アーカイブ:

アジア競技大会
2014 年 9 月 23 日
《アジア大会》総合馬術、明日スタート

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》総合馬術は明日(9月24日)にスタートします。今日の午前中にホースインスペクションが行われ、馬場馬術の出番が以下の通り決定しました。

9月24日(水)
5番   08:32 佐藤泰&トイボーイ
12番 09:43 楠木貴成&&フェアバンクスカーゴ
19番 10:54 北島隆三&ジャストチョコレート
26番 11:50 田中利幸&マーキードプレスコ


▲ホースインスペクションの様子(田中&マーキードプレスコ)

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 22 日
《アジア大会》馬場馬術個人第2ラウンド出番決定

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》馬場馬術競技個人第2ラウンドは、明日(9月23日)に行われます。スタート時刻は13時、15人馬が出場します。日本代表2人馬の出番と時刻は次の通りです。

10番 14:45 佐渡一毅&ウィネトウ
13番 15:15 中村公子&パシフィックB

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 21 日
《アジア大会》馬場馬術個人戦第1ラウンド結果速報

 個人戦第1ラウンドが終了しました。日本代表人馬の結果は次の通りです。

中村公子&パシフィックB 70.789%(5位)
佐渡一毅&ウィネトウ 70.711%(6位)
林伸伍&ヴェラヌス 70.105%(7位)
奥西真弓&フリースタイル35 65.579%(21位)

 3人馬が15位以内に入りましたが、第2ラウンドに進むことができるのは各国2人馬までという制限があるため、中村&パシフィックBと佐渡&ウィネトウが明後日(9月23日)に行われる第2ラウンドに進むことになりました。


▲中村公子&パシフィックB
「馬のテンションが上がってしまってどうしようかと思いましたが、よく我慢してくれました。終わってホッとしました。自由演技は曲ができたのが2週間前で、1回だけ合わせてやってみてうまくいかなかったので、最終日のことは考えるのをやめてそれ以上は練習していません。自由演技は基本的には得意ですし、明日一日あるので頑張ります。本当に最終日なので、パッシーと楽しい仁川で終われるようにと思っています」


▲佐渡一毅&ウィネトウ
「馬は昨日より落ち着いていたのですが、ちょっと今日は馬とマッチしなかった部分がありました。今日良くなかった分、また明日もう一回みんなの力を借りて修正して、明後日はベストの状態で臨めるように、もう一回、人生の中で一番頑張るくらいのつもりでこの2日間を過ごしたいと思います。頑張ります」


▲林伸伍&ヴェラヌス
「今日は前半で大きい失敗があって、そこから自分と馬のリズムが合わなくなった感じでした。昨日は自分の扶助に対して(馬が)完全にそれを受け入れていたけれど、今日はところどころそういう関係が崩れてしまった感じです。長距離輸送や大きな大会への出場など、初めて環境の中で2日間ベストを尽くしました。試合に出ていくごとに馬がたくましくなっていることを感じるので、絶対にこの経験がもっと馬をたくましくしてくれると思うので、本当にいい経験でした。70%で第2ラウンドに残れないチームになったということは良かったのではないでしょうか」


▲奥西真弓&フリースタイル35

 アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 21 日
《アジア大会》馬場馬術個人戦第1ラウンド

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》は今日(9月21日)13時から馬場馬術個人戦の第1ラウンドが行われます。この競技には昨日の団体戦の上位30人馬が出場します。昨日の上位グループは今日の出番が後半になるため、成績が良かった日本の4人馬は後半に集中しています。

22番 16:39 中村公子&パシフィックB
23番 16:48 佐渡一毅&ウィネトウ
25番 17:21 奥西真弓&フリースタイル35
27番 17:39 林伸伍&ヴェラヌス

 第1ラウンドの上位15人馬が明後日(9月23日)の第2ラウンドに進出することになりますが、各国2人馬までという制限があるため、日本代表の4人馬とも15位以内に入った場合でも第2ラウンドに出場できるのは2人馬のみとなります。

 今日の第1ラウンドはインターメディエイトI、明後日の第2ラウンドは自由演技インターメディエイトで行われます。

 アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 20 日
TBS《S★1》でアジア大会馬場馬術が取り上げられます

今晩放送のTBSテレビ《S★1》で、アジア大会で団体銀メダルを獲得した馬場馬術チームの話題が取り上げられます。ぜひ、ご覧ください。

TBS《S★1》 9月20日 24:45~(9月21日 0:45~)

番組公式サイトはこちらから。 

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 20 日
《アジア大会》馬場馬術、団体銀メダル!

 アジア大会馬場馬術競技・団体戦で日本チームは銀メダルを獲得しました! 1位は韓国(71.746%)、2位は日本(69.842%)、3位は台北(67.386%)でした。



監督・選手のコメントは次の通りです。

◆監督:照井 愼一
広州大会でメダルが獲れなかったので、今回は何が何でもという気持ちで来ました。選手全員が一生懸命やってくれて、チームとしてのアベレージが高かったことがこの結果につながりました。ありがとうございました。

◆奥西 真弓
嬉しいです。皆さんのおかげで私も一緒にメダルを獲ることができました。明日の個人戦にも進むことができるので、また頑張ります。

◆佐渡 一毅
このチームでメダルを獲ることができて最高に嬉しいです! 皆さんありがとうございました。

◆中村 公子
やったー! ありがとうパッシー、ありがとうみんな。すべての人に感謝!!

