アーカイブ:

障害馬術本部
2022 年 8 月 21 日
《全日本ジュニア障害》全結果のお知らせ
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 20 日
《全日本ジュニア障害》第2日レポート
 山梨県馬術競技場で開催している《第46回全日本ジュニア障害馬術大会2022》は競技2日目の今日、各クラスの標準競技を実施しました。

 ヤングライダー障害飛越競技(標準)には41人馬が出場、約半数の20人馬が減点0でゴールしました。1位は49.49秒の眞田翔&ジャレオファンヘットヘーヴェルランド(眞田ライディングクラブ)、2位は50.98秒の井元躍登&IMTアウダーフィン(成田乗馬クラブ)、3位は51.27秒の岡本果林&ジゴロ(ドリームファーム)でした。
 明日の選手権競技には予選2競技の順位点の少ない上位60%が進むことができます。1位で予選通過したのは、昨日2位、今日3位と安定した成績の岡本果林&ジゴロ(ドリームファーム)でした。


▲ヤングライダー1位 眞田翔選手
「ジャレオファンヘットヘーヴェルランドは今年5月からのコンビです。昨日は障害を2つ落としたので、今日は気合を入れて走ったらうまくいって良かったです。足が速い馬なので、明日はそれをいかして優勝できるような走行をしていきたいと思います」

 ジュニアライダー障害飛越競技(標準)には54人馬が出場しました。クリアラウンドしたのは17人馬で、1位はトップタイム52.76秒の渡辺明&ジャンヌ(奈良県馬術協会)、2位は53.14秒の萩原克貴&フローズンダイヤモンド(ホースファームエルミオーレ豊田)、3位は53.93秒の杉山海波&ミラナ(ライディングクラブフジファーム)でした。
 予選を1位で通過したのは、昨日1位、今日4位の瀧田玲&グッドルーカス(那須トレーニングファーム)でした。


▲ジュニアライダー1位 渡辺明選手
「ペース良く、タイムはあまり気にせずにいいリズムで回ろうと思っていたので、それが結果に繋がったかなと思います。明日は優勝を目指して頑張ります。ジャンヌは足がとても速くてスピードがあるので、うまく乗れたら勝てるかなと思っています」

 チルドレンライダー障害飛越競技(標準)には92人馬が出場、27人馬がクリアラウンドしました。扇田瑠望&デューク(K・Tステーブル)が48.49秒で1位、小泉可憐&ランディングバース(北総乗馬クラブ)が49.99秒で2位、齋藤衣湖&セットクルール(STABLE HORSE POWER)が50.73秒で3位でした。
 予選を1位で通過したのは、昨日4位、今日7位の富永龍斗&ベルキャニオン(那須トレーニングファーム)でした。


▲チルドレンライダー1位 扇田瑠望選手
「初めての全日本ジュニアに向けて、デュークに『一緒に日本一になりたいから頑張ろうね』って声をかけながらここまで来ました。明日は誰にも負けないようなタイムで走って、1個も落とさずに小回りできたらいいなと思います。自信あります!」

 明日は各クラスの選手権競技(決勝)を実施します。

 今日の結果および明日の出番表などは、特設サイトをご覧ください。

 大会の様子はインターネットでライブ配信いたします。こちらからご覧ください。
 


 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 19 日
《全日本ジュニア障害》初日レポート
《第46回全日本ジュニア障害馬術大会2022》が山梨県馬術競技場で開幕しました。この大会は、ヤングライダー(16~22歳)、ジュニアライダー(14~18歳)、チルドレンライダー(10~16歳)の日本一を決めるもので、今日と明日の予選競技の上位60%が日曜日の決勝競技(選手権競技)に進むことができます。今日は各クラスのスピードアンドハンディネス競技を実施しました。

