アーカイブ:

馬場馬術本部
2007 年 4 月 20 日
ヤングライダー・グランプリ20-25ツアー 2007 について
 FEIから以下のようなニュースレターがきております。  日本馬術連盟馬場馬術本部としては、日本国内での導入は難しいと考えておりますが、今後国外で活動を予定されている選手の皆様に情報をお伝えするべく、その内容をお知らせいたします。
昨秋、FEI馬場馬術委員会は2007年1月1日よりFEIヤングライダー・グランプリ20-25競技(課目)の導入、およびヤングライダーの新規カテゴリー/ツアーを導入することを決定致しました。2007年の導入は試験的なもので、年末にはその結果を評価し、その後は恒常的に採用されることになると思われます。   FEIがこの新たなカテゴリー/ツアーを評価するうえで十分なデータを得られるよう、CDIYおよびCDI3*主催者の皆様には、是非ともこの新規ツアーを競技会に加えて戴きたく思います。
FEIヤングライダー・グランプリ20-25ツアーの詳細
競技会: CDIY:CDIY競技会に追加する形式で。選手はYR GP 20-25と通常のCDIYへは同一馬で参加できない。 CDI3*:YR GP 20-25ツアーはCDI3/4/5*にも併設できる。
馬場馬術競技課目: 1.FEIインターメディエイトII(2001年版) 2.FEIYRグランプリ 20-25(2007年版)
賞金: ヤングライダー/セントジョージ賞典と同レベルの賞金あるいは賞品
選手の年齢: 20~25歳
馬の年齢: 8歳以上
選手のFEI登録: 必要
馬のFEI登録: 必要
馬のFEIパスポート: CDI3*では必要 CDIY 海外での競技参加にはFEIパスポートが必要
Eva A.M. Salomono Director Dressage Department FEI World Cup Dressage
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 4 月 12 日
全日本馬場馬術大会2007の出場資格ポイント締め切り
全日本馬場馬術大会2007の出場資格の ランキングポイント集計締め切り日は9月9日(日)です 平成19年9月9日(日)までに開催された公認競技を集計の対象とし最終日とします。 なお、対象となる公認馬場馬術競技会の申請は7月9日(月)が期限ですので、開催を予定している主催者はご注意ください。 平成19年4月12日 日本馬術連盟 馬場馬術本部
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 3 月 23 日
平成19年度公認馬場馬術審判長リスト

所   属 氏   名
北海道乗馬連盟 川久保 洋治
秋田県馬術連盟 男鹿 仁
秋田県馬術連盟 田口 博
山形県馬術連盟 菊地 政美
福島県馬術連盟 清野 海善
東京都馬術連盟 大坂 穎三
東京都馬術連盟 小川 きよ
東京都馬術連盟 下田 ますみ
東京都馬術連盟 鈴木 瑞美子
東京都馬術連盟 長島 修二
東京都馬術連盟 人見 安雄
東京都馬術連盟 古岡 美奈子
東京都馬術連盟 宮木 康光
東京都馬術連盟 村上 捷治
東京都馬術連盟 安岡 嘉彦
東京都馬術連盟 児玉 影
神奈川県馬術協会 芝山 研文
千葉県馬術協会 南條 正和
栃木県馬術連盟 月川 万里子
山梨県馬術連盟 小林 一英
長野県馬術連盟 鈴木 紀行
愛知県馬術連盟 大波多 広一
愛知県馬術連盟 松浦 和俊
滋賀県乗馬連盟 山脇 洋
京都府馬術連盟 堀田 武司
京都府馬術連盟 西村 充司
大阪府馬術連盟 平岡 順一
兵庫県馬術連盟 新子 晏民
兵庫県馬術連盟 森本 菅夫
岡山県馬術連盟 岡崎 倫三
広島県馬術連盟 新谷 信雄
愛媛県馬術連盟 飯尾 智仁
福岡県馬術連盟 白川 将基
福岡県馬術連盟 矢野 隆士
佐賀県馬術連盟 園田 正伸
長崎県馬術連盟 古川 美登利
熊本県馬術連盟 富田 比出雄
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 3 月 9 日
馬場馬術 地域予選競技会選手選考会のお知らせ
 
