アーカイブ:

アジア競技大会
2023 年 10 月 6 日
《杭州アジア大会》10月6日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技は最終日、障害馬術個人戦が行われました。

 この競技は団体戦/個人戦予選の上位40人馬が出場するもので、日本からは杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)と板倉祐子&スタッカティザPSが進出しました。
 午前中に行われた第1ラウンドで、板倉&スタッカティザPSは順調に走行していましたが、11番障害で1拒止。タイムオーバーもあって減点18で36位となり、第2ラウンドには進めませんでした。杉谷&クインシーは1落下で減点4、同率13位で、上位25人馬が進むことのできる第2ラウンドへの進出を決めました。
 午後の第2ラウンドは、第1ラウンドとは異なるコースが組まれました。杉谷&クインシーは順調に走行していましたが、最後から2つ目の10番障害で馬の肢がわずかに触れてバーを落として減点4がつき、最終的に8位となりました。


▲杉谷泰造&クインシー
「第1ラウンドより第2ラウンドの方が調子が良く、今大会中一番いいラウンドだっただけに悔しいです。回転でほんの少し馬がゆがんでしまったのをカバーできなかった僕のミスです。このようなチャンピオンシップ大会に出場するのは、いつでもいいものですし、目標にしていたメダルを獲れなかったのは悔しいですが、来年のパリに向けて馬も良い経験ができました」


▲板倉祐子&スタッカティザPS
「回転の後に馬を真っすぐにし切れなかった私のミスです。私がちゃんと真っすぐに向けていたら、彼女は飛べていたと思います。第2ラウンドに進むことができず、とても残念です。次の大きな目標はパリオリンピックです」

アジア大会馬術競技はすべて終了しました。応援ありがとうございました。

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

障害馬術個人戦の結果はこちらから


↑いずれも詳しい情報はPDFのアイコンがついているOfficial Reportをクリックすると入手できます。
 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 6 日
杭州アジア 障害馬術
10月6日
◎個人競技 
Final Competition2 成績
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------FNL-000200--.pdf

Competition1 成績
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------FNL-000100--.pdf


10月4日
障害馬術 
◎団体競技 第1回走行 結果
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28S%29A_EQUOJUMPTEAM----------FNL-000100--.pdf

◎団体競技(兼個人競技予選) 
第2回目走行 結果
/updata/File/jump%20indi%201%262.pdf

第1回目走行 結果
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------QUAL000100--.pdf

***************************************************************************************************************

障害馬術
◎個人競技 
Final Competition2 オーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------FNL-000200--%281%29.pdf

Competition1 オーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------FNL-000100--.pdf

◎団体競技(兼個人競技予選)オーダー 
第2回走行
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------QUAL000200--.pdf

第1回走行
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29B_EQUOJUMPINDV----------QUAL000100--.pdf


◎団体競技国別オーダー 
第2回走行
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29C_EQUOJUMPTEAM----------FNL-000200--.pdf

U+200BU+200BU+200BU+200BU+200BU+200BU+200B第1回走行
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28S%29C_EQUOJUMPTEAM----------FNL-000100--.pdf
 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 5 日
《杭州アジア大会》10月5日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技は、明日(10月6日)に障害馬術個人戦が行われます。

 個人戦に参加できるのは昨日の団体戦/個人戦予選の上位40人馬ですが、棄権もあって、実際に出場するのは39人馬となりました。日本からは杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)、板倉祐子&スタッカティザPS、川合正育&ゴールドウィン((株)日本電気保安協会馬術部)が権利を得ていましたが、川合&ゴールドウィンは棄権しました。クインシーとスタッカティザPSは、午前中に行われた第2回ホースインスペクションに合格しています。杉谷&クインシーと板倉&スタッカティザPSはともに昨日の2回走行でダブルクリアラウンドしており、明日は個人戦でメダルを目指します。
 個人戦は2回走行で実施され、第1ラウンドの上位25人馬が第2ラウンドに進みます。最終成績は第2ラウンドの結果で決まります。

個人戦第1ラウンドは9:00(日本時間10:00)開始、日本代表の出場順は次の通りです。
18番 板倉祐子&スタッカティザPS
25番 杉谷泰造&クインシー




▲TEAM JAPANの2頭は第2回インスペクションに合格
 上:杉谷泰造&クインシー
 下:板倉祐子&スタッカティザPS

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

個人戦の出番順はこちらから

↑いずれも詳しい情報はPDFのアイコンがついているOfficial Reportをクリックすると入手できます。

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 4 日
《杭州アジア大会》10月4日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技馬術競技は、最終種目の障害馬術競技がスタート、今日は団体戦が行われました。