 ヤングライダー障害飛越競技(S&H)には42人馬が出場し、広田大和&ブレイヴスターズofヤス(那須トレーニングファーム)が54.77秒で1位、岡本果林&ジゴロ(ドリームファーム)が55.27秒で2位、井元躍登&IMTアウダーフィン(成田乗馬クラブ)が55.75秒で3位でした。


▲1位 広田大和選手
「3頭の馬で出場して、2頭目で失敗してしまったのですが、3頭目はその失敗を活かした走行ができたので良かったです。明日は、今日良かったブレイヴスターズofヤスはもちろん明日もいい走行ができるように、そして、あとの2頭も今日よりいい走行ができるよう頑張ります」

 ジュニアライダー障害飛越競技(S&H)には55人馬が出場しました。瀧田玲&グッドルーカス(那須トレーニングファーム)が55.15秒で1位、野本輝仁&ハッピーサンシャイン(藤沢乗馬クラブ)が58.62秒で2位、大谷永吉&ボイス(カイマナファーム)が59.96秒で3位となりました。ヤングライダーに続いて、地元国体の代表に選ばれた選手が優勝して国体に向けて勢いをつけました。


▲1位 瀧田玲選手
「国体が近いこともあって、去年よりも強い気持ちで、勝つつもりで走ることができたので良かったです。去年は決勝で反抗してしまったので、明後日も気を抜かずにしっかり勝てるようにコースを回りたいです」

 チルドレンライダー障害飛越競技(S&H)に出場したのは95人馬。3頭の馬で出場した高林未空(つま恋乗馬倶楽部)がカウンティ39とのコンビで50.16秒で1位、平松春乃&パヴァロッティーズガール(STAR HORSES)が50.25秒で2位、佐々木真平&アルシス・頼(明松寺馬事公苑)が50.64秒で3位となりました。


▲1位 高林未空選手
「今日は馬に引っ張ってもらっての走行だったので、明日はもうちょっと自分がアプローチできるようにしたいです。3頭とも決勝の権利をとりたいです。どれか1頭を選ばなきゃならなくなるのですが、カウンティ以外の2頭も今までいい成績を出せていないので、この全日本ジュニアを機にいい成績を残してあげたいです」

 明日は各クラスの予選2日目、標準競技です。今日の結果および明日の出番表などは、特設サイトをご覧ください。
 全日本ジュニア障害馬術大会 特設サイトはこちらから

 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 17 日
東京オリンピックハイライト放映(グリーンチャンネル)
TOKYO2020オリンピックの馬場馬術、総合馬術、障害馬術各競技の上位入賞選手の活躍を中心としたハイライト番組がグリーンチャンネルで放映されます。ぜひ、ご覧ください。

8月18日(木曜)9時30分から10時30分
8月19日(金曜)9時30分から10時30分

詳しくはこちら↓をご覧ください。
TOKYO2020オリンピック 馬術競技ハイライト番組放映【グリーンチャンネル】 JRA
 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 16 日
《全日本ジュニア障害》特設サイトについて
 令和4年8月18日(木)~21日(日)に行います《第46回全日本ジュニア障害馬術大会2022》の出番表、成績表、コース図、各種お知らせ等はすべて下記の特設サイトで発表いたします。
 また、特設サイトに情報がアップされた際に、LINEのオープンチャットにて随時お知らせいたしますので、以下QRコードを読み込み、事前にご登録いただきますようお願いいたします。
 
特設サイトTOPページ



<LINEオープンチャットのQRコード>



 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 15 日
《世界選手権》閉幕
 デンマークで開催された世界馬術選手権大会-Herning 2022が8月14日に閉幕しました。
 最終日の今日は、障害馬術個人戦ファイナルが行われ、優勝はスウェーデンのHenrik von EckermannとKing Edward、5回の走行すべてクリアラウンドした唯一の人馬でした。2位はベルギーのJérôme GueryとQuel Homme de Hus、第2競技のラウンド2でタイム減点がありましたが、それ以外はすべてクリアでした。3位はオランダのMaikel van der VleutenとBeauville Z N.O.P.となりました。