◆林 伸伍
絶対にメダルを獲る!という気持ちでここに来ました。みんながベストを尽くして獲ったメダルなので、とても嬉しいです。

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 20 日
《アジア大会》馬場馬術競技・団体戦速報

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》馬術競技が今日から始まります。今日は馬場馬術競技の団体戦。セントジョージ賞典を使用し、各国の上位3人馬の得点率の合計により順位が決まります。
 団体戦参加国は8ヵ国、国の出番順に、インドネシア、日本、インド、台北、タイ、中国、韓国、カザフスタンです。日本代表4人馬の出番順と時刻は次の通り。随時記事をアップする予定です。

1番  12:00 奥西真弓&フリースタイル35
8番  13:03 佐渡一毅&ウィネトウ
17番 14:52 中村公子&パシフィックB
25番 16:18 林伸伍&ヴェラヌス


▲競技場の全景。右手奥に見えるのが準備運動場。

 出番1番の奥西&フリースタイル35は、しっかりとまとめてミスなく演技を終えました。得点率は68.895%。日本チームは良いスタートを切りました。


▲奥西真弓&フリースタイル35
「昨日は体調を崩してしまい、最後の調整ができませんでした。今日も気合で本番だけ何とか頑張りました。私のエネルギー不足だったところはありましたが、大きなミスもなく終えることができました。フリースタイルも落ち着いて私の指示に一つひとつ耳を傾けてくれました。また、サポートしてくださったチームの皆さん、日本から応援に来てくださった皆さんに感謝しています。国際競技で68%をとったのは初めてなのでとても嬉しいです」

 日本の2番手、佐渡&ウィネトウはミスなく大きな動きを見せて69.184%を獲得。日本チーム、好調です。


▲佐渡一毅&ウィネトウ
「馬がピリッとしていていつ暴れるかなという感じだったのですが、よく我慢してくれました。これまでトレーニングしてきたことが演技につながった内容だったので良かったです。特に速歩は今まで少し急ぐような歩様だったのですが、それを溜めて上にあがってくるような動きをつくってきて、それがうまく表現力として見せられたかなと思っています」

 3番手は中村&パシフィックB。馬のテンションがかなり高い様子でしたが、ベテランの中村はその厳しい状況を乗り切って68.947%を獲得しました。


▲中村公子&パシフィックB
「テンションが高くてどうしようかという状態で、中に入ってから馬が前のめりになってしまったことは後悔が残りますが、頑張りました。今まで国内では大きな競技会にも限りなく出ていたのですが、こんな大舞台は私も馬も初めてで雰囲気にも慣れていないので、『国体と同じ』と自分に言い聞かせていました(笑)。最後に林君が出るので期待して何とかチームのメダルがとれたらと思います」

 4人目の林&ヴェラヌスがやりました! 71.395%を出して会心のガッツポーズで演技を終えました!


▲林伸伍&ヴェラヌス
「最高です。こんな点数を出したことがないので自分でもびっくりですけれど、準備運動から馬の調子が今までにないくらい良かったので自信はありました。馬が僕の方にすべて神経を集中してくれて、すべての運動において自分の思う通りに運動ができました。これは今までにない経験でした。皆さんのサポートや、自分がこの大会のために準備してきたこと、そして馬が日に日に良くなってきていたことすべてが重なって、僕は競技だけに集中できたことが、この結果につながったのだと思います」

アジア大会馬術競技の公式ページはこちらから



 


 

aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 19 日
《アジア大会》開会式をNHK・BS1で中継
 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》の開会式が間もなく始まります。開会式の模様が以下のとおり中継されます。馬術日本代表選手も参加しています!

NHK・BS1
午後7時15分~9時49分

NHKの公式サイトはこちらから
aaaa
アジア競技大会
2014 年 9 月 19 日
《アジア大会》いよいよ開幕!

 《第17回アジア競技大会(2014/仁川)》が開幕します。馬術競技は馬場馬術(9月20日~23日)、総合馬術(9月24日~26日)、障害馬術(9月28日~30日)の順に行われます。
 今日(9月19日)は馬場馬術のホースインスペクションとファミリアライゼーション(競技アリーナの馴致)が行われました。明日(9月20日)実施される団体戦では、日本の出番は2番、各選手の出番と時刻は以下のようになりました。

1番  12:00  奥西真弓&フリースタイル35
8番  13:03  佐渡一毅&ウィネトウ
17番 14:52 中村公子&パシフィックB
25番 16:18 林伸伍&ヴェラヌス


▲ホースインスペクションの様子


▲ファミリアライゼーションの時間は各国15分ずつ

アジア大会馬術競技のスタートリスト・結果等はこちらから

 

aaaa
アジア競技大会
2014 年 8 月 22 日
《アジア大会》公式サイトのご案内
《第17回アジア競技大会》(9月19日~10月4日/韓国・仁川)の公式サイトをご案内いたします。
スケジュールはこちらから
馬術競技のページはこちらから

ハングル文字で表示されます。英語表記にする場合は左上《ENGLISH》のタブをクリックしてください。
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2024.02.06
  • 2024.02.07
  • 2024.01.24
  • 2024.01.25
  • 2024.02.14
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2023.10.15
  • 2023.12.21
  • 2023.11.08
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13