 12の国/地域が参加した団体戦は午前と午後の2回走行で実施、それぞれのラウンドでチーム内上位3人馬の成績をカウントして合計する方式です。
 TEAM JAPANメンバーは、出番順に杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)、腰髙知己&コーティスドゥニーズZ(相生乗馬クラブ)、川合正育&ゴールドウィン((株)日本電気保安協会馬術部)、板倉祐子&スタッカティザPSの4人馬です。
 第1ラウンドは、先陣を切った杉谷&クインシーがクリアラウンド、二番手の腰髙&コーティスドゥニーズZは1落下を喫しましたが、川合&ゴールドウィン、板倉&スタッカティザPSが減点0でゴールし、チーム減点は0。この時点で日本の他に、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェート、カタールと、合計5ヵ国が同率1に並んでいました。
 午後の第2ラウンドは第1ラウンドと同じコースで行われました。杉谷&クインシーは第1ラウンドに続いて減点0と、TEAM JAPANは好調なスタートを切りました。しかし、腰髙&コーティスドゥニーズZが中盤のトリプルコンビネーションで2反抗があって失権、川合&ゴールドウィンは第5障害の横を通過してしまい、気づいて戻りましたが1反抗となり、その後も2落下を喫しました。難しい状況の中でしたが、板倉&スタッカティザPSは落ち着いた走行でクリアラウンドを果たしました。
 この結果、日本は減点24で6位でした。なお、上位40人馬が進むことができる10月6日の個人戦には、杉谷&クインシー、板倉&スタッカディザPS、川合&ゴールドウィンがその権利を得ています。
 団体戦の結果は、上位3ヵ国がいずれも減点0だったためジャンプオフによる決着となり、サウジアラビアが優勝、カタールが2位、アラブ首長国連邦が3位でした。


▲杉谷泰造&クインシー
「団体戦はとても残念な結果になりましたが、板倉選手と僕がダブルクリアができたことをとても嬉しく思っています。この勢いで個人戦に向けて頑張りたいと思っています」


▲板倉祐子&スタッカティザPS
「日本チームの状況は予想外でしたが、アリーナに向かう時には周りのことは気にせず、自分たちが良い走行をすることだけを考えていました。今日は2走行とも良い感覚でしたし、彼女も自信を持ってコースを回っていたので、それが私の自信にもなりました。馬も私も良い状態なので、個人戦でメダルを狙います」


▲川合正育&ゴールドウィン
「チームに対して本当に申し訳ない気持ちです。タイムを意識し過ぎていて、4番のダブルを飛んだ後に、先に行くことを考えて5番を忘れてしまいました。アジア大会という国を代表して出場したこの大会でこんなことをしてしまって、チームでメダル獲得もできず、情けなくて、申し訳ない気持ちしかありません」


▲腰髙知己&コーティスドゥニーズZ

中野善弘監督
「第1ラウンドは減点0で同率1位にいたのですが、意気込んで臨んだ第2ラウンドではまさかの事態となってしまいました。アジア大会という大きな舞台で選手にはプレッシャーもあったと思いますし、アクシデントが起きてしまった後に、気持ちをコントロールして冷静に対応することが難しかったと思います。失敗するのが良いとは言いませんが、これから世界で戦っていくための経験として糧にしてほしいと思います。一方、経験豊富な杉谷選手と板倉選手の2人はさすがの走行でした。2頭とも調子が良いので、明後日の個人戦で頑張ってくれると思います。チームジャパンとして個人戦のメダルを全力で獲りにいきます」

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

障害馬術団体結果はこちら

↑いずれも詳しい情報はPDFのアイコンがついているOfficial Reportをクリックすると入手できます。

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 3 日
杭州アジア オフィシャルサイト
馬術競技の状況はこちらから確認できます

https://info.hangzhou2022.cn/en/results/equestrian/daily-schedule.htm
 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 3 日
《杭州アジア大会》10月3日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技馬術競技は、本日はオフ、明日からの障害馬術競技のホースインスペクションとトレーニングセッションが行われました。

