アーカイブ:

News
2020 年 5 月 11 日
【重要】新型コロナウイルス関連のお知らせ(まとめ)5月11日更新
aaaa
News
2020 年 5 月 11 日
事務局テレワーク期間の延長について
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、事務局のテレワークも同日まで延長いたしました。会員の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 引き続き、代表電話は不通とさせていただいております。テレワーク期間中の急ぎの問い合わせにつきましては、下記専用メールアドレスをご利用ください。メールをいただく際には必ずお名前の記載をお願いいたします。メールにて回答いたしますが、少々お時間をいただきますことを予めご了承ください。

toiawase@equitation-japan.com


 
aaaa
News
2020 年 4 月 20 日
FEI馬場馬術運動課目 日本語版の更新について
FEI(国際馬術連盟)馬場馬術運動課目の更新(2020年1月1日施行)を受けて、下記の通り、FEI運動課目(日本馬術連盟認定種目)日本語版を更新しましたので、ご案内いたします(2020年4月1日施行)。

◆FEI グランプリ馬場馬術課目 2009(2014年改定・2020年更新版)
 ・参考時間を修正
 【旧】時間 5'45''(参考時間)
 【新】時間 6'30''(参考時間)

◆FEI インターメディエイトⅠ馬場馬術課目 2009(2020年更新版)
 ・順序19に運動項目を追加
 【旧】19 B  踏歩変換
 【新】19 B  踏歩変換
              Bの前後  収縮駈歩

運動課目の確認&ダウンロードは、《馬場馬術運動課目》ページから。



 
aaaa
News
2020 年 4 月 14 日
東京2020組織委員会からアスリートの皆さんへのメッセージ
東京2020組織委員会スポーツディレクター 室伏広治さんとGDO(大会開催統括)兼スポーツ局長 中村英正さんからアスリートの皆様へのメッセージが届きましたのでご紹介します。

アスリートの皆様(PDF)
aaaa
News
2020 年 4 月 14 日
新型コロナウイルス対策についてのFAQ(4月14日)
【全日本大会/公認競技会 共通事項】
Q 日馬連ウェブサイトのカレンダーページを見ると、4月第2週以降の予定はすべて白紙になっていました。すべての競技会を中止したということでしょうか。
A すでに発表した通り、8月末までの全日本大会は開催しないこと、また、4月第2週以降当面の間、公認競技会の公認中止を決定しております。現段階では再開の見込みが立たないため、いったんすべて白紙としております。再開の目途が立ち次第、改めて掲載いたします。

【全日本大会について】
Q 「8月末までに予定している全日本大会を開催しない」とありましたが、全日本ヤング総合馬術大会、全日本馬場馬術大会Part II、全日本ジュニア障害馬術大会の3大会は、今年度は取りやめということでしょうか。
A 8月末までに実施することはありませんが、新型コロナウイルス感染状況が早期に好転した場合に備え、実施については検討を継続したいと考えています。

Q 9月以降に予定されている全日本大会は開催されますか。
A 状況が好転すれば開催したいと考えております。ただその場合も、出場資格獲得のための公認競技会が開催されておらず、従来通りのシステムで出場資格を付与することは不可能であると考えております。また、全日本大会前には公認競技会に出場して調整する必要性があることも理解しております。それらを踏まえて開催の有無を検討していまいります。

Q 全日本大会が中止された場合、その大会のためにこれまで獲得していたポイントや実績はどうなるのでしょうか。
A 現時点では未定です。決まり次第発表いたします。

【国民体育大会について】
Q 国民体育大会(鹿児島)は開催しますか。
A 6月に予定していたリハーサル大会は中止となりましたが、10月の本大会については日本スポーツ協会と開催県の協議により決定します。また、ブロック大会は各ブロックの協議により決定します。決まり次第、日馬連ウェブサイトに掲載いたします。
 
【公認競技会について】
Q 公認競技会の認定中止期間について「4月第2週以降から当面の間」と書かれていましたが、目途はありますか。
A 新型コロナウイルス感染状況次第ですが、少なくとも緊急事態宣言が出されている5月のゴールデンウィーク明けまでは確実に継続します。緊急事態宣言が終了しても、すぐにイベント開催が全面的に可能になるとは考えづらいため、状況を注視しつつ判断する予定です。

Q 公認競技会が中止されたことで、全日本大会の出場資格獲得のためのポイントや実績が得られなくなる可能性があります。9月以降の全日本大会が実施される場合、出場資格についてはどうなるのでしょうか。
A 実施要項通りのシステムで出場資格を決めることは不可能であると認識しています。開催できる状況になりましたら、改めて発表いたします。

Q 公認競技会再開の時期はどのようなタイミングで発表されますか。
A 公認競技会においては開催1ヵ月前までの申請をお願いしていますので、再開可能時期の1ヵ月半前には発表したいと考えています。

Q 公認障害馬術競技会カテゴリー★★★★と併催のワールドカップ日本リーグ(CSI1*-W)はどうなりますか。
A 公認競技会の公認中止期間中については、同様に中止となります。公認競技会再開後については、日本リーグとして成立するかどうかを確認のうえ、改めて発表いたします。