▲障害馬術個人戦ファイナル表彰式 ウィニングラン

 今大会、日本からはTEAM JAPANとして馬場馬術と障害馬術に団体を組んで出場しました。結果は次の通りです。
【馬場馬術】
 団体
  15位(19ヵ国中)
 個人(グランプリ馬場馬術課目)
  65位 林伸伍&スコラリ4(67.873%)
  69位 佐渡一毅&バローロJRA(67.438%)
  74位 原田喜市&サー・ギャラント(66.444%)



【障害馬術】
 団体
  17位(22ヵ国中)
 個人
  43位 川合正育&サクソデラコウ(第2競技 ラウンド2)
  53位 杉谷泰造&クインシー(第2競技 ラウンド2)
  70位 佐藤英賢&チレンスキーJRA(第2競技 ラウンド1)
  74位 齋藤功貴&カルセントJRA(第2競技 ラウンド1)



 TEAM JAPANへの応援、ありがとうございました。

パラ馬術については日本障がい者乗馬協会公式サイトをご覧ください。

大会結果詳細は世界馬術選手権大会-Herning 2022公式サイトをご覧ください。
https://herning2022.com/

 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 13 日
《世界選手権》8月12日速報
 デンマークで開催中の世界馬術選手権大会-Herning 2022は障害馬術3日目、団体&個人選手権競技の第2ラウンドが行われました。第1ラウンドの上位10ヵ国が進出した団体戦は、残念ながらTEAM JAPANAは進むことができませんでしたが、個人戦に杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)と川合正育&サクソデラコウ(杉谷乗馬クラブ)が出場しました。
 杉谷&クインシーは落下が重なったことと、最終障害で踏み切りが合わずに巻き乗りをしたため減点39、初日からの3競技の累積で53位でした。川合&サクソデラコウは最終ラインで落下が続いて減点13、トータルで43位となりました。日曜日(14日)に行なわれる個人戦ファイナルに進むことができるのは、これまでの3走行の合計減点の上位25人馬のため、両人馬の進出は叶いませんでした。

 
▲杉谷泰造&クインシー
「9番障害のダブル、最終の一つ前のトリプルもうまく合わずに落下が重なってしまいました。クインシーは6歳の時からずっと乗っている馬で、11歳になった今年から大きいクラスに使い始めたところなので、いい経験になったと思いますし、力があることは証明されたので、これからも大事に乗っていきたいです。まずは、来年の地域予選でパリの枠を獲ることが一番の目標です」


▲川合正育&サクソデラコウ
「最後のラインまでクリアだったので、この結果は悔しいです。でも、自分もやることをやって、馬も本当に頑張ってくれたので、初めてのチャンピオンシップ出場でここまで来られたことは満足しています。今回のことを糧にして、もっと上達できるように頑張っていきます。僕自身は、来年はアジア大会で個人金を獲ることが目標ですし、パリもメダルを狙ってやっていきます」

 なお、団体戦の結果は、スウェーデンが優勝、オランダが2位、イギリスが3位となりました。

 
パラ馬術はインディビジュアルテストが行われ、グレードⅣに高嶋活士選手、グレードⅡに宮路満英選手と吉越奏詞選手が出場しました。
パラ馬術の詳細は日本障がい者乗馬協会公式サイトをご覧ください。

障害馬術結果はこちらから。
団体戦
個人戦

世界馬術選手権大会-Herning 2022公式サイト
https://herning2022.com/

ライブ配信
https://www.clipmyhorse.tv/en_EU/events/8091/longines-fei-jumping-world-championships-2022-herning
※ 有料のサイトですが《TEST FOR FREE》(小さい画面)は無料で視聴できます。
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 12 日
《全日本ジュニア障害》FS出番表&厩舎割等 発表(8/12更新)
《第46回全日本ジュニア障害馬術大会2022》のタイムテーブルおよびフレンドシップ競技の出番表等を発表いたします。

