第1走行 杉谷・佐藤ともに好スタート!》
  写真上:杉谷泰造選手&カリフォルニア    下:佐藤英賢選手&カヤックDH                (Photo:中西祐介/アフロスポーツ)  15日、障害馬術個人予選第1走行が行われ、77人馬が出場しました。タイム設定が厳しかったためか、51人馬がタイムオーバー。杉谷泰造選手&カリフォルニアは見事減点0で1位タイ、佐藤英賢選手&カヤックDHはタイム減点1で14位タイと好調なスタートとなりました。この第1走行と17日に行われる第2走行の合計の50位までが、18日の第3走行に出場できます。  また、団体を組んでいる国は、この個人第1走行の結果に従って団体戦2回走行のスターティングオーダーが決まります。1位は減点0のアメリカ、2位は減点1でスイス、ブラジル、カナダが並びました。
aaaa
News
2008 年 8 月 15 日
北京オリンピック速報Vol.8《馬場馬術 団体10位》
             (Photo:中西祐介/アフロスポーツ)  14日、《馬場馬術競技団体決勝/個人第1次予選》2日目が行われ、法華津寛選手とウイスパーが登場しました。前半は60%台後半をマークしていましたが、伸長常歩で進行方向に設置された大型モニターを馬が気にしてしまい、ここからリズムが崩れ、最終得点率は62.542%にとどまりました。初日に演技を行なった八木三枝子選手とダウ・ジョーンズ、北井裕子選手とランボーの成績とあわせ、団体としての得点率は60.653%で日本は10位となりました。  また、法華津選手は個人戦2次予選への進出が期待されていましたが、最終順位は35位で残念ながら2次予選進出の25位以内には入れませんでした。  なお、団体戦優勝はドイツ(73.917%)、2位はオランダ(71.750%)、3位はデンマーク(68.875%)となりました。
aaaa
News
2008 年 8 月 14 日
北京オリンピック速報Vol.7《馬場馬術第1日終了》
写真上:八木三枝子選手&ダウ・ジョーンズ 写真下:北井裕子選手&ランボー      (Photo:中西祐介/アフロスポーツ)  13日、馬場馬術団体決勝/個人第1次予選初日が行われ、24人馬が出場しました。日本の八木三枝子選手とダウ・ジョーンズは60.167%で暫定20位、北井裕子選手とランボーは59.250%で暫定23位となっています。法華津寛選手とウイスパーは14日午後9時18分(現地時間)から演技を行います。  団体戦は、2人馬が演技を終えてトップに立っているのがオランダ(70.250%)、2位はイギリス(67.250%)、日本は6位(59.708%)。強豪ドイツは個人で暫定1位のKEMMER Heike選手とBONAPARTE(72.250%)が演技を終えたのみで、残り2人馬は14日に出場します。  
aaaa
News
2008 年 8 月 13 日
北京オリンピック速報Vol.6《馬場馬術競技スターティングオーダー決定》
 13・14日と2日間にかけて行われる《馬場馬術団体決勝/個人第1次予選》のスターティングオーダーが決定しました。  北井裕子選手とランボーは6番(13日 20:00)、八木三枝子選手とダウ・ジョーンズは22番(13日 22:54)、法華津寛選手とウイスパーは37番(14日 21:18)となりました。  なお、この模様は15日にNHK BS1で放映が予定されています。 NHK関連サイトはこちらから。  
aaaa
News
2008 年 8 月 13 日
北京オリンピック速報Vol.5《大岩選手49位》
               (Photo:中西祐介/アフロスポーツ)  12日、総合馬術競技最終日には障害馬術が行われました。クロスカントリー終了時点で55位だった大岩義明選手とゴージャスジョージは、障害馬術を減点8でゴールしてトータル減点136.8、最終成績は49位となりました。  なお、個人戦優勝はドイツのROMEIKE Hinrich選手とMARIUS、団体戦はドイツが優勝、2位はオーストラリア、3位はイギリスとなりました。
aaaa
News
2008 年 8 月 11 日
北京オリンピック速報Vol.4《大岩選手、クロスを終えて55位》
北京オリンピック総合馬術競技は11日、ビーズリバーでクロスカントリーの走行が行われました。大岩義明選手とゴージャスジョージは43番目に登場、良いペースで走行しましたが、2回の不従順とタイムオーバーで減点76.40、2日間のトータル減点は128.80で、ゴールを切った60頭中55位となりました。なお、障害馬術は12日の夜、香港馬術競技場で開催されます。 (Photo:中西祐介/アフロスポーツ)
aaaa
News
2008 年 8 月 10 日
北京オリンピック速報Vol.3《大岩選手、馬場馬術を終えて40位》
10日、総合馬術競技の馬場馬術(調教審査)が終了し、大岩義明選手とゴージャスジョージは減点52.40で70頭中40位となりました。クロスカントリー走行は明日11日に行われます。(Photo:中西祐介/アフロスポーツ)
aaaa
News
2008 年 8 月 10 日
北京オリンピック速報Vol.2《大岩選手&ゴージャスジョージ暫定25位》
9日、総合馬術の大岩義明選手とゴージャスジョージが馬場馬術競技に出場、現段階で、45頭中25位となっています。なお、馬場馬術は10日午前中に残りの25頭が演技を行います。
aaaa
News
2008 年 8 月 8 日
オリンピック速報Vol.1《大岩選手の出番確定》
 いよいよ北京オリンピックが開幕、馬術競技は8月9日の総合馬術からスタートします。馬場馬術(調教審査)は9日の午前と夜、10日の午前の3ブロックに分かれて行われますが、大岩義明選手とゴージャスジョージ(日東光学(株))は9日夜のブロックに決まりました。出番は43番、午後9時44分から演技を行います。
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2019.05.24
  • 2019.05.21
  • 2019.06.17
  • 2019.06.04
  • 2019.06.04
  • 2019.05.13
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.06.18
  • 2019.06.04
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.01.30