北京オリンピック地域予選競技会(グループF/G)
参加人馬選考競技会 実施要項
 
期日   平成19年8月31日~9月2日(予定)
場所   ベルギー Halentals(予定) 【注】 日程及び会場は、現在、馬場馬術本部で調整中のため、確定次第お知らせすることとします。
参加条件   地域予選競技会の参加申込み(第1次・第2次)を期日までに行った人馬。参加馬は、FEIパスポートを取得していること。
  第1次申込み 平成19年3月31日(選手名のみ) 第2次申込み 平成19年4月30日(人馬)
    ※ 第2次申込みは第1次申込みを行ったものに限る
競技内容  
(1)実施課目 FEIグランプリ Version“B”2003
(2)日 程(予定) 8月31日 am 入厩
pm 第1回打合せ会
9月1日 am ウォーミングアップ競技
pm 第2回打合せ会(ドロー)
9月2日 am 第1競技 FEIグランプリ
pm 第2競技 FEIグランプリ

参加人馬選考競技会 実施要項 ダウンロード(pdf)
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 3 月 6 日
クイーンズランドCDI-Yへの招待
 オーストラリア馬術連盟より以下の通り、CDI-Y(自馬)への招待が届きましたのでお知らせいたします。
競技会名   クイーンズランドCDI-Y(トゥウンバ馬場馬術選手権との合同開催)
開催日   2007年5月24日~27日
渡航費   選手および馬の渡航費用はすべて自己負担
派遣手続   派遣に係る渡航手続き、馬の輸送手続きは、各自で行うこと。
宿泊   競技会場でのキャンプは無料 一般の宿泊施設および食事については選手およびグルームともに自己負担
参加費   セントジョージ賞典 CDI-Y($100) ヤングライダー自由演技CDI-Y($100)
厩舎代   $20/日
賞金   セントジョージ賞典 優勝$250 2位$200 3位$175 4位$150 5位$125 6位$100
  セントジョージ賞典 優勝$250 2位$200 3位$175 4位$150 5位$125 6位$100

参加の意思表示期限   2007年3月30日(金)
参加ご希望の方は日本馬術連盟業務課までご連絡ください。
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 3 月 1 日
《FEI公認の各種国際馬術競技会へ出場する選手の皆様へ》~ FEI選手/馬匹登録について ~
 国際馬術連盟では、国際馬術大会に参加した選手や馬匹の競技成績をデータベース化し、公式Webサイトで閲覧できるシステムを構築していました。総合馬術においては他の種目に先駆けて登録制度が導入されていました。  この度、国際馬術連盟より全種目を対象として、所属NFを通じて毎年選手及び馬匹の登録(有料)が必要であるという通知を受けました。  当連盟としては、下記のとおり選手からの申請に従い登録手続きを行うことといたしますので、国際馬術競技会に出場を予定されている選手の方々は、事前に手続きを行っていただきますようお願いいたします。FEI指定のWebサイトからの手続きのため、手数料の納入が確認でき申請書を受理した日が登録日となります。  なお、日本国内で開催されるCSI、CSI-W、CDI、CCI、CIC、CEIなどの競技会も同様に登録が必要となります。  また、次年度以降の申請手続きにつきましては、登録ナンバーの提出と登録手数料の納入をもって受理いたします。
FEI登録の条件  
選手: 日本馬術連盟の会員で騎乗者資格A級を取得している者。
馬匹:  FEIパスポートを所持し、有効期間中の馬匹。
有効登録期間   1月1日より12月31日までの1年間 ※年途中での登録であっても12月31日までの期限となります。
登録方法   所定の書式により、いずれかの方法で日本馬術連盟事務局あて提出
    ※電話での受付はいたしません。
(1)郵送: 104-0033 東京都中央区新川2-6-16馬事畜産会館 社団法人日本馬術連盟
(2)Fax: 03-3297-5617
受付日   郵送の場合は、郵便物の到着日を受付日、Fax及びE-Mailの場合は、前日の17:30以降から当日の17:30までに到着したものは当日の受付日とします。いずれも手数料の入金確認ができていることが条件です。
登録手数料   選手5,000円/1名 馬匹5,000円/1頭
送金先   みずほ銀行 九段支店 普通預金  703597 社団法人日本馬術連盟