また、選手はドーピング防止eラーニングを事前に必ず実施してください。ドーピング防止eラーニングについてはこちらをご確認ください。

会場:山梨県馬術競技場
日程:令和4年8月18日~21日

厩舎割 ※8/12更新

選手案内(地図・練習馬場タイムテーブル等) 

タイムテーブル

フレンドシップ競技 I(H130cm以下) 出番表

フレンドシップ競技 Ⅱ(H120cm以下) 出番表

フレンドシップ競技Ⅲ(H110cm以下) 出番表

※フレンドシップ競技の騎乗者変更・クラス変更・追加等は、
入厩時にお伝えください。


 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 12 日
《世界選手権》8月11日速報
 デンマークで開催中の世界馬術選手権大会-Herning 2022は障害馬術2日目、団体&個人選手権競技の第1ラウンドが標準競技で行われました。22ヵ国が出場している団体戦は、前日のスピードクラスと今日の第1ラウンド、それぞれのチーム内上位3人馬の減点の合計点がチーム成績となります。
 スピードクラスでは減点18.30で17位だったTEAM JAPANは、今日は杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)と川合正育&サクソデラコウ(杉谷乗馬クラブ)が減点4、齋藤功貴&カルセントJRA(北総乗馬クラブ)と佐藤英賢&チレンスキーJRA(Paul Schockemoehle Pferdehaltung GmbH)が減点8でした。チームとしては16点が加わって合計減点は34.30、順位は変わらず17位でした。明日の団体戦第2ラウンドに進むことができるのは上位10チームのため、TEAM JAPANは残念ながら進出はなりませんでした。
 個人戦としては上位60人馬に第2ラウンド進出の権利が与えられるルールになっており、杉谷&クインシーと川合&サクソデラコウが進みました。


▲杉谷泰造&クインシー
「悔しい落下でした。フェアなコースをつくるデザイナーで、どこか1ヵ所だけが難しいということではなく、全体の流れのポイントを押さえることが大事なコースでした。障害が大きくなったけれど、馬が頑張って底力を出してくれました。明日の競技はナイターになるので、そこにうまく対応できればと思っています」


▲齋藤功貴&カルセントJRA
「前半から落ち着いてリズムを意識していたのですが、2つ落下してしまいました。いいリズムをつくることとタイムを意識しすぎて、少しイージーに行ってしまったのが原因です。両方ともライダーのミスで、馬はすごく頑張ってくれました」


▲川合正育&サクソデラコウ
「今日もクリアを目指していたので1落下は悔しいです。僕のミスで1落下したけれど、馬は常にベストを目指してやってくれたので、感謝しています。障害は大きく、コースはテクニカルになっているし、160cmのクラスを3日間、4日間やっていると馬も疲れてきます。しっかりケアして、明日に集中します」


▲佐藤英賢&チレンスキーJRA
「障害の高さに関しては全然大丈夫だったのですが、うまく障害に入っていけなかったことが落下に繋がったと思います。日馬連の馬に乗せてもらっているので、何とか結果を出したいと思っていましたが、悔しいですがしかたないです」

また、パラ馬術はグレードIIIに稲葉将選手が出場しました。
 パラ馬術の詳細は日本障がい者乗馬協会公式サイトをご覧ください。

障害馬術結果はこちらから。
団体戦
個人戦

世界馬術選手権大会-Herning 2022公式サイト
https://herning2022.com/

ライブ配信
https://www.clipmyhorse.tv/en_EU/events/8091/longines-fei-jumping-world-championships-2022-herning
  • 有料のサイトですが《TEST FOR FREE》(小さい画面)は無料で視聴できます。