 障害馬術競技は団体戦(10月4日)と個人戦(10月6日)があり、それぞれ2回走行で実施されます。明日の団体戦/個人戦予選は、チームの出番順に、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ウズベキスタン、韓国、イラン、日本、クウェート、香港、カタール、中国、台北、インドネシアと12の国/地域から45人馬が、また、個人戦のみに6人馬がエントリーしており、合計51人馬が出場します。


▲障害馬術TEAMJAPAN

 TEAM JAPANメンバーは、板倉祐子&スタッカティザPS、川合正育&ゴールドウィン((株)日本電気保安協会馬術部)、腰髙知己&コーティスドゥニーズZ(相生乗馬クラブ)、杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)の4人馬で、4頭全てインスペクションを通過しました。明日の第1ラウンドの出番は次の通りです。

9:00(日本時間10:00)開始
5番   杉谷泰造&クインシー
16番 腰髙知己&コーティスドゥニーズZ
34番 川合正育&ゴールドウィン
46番 板倉祐子&スタッカティザPS

また、第2ラウンドは14:00(日本時間15:00)開始予定です。

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

第1ラウンドの出番はこちらから

団体戦国順はこちらから

↑いずれも詳しい情報はPDFのアイコンがついているOfficial Reportをクリックすると入手できます。

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 2 日
《杭州アジア大会》10月2日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技は、総合馬術最終日、障害馬術競技が行われました。


▲総合馬術団体銀メダル!  ©FEI/Yong Teck Lim

 団体戦、2日目を終えて2位につけたTEAM JAPANは、3頭ともホースインスペクションを通過して、最後の戦いに臨みました。出番順は個人暫定順位のリバースオーダーで、日本は楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA(ラクエドラゴンホースパーク)、中島悠介&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)、吉澤和紘&ペニーグランツ(JRA馬事公苑)の3人馬全てがクリアラウンドしました。
 これにより、TEAM JAPANはトータル減点92.7で銀メダルを獲得しました。優勝は減点86.8の中国、3位は減点93.9のタイでした。
 また、個人戦では、吉澤&ペニーグランツが銅メダルを獲得しました。優勝は
 HUA Tian&POSEIDONS ADMIRAL(中国)、2位はSAMRAN Korntawat&BILLY ELMY(タイ)でした。


▲吉澤和紘&ペニーグランツ
「団体金メダルが目標でしたが、優勝した中国は本当に強くて逆転することはできませんでした。ただ、今日の障害馬術は3人ともベストを尽くして減点0で締めることができたので、僕たちにとっては金メダルに近い銀メダルだと思っています。最後まで諦めない日本のチーム力を見せられたと思います。昨日、平永選手が失権してしまいましたが、その後も全力でサポートしてくれていたので、今日は僕ら3人がしっかりメダルを獲って、もう一度4人で表彰式、ウィニングランという気持ちがあったので、それを叶えることができて嬉しかったです。本当にいいチームでした。個人銅メダルはラッキーでした。JRAの先輩でオリンピック4位だった戸本(一真)さんの言葉に『上位のミスを願う人間にはメダルは来ない』というものがあり、自分の実力でメダルを獲れる選手にならないといけないと思っていたので、とにかく自分のベストを尽くすことだけを考えていたら、このような結果になりました。サポート、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。ただただ感謝の気持ちでいっぱいです」


▲楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA
「チームで銀メダルを獲れたのはすごく嬉しいです。初日は4位スタートで、自分も意気込んで臨んだ馬場馬術で思ったような結果が出せなかったことで、かなり落ち込みました。昨日と今日はかなりプレッシャーもあったので、今はホッとしています。障害馬術はヴィックも得意なので信頼していますし、落ち着いて走れました。初めての国際競技でしたが、自分も戦えるという自信にもつながりました。銀メダルですごく悔しいし、吉澤さんの(個人戦の)表彰式がかっこ良くて、いつか自分も立ちたいなと思いました。今回の経験や感じたことを自分の胸にしまって、次のアジア大会やオリンピックを目指していく上で大事なものを見つけていきたいです」


▲中島悠介&クレジットクランチ
「馬は一生懸命頑張ってくれて、今やれることは出し切ったのですが、悔しいという気持ちが先行しています。銀メダルを獲得した達成感はありますし、誇らしくもありますし、得るものも大きかったですが、やはりアスリートとしては、ウィニングランで先頭を走れないのは悔しいですね。大会延期などいろいろなことがありましたが、8年間コンビを組んで信頼しているクレジットクランチとの集大成としてここに来ることができて良かったです。馬場はもう少し高い点数を取りたかったですが、それ以外の部分ではベストパフォーマンスができたかなと思います。これまで助けてくださったたくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいですし、クランチのオーナーさんにも会場で見ていただけて良かったです」