Q 公認競技会の認定中止とのことですが、非公認競技会として開催してもかまいませんか。
A 日馬連として非公認競技会開催については何の権限も有していせん。しかし、緊急事態宣言が出されており、命を守るために外出自粛が呼びかけられている現状を鑑み、自粛を強くお願いいたします。
aaaa
News
2020 年 4 月 13 日
会員の皆様へ 新型コロナウイルス感染拡大防止対策のお願い
 新型コロナウイルスをめぐる日本の状況は、日々感染者が増大し、危機感が高まっています。4月7日に緊急事態宣言が東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県に出され、不要不急の外出自粛やイベント開催の制限・中止が強く要請されました。また、その他の地域においても自治体が独自の宣言や要請を出したり、政府からも対象都府県のみならず全国的な警戒を強める要請が出されたりという事態となっています。
 日馬連は4月7日に全日本大会と公認競技会の中止を発表し、その翌日に緊急事態宣言を受けて、改めて競技会開催と移動(外出)の自粛を呼びかけました。多くの競技会主催者が開催自粛を決断し、また、クラブそのものを休業するケースもでてきています。その一方で、スタイルを変更して開催されている競技会等もあるようです。日々深刻化している日本の状況を考えると、今はとにかく感染を拡大させないために一人一人が行動しなければならない時期であり、公益社団法人である当連盟といたしましては自ら社会的責任を果たすとともに、馬術関係者の皆様にも強く要請する次第です。
 今一度、会員の皆様にお願いいたします。今、一番大事なことは皆様と周りの方々の命を守ることです。一日も早く安心して馬術を楽しむことができる日を取り戻すためにも、今は我慢の時です。「うつらない・うつさない」を徹底し感染拡大を止めるため、事態が収束するまで会員の皆様には「競技会を開催しない・競技会に行かない」よう強くお願いいたします。

 
aaaa
News
2020 年 4 月 10 日
令和2年度の馬場馬術に関する主な規程改定について
令和2年4月から馬場馬術に関する競技会関連規程が改定されましたので、ご留意くださいますようお願いいたします。

馬場馬術に関する主な改定箇所はこちら


 
aaaa
News
2020 年 4 月 9 日
《燃ゆる感動かごしま国体》馬術競技リハーサル大会の中止について
第75回国民体育大会《燃ゆる感動かごしま国体》馬術競技リハーサル大会
兼 第56回九州馬術大会の中止が決定されましたのでお知らせします。

詳しくは こちら(霧島市ウェブサイト) から。
aaaa
News
2020 年 4 月 8 日
【重要】新型コロナウイルス対策について(緊急事態宣言を受けて)
 4月7日に政府から緊急事態宣言が発出されたことを受けて、当連盟では競技会/イベント開催および事務局の業務体制について以下の指針にしたがって対応いたします。
 
 4月6日の発表通り、8月末までの全日本大会を実施しないこと、および4月第2週以降の公認競技会の公認を中止しております。一番の目的は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、馬術関係者を含むすべての人の命を守ること、そして馬術競技会でクラスターを発生させないことです。

 3月26日にウェブサイトに《新型コロナウイルス感染症対策に関する日本馬術連盟の指針について》を掲載し、「競技会を含むイベントは当面自粛すべき」との指針を公表いたしました。多くの公認競技会主催者の皆様がこの指針に従って中止を決断してくださったことに感謝いたします。感染拡大を防止する最良の方法は人同士の接触を減らすことです。選手や役員等の関係者が県をまたいで移動し、多くの人が集まる競技会は感染を拡大させる危険をはらんでおります。このことを今一度考え、馬術関係者のみならずあらゆる人々を感染の危険から守るための対策をお願いいたします。
 緊急事態宣言では、東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県を対象に、外出自粛やイベント開催の制限・中止の要請をしています。改めて当連盟からも、各地の競技会開催自粛とともに、特に対象地域の皆様には馬術関連イベントに関連しての外出をお控えくださいますよう、強くお願いいたします。
 競技会に向けて主催者および参加者の皆様が多大な労力や費用を負担されていることは承知しておりますが、この未曽有の状況を乗り越えるために皆様が良識ある判断をされることを願っております。

 事務局の業務体制につきましては、4月9日から原則テレワークを導入いたします。期間は5月6日までを予定しておりますが、状況に応じて変更する可能性があります。この間、代表電話は不通とさせていただきます。会員の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 テレワーク期間中の急ぎの問い合わせにつきましては、下記専用メールアドレスをご利用ください。メールをいただく際には必ずお名前の記載をお願いいたします。メールにて回答いたしますが、少々お時間をいただきますことを予めご了承ください。

toiawase@equitation-japan.com


 
aaaa
News
2020 年 4 月 7 日
【重要】騎乗者資格審査会および審判員指導者講習会の認定中止について
 昨日の公認競技会の公認中止発表に準じ、騎乗者資格審査会および審判員・指導者講習会につきましても、当面の間、認定を中止することとしますのでお知らせいたします。
 申請済みの騎乗者資格審査会につきましては申請料を返金いたします。
 
 


 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.05.11
  • 2020.04.14
  • 2020.04.20
  • 2020.04.14
  • 2020.04.06
  • 2020.04.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.04.09
  • 2020.03.30
  • 2020.03.23
  • 2018.06.04
  • 2020.04.16