《注 意》 品種及び毛色については、指定の表記がありますので、リストを参照の上、リストに記載されている表記により記入してください。

FEI登録用用紙およびFEI馬登録用品種リスト ダウンロード Win / Mac
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 2 月 9 日
国体で使用する馬場馬術競技の運動課目について
平成19年より馬場馬術競技の運動課目の名称を下記の通り変更しました。 自由演技課目については、芸術点の係数をすべて“4”に変更となっています。 少年馬場馬術競技の運動課目については、名称の変更です。 ダウンロードコーナーでご確認下さい。
自由演技国体成年馬場馬術課目 自由演技国体成年馬場馬術課目2004
自由演技国体少年馬場馬術課目 自由演技ジュニアライダー馬場馬術課目2002
国体少年馬場馬術課目 ジュニアライダー馬場馬術課目2002
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 1 月 18 日
北京オリンピック参加人馬選考方法(馬場馬術)について
aaaa
馬場馬術本部
2007 年 1 月 17 日
平成18年度 馬場馬術本部強化訓練実施要項

1.目的
国際競技を目指す馬場馬術部門強化指定選手の技術・競技力の向上を図る
2.期間
平成19年3月5日(月)~3月10日(土)
3.場所
渡良瀬北斗乗馬倶楽部(旧ロイヤルホースライディングクラブ) 〒329-0114栃木県下都賀郡野木町野木3324 電話 0280)54‐5588 FAX(0280)57‐9950
会場への案内図は下記のホームページの『ご案内お知らせ』のコンテンツでご確認下さい。
4.参加人数
約16名(各班 約8名)
(1) 強化指定選手(シニア・ヤング・ジュニア)B・Cを対象とする また、定員に満たない場合は実績により馬場馬術本部長の承認した者とする
(2) 携行馬は2頭まで可(日馬連登録馬であること)
5.講師
ラインハルド ニールセン(Rainhard Nielsen  ドイツ)
略歴 1957年生 1985年ワーレンドルフにてマイスター取得 1997年よりグリュンヴォルドルフの経営に参画し米国、ノルウェー、 フィンランド、オーストラリア、日本人をコーチ

実施要項・申込書ダウンロード Win / Mac
aaaa
馬場馬術本部
2006 年 12 月 26 日
FEI馬場馬術地域フォーラムのお知らせ

FEI馬場馬術地域フォーラムがタイ国コルブリ(Cholburi)にてタイ馬連主催によりに行われますのでお知らせします。 参加を希望される方は、各自でタイ馬連に直接連絡を取りお申し込み下さい。
 

期日: 2007年2月2日‐3日
講演: マリエット・ヴィタージ女史 他
使用言語: 英語
参加費用: 200米ドル 交通費、宿泊費、食事等は自己負担
参加申込: 1月26日(金)までにタイ馬連へ直接連絡のこと
担当者: Maj. Vithai Laithomya
連絡先: Thailand Equestrian Federation 206/665 Phaholyothin Rd. Samseanai Phayathai Bangkok 10400 Thailand
電話: 66.2.615.0251
FAX: 66.2.615.0352
Eメール: thaiequestrian@yahoo.com
 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2024.04.19
  • 2024.04.22
  • 2024.04.11
  • 2024.04.13
  • 2024.03.13
  • 2024.01.26
  • 2023.10.06
  • 2022.11.14
  • 2024.03.15
  • 2024.04.11
  • 2024.03.29
  • 2023.11.08
  • 2024.02.13