▲平永健太&デュークオブサセックス
「表彰式の入場の時に根岸コーチが拍手してくれたのですが、そこで悔しさが一気に溢れました。今日もチームのみんなと一緒にコースの下見をして、ウォームアップアリーナで練習のサポートをしたり、キスアンドクライに立ったりしました。一緒に戦っている感じで、みんなに『普段通りいこう』と声をかけました。吉澤さんの走行の時は心臓がはちきれそうでした。減点0でゴールを切った時にはめちゃくちゃ嬉しくて、『ありがとう』という気持ちでした。個人としてはこの悔しさでますます上に行こうと思いましたし、次の大きな舞台でこの悔しさが必ず役に立つと信じています。次の目標は10月の全日本選手権です。何がなんでもという気持ちです」


細野茂之監督
「今回のアジア大会は若手の登竜門という位置づけで、選考条件としてオリンピック、世界選手権出場者を除くなど、当初はそれで結果が出せるのかという心配の声も多く聞かれました。もちろん、目標は金メダルだったので悔しさはありますが、国際経験の浅い選手たちが互角に戦い、銀メダルを獲得できるまで成長したことを大変嬉しく思います。初日は4位スタートで金はおろかメダルを逃すのではという不安もありましたが、選手たちが集中力を欠かさず頑張ってくれました。また、クロスカントリーで失権してしまった平永選手が、気持ちを切り替えて全力でサポートにまわってくれたことも、国際競技初出場だった3人にとっては心強かったと思います。選手と馬は100%以上、200%くらい頑張ったと思います。このことは本人たちはもとより国内で活動している選手にも夢と希望と自信を与える結果だと思います。また、現地や日本でサポート、応援してくださった皆さんには深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました」

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

総合馬術個人戦の結果はこちらから

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 2 日
杭州アジア 総合馬術
10月2日
総合馬術競技
最終成績
団体
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28C%29E_EQUOEVENTEAM----------JMP-000100--.pdf

個人
/updata/File/AG2022-_EQU_C73%28C%29F_EQUOEVENINDV----------JMPF000100--.pdf


10月1日
総合馬術競技 クロスカントリー後の成績 & 障害馬術オーダー(2回目インスペクション後)
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29F_EQUOEVENINDV----------JMPF000100--.pdf

2日目までの団体成績
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29E_EQUOEVENTEAM----------JMP-000100--.pdf


9月30日
総合馬術競技 馬場馬術成績 & クロスカントリーオーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29D_EQUOEVENINDV----------XC--000100--.pdf

総合馬術競技 団体成績(第1日)
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29C_EQUOEVENTEAM----------XC--000100--.pdf


総合馬術競技 個人オーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29B_EQUOEVENINDV----------DRSS000100--%20%281%29.pdf

総合馬術競技 団体オーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C51%28C%29A_EQUOEVENTEAM----------DRSS000100--%20%281%29.pdf


9月29日
第1回ホースインスペクション オーダー
/updata/File/AG2022-_EQU_C56%28C%29_EQUOEVEN--------------INSP000100--.pdf

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 2 日
《杭州アジア大会》10月2日速報
《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技、総合馬術競技は団体銀メダル、また、個人戦では吉澤和紘&ペニーグランツが銅メダルを獲得しました。
後ほど、詳しい順位や選手コメントなどを含めた記事を掲載します。


▲TEAM JAPAN 銀メダル!