TEAM JAPANの写真は日馬連公式インスタグラムに投稿していますので、ぜひご覧ください。
https://www.instagram.com/japan_equestrian_federation

 
aaaa
障害馬術本部
2022 年 8 月 11 日
《世界選手権》8月10日速報
 デンマークで開催中の世界馬術選手権大会-Herning 2022は、障害馬術競技がスタートしました。今日行われたのは基準Cによるスピードクラスで103人馬が出場しました。各人馬のタイムに0.5をかけて四捨五入したポイントに換算し、タイムが最も早かった人馬を減点0として、その人馬とのポイント差が減点となる特別ルールが適用されました。
 TEAM JAPANは出番順に、杉谷泰造&クインシー(杉谷乗馬クラブ)が減点6.05、齋藤功貴&カルセントJRA(北総乗馬クラブ)が減点8.42、川合正育&サクソデラコウ(杉谷乗馬クラブ)が減点5.12、佐藤英賢&チレンスキーJRA(Paul Schockemoehle Pferdehaltung GmbH)が減点7.13でした。
 チーム4人馬中上位3人馬の成績がカウントされるため、現在TEAM JAPANは減点18.30で、団体戦は22ヵ国中17位です。8月11日は団体戦予選/個人予選ラウンド1が行われ、その上位10ヵ国が12日のラウンド2に進むことができます。


▲杉谷泰造&クインシー
「1ヵ所落下したところ以外はほぼプラン通りで、馬の調子も良かったし、自分の思った通りに乗れました。世界選手権は7回目で、さすがに1回目や2回目のようなことはないですが、緊張感はあります。クインシーとは最近バチっとはまって波に乗っているので、今日のミスも明日に繋げていきたいです」


▲齋藤功貴&カルセントJRA
「スピードクラスだったのでタイムを意識していたつもりだったのですが、中に入ってからの馬のリアクションを考慮して大事に行って、結果的に遅くなってしまいました。馬はとても前向きなので、そのフレッシュな状態をキープして、あとは僕自身がいつもと同じマインドで馬を信じていけるようにしたいです」


▲川合正育&サクソデラコウ
「初めてのチャンピオンシップ出場で、高望みしてもいい結果はでないと思うので、自分のやることをしっかりやれば必ずクリアできるという自信を持って走行しました。緊張するより楽しみでした。プラン通りの走行でクリアできたことがとても嬉しいです。これがまた自信になったので、明日、明後日に繋げていきたいです」


▲佐藤英賢&チレンスキーJRA
「2010年のケンタッキー以来の世界選手権で良い走行をしたいと思っていたのですが、3番障害を斜めに入り過ぎたら、右肩を張ってくるっとやられました。明日は、今日みたいな変なミスをしないで、何とかチームに貢献できるように頑張ります」

 馬場馬術は、グランプリスペシャル上位15人馬による、自由演技グランプリが行われました。優勝はイギリスのCharlotte FryとGlamourdale(90.654%)、2位はデンマークのCathrine Laudrup-DufourとVamos Amigos(89.411%)、3位はオランダのDinja van LiereとHermes(86.900%)で、グランプリスペシャルと同じ順位でした。


▲上位3人馬によるウィニングラン

 また、パラ馬術もスタートし、グレードⅣに高嶋活士選手が、グレードⅡに吉越奏詞選手と宮路満英選手が出場しました。
 パラ馬術の詳細は日本障がい者乗馬協会公式サイトをご覧ください。


世界馬術選手権大会-Herning 2022公式サイト
https://herning2022.com/

ライブ配信
https://www.clipmyhorse.tv/en_EU/events/8091/longines-fei-jumping-world-championships-2022-herning
  • 有料のサイトですが《TEST FOR FREE》(小さい画面)は無料で視聴できます。

TEAM JAPANの写真は日馬連公式インスタグラムに投稿していますので、ぜひご覧ください。
https://www.instagram.com/japan_equestrian_federation

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2022.11.24
  • 2022.11.24
  • 2022.11.25
  • 2022.11.22
  • 2022.10.31
  • 2022.11.11
  • 2022.11.22
  • 2022.11.14
  • 2022.10.31
  • 2022.11.25
  • 2022.05.30
  • 2022.05.30