アーカイブ:

News
2018 年 11 月 20 日
全日本障害 NHK Eテレで放映
今年の障害馬術チャンピオンを決定する《全日本障害飛越選手権》の模様が、下記のとおりテレビ放映されます。ぜひご覧ください。

11月25日(日) 午後2時30分~3時30分 NHK Eテレ

番組公式サイトはこちらから
aaaa
News
2018 年 11 月 18 日
障害馬術チャンピオンは広田思乃選手!
 三木ホースランドパークで開催した《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》は競技最終日の今日、全日本障害飛越選手権、中障害A決勝、中障害B決勝を実施しました。

 全日本障害飛越選手権には14人馬が出場しました。第1走行をクリアラウンドしたのは広田思乃&ライフ・イズ・ビューティフル(那須トレーニングファーム)、草薙達也&クラバット(座間近代乗馬クラブ)、小牧加矢太&ガルーファンデスケンメルスベルグ(北総乗馬クラブ)の3頭でした。第2走行は福島大輔&グラムアー(STAR HORSES)が唯一クリアラウンドして2走行のトータル減点が4、もうひと組、第1走行をクリアした3人馬のうち広田&ライフ・イズ・ビューティフルが1落下でトータル減点4となり、減点4同士の2人馬によるジャンプオフが成立しました。
 ジャンプオフでは先に走行した福島&グラムアーが2落下を喫し、あとから走行した広田&ライフ・イズ・ビューティフルが1落下で優勝を決めました。3位は減点8のうち第2走行のタイムが早かった小池啓補&ノスコデブロンデル(守谷乗馬クラブ)となりました。
 女性選手の優勝は山口千恵子選手(2000年)、佐藤泰選手(2014年)に次いで3人目です。

▲全日本障害飛越選手権 表彰式


▲全日本チャンピオン 広田思乃&ライフ・イズ・ビューティフル
「1日目、2日目が良くなかったので、決勝に残れただけで十分だと思っていたのですが、ジャンプオフに進むことができて、さらに優勝することができて本当に嬉しいです。来年、ブチくん(ライフ・イズ・ビューティフル)の