▲吉澤和紘&ペニーグランツ 個人銅メダル!

 
aaaa
アジア競技大会
2023 年 10 月 1 日
《杭州アジア大会》10月1日レポート
 《第19回アジア競技大会(2022/杭州)》馬術競技は、総合馬術競技2日目、クロスカントリー競技が行われました。
 
 TEAM JAPANは一番手の平永健太&デュークオブサセックス(乗馬クラブクレイン)が、18番障害でトータル3回目の反抗を喫して失権してしまいましたが、自身の走行から得た情報をすぐに後続の3選手に伝えました。それを受けて走行した吉澤和紘&ペニーグランツ(JRA馬事公苑)、中島悠介&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)、楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA(ラクエドラゴンホースパーク)はいずれも減点0、インサイドタイムでフィニッシュしました。
 2日目を終えた時点で、吉澤&ペニーグランツが減点28.6で4位、中島&クレジットクランチが減点31.6で9位、楠本&ヴィックデュジゾールJRAが減点32.5で11位、団体戦はトータル減点92.7で日本は2位まで上がりました。
 現在1位は中国(減点86.8)、3位はタイ(減点93.9)、4位は香港(減点95.6)、5位のインド(減点1070.8)は3人馬でチームを組んでいましたが、1人馬が失権して減点1000が加算されています。
 明日は朝8時(日本時間9時)から第2回ホースインスペクションが行われ、合格した馬が最終種目の障害馬術競技に進みます。
 障害馬術競技のスタート時刻は9時30分(日本時間10時30分)、出番順は暫定順位のリバースオーダーです。


▲平永健太&デュークオブサセックス
「待機馬場から馬の反応がいつもと違うことを感じていました。6番障害の後に少し水に入るところでも躊躇し、その後も水が見えると行かなくなってしまいました。10番で2反抗があったところで普通だったらリタイアするのですが、今回は団体戦で、チームの一番手として後続の選手にコースの情報を伝えるという使命があったので、馬にはもう少し頑張ってもらって、行けるところまで行こうと思って走りました。プレッシャーはかけてしまいましたが吉澤選手が流れを変えて後続選手も良かったので、個人としては悔しいですが、チームとしては昨日よりも2つ順位を上げて今2位ですので、まだまだこれからです。最終日に向けて一丸となって戦います」


▲吉澤和紘&ペニーグランツ
「前半は数ヵ所、踏み切りをはずしてしまったところもあって馬に助けられっぱなしでしたが、途中からフィットしていい感じで走ることができました。減点0でゴールした時は嬉しかったです。タイムも5分のところでキャッチアップできていたので、そこからは無理せずにタイムインできるようセーブしました。トップバッターの健太が失権してしまったのですが、馬をおりてからすぐに来てくれて、コースのことを教えてくれたのでそれがとても助けになりました。そのおかげもあって団体順位が2位まで上がってきています。明日は、他のチームがどうこうということではなく、団体金メダルに向けてベストが尽くせるよう頑張ります!」


▲中島悠介&クレジットクランチ
「クランチはスーパーホースです。いつも助けてくれるので、僕はあの子の気持ちを削がないようにすることを心がけています。道中も馬と会話しながら走り、クランチが自分から障害を見つけて『これだね』と言って向かって行ってくれました。失敗もいいこともたくさんあったあの子との8年間の全てが詰まった走行だったと思います。こちらの会場に来てからずっと良い状態を保っていて、さすがに少し疲れは見えますが、強力なチームメンバーとスタッフの後押しをもらって、しっかりインスペクションを通過して、得意な障害飛越で魅せたいです。チームの一人一人がしっかりやり切れば、自ずと結果がついてくると思っています」


▲楠本將斗&ヴィックデュジゾールJRA
「スタート前は、『俺が止まったらメダルがなくなる』など、いろいろ考えてしまって緊張しました。でも、3人の先輩たちが来てくれてアドバイスをもらったので、気持ち良く走れました。減点0でゴールを切れた時は嬉しかったです。昨日の馬場で思うような結果が出せなかったことが悔しくて、結構落ち込んで引きずっていたのですが、今日はちょっとそれを返せたかなと思います。気がついたら団体2位でしたが、『昨日の馬場がもっと上だったら、もっと余裕があったのに』と、自分の不甲斐なさを感じています。明日に向けてしっかり馬をケアしてインスペクションを通過して、金メダルを目指していきます」

アジア大会馬術競技の出番・結果はこちらから

総合馬術馬場馬術+クロスカントリー競技の結果はこちらから

総合馬術障害馬術競技の出番はこちらから(これは暫定で、ホースインスペクション後に確定します)。

↑いずれも詳しい情報はPDFのアイコンがついているOfficial Reportをクリックすると入手できます。

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2024.06.20
  • 2024.07.11
  • 2024.06.30
  • 2024.07.08
  • 2024.06.21
  • 2024.06.25
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2024.03.15
  • 2024.04.11
  • 2024.05.31
  • 2024.05.31
  • 2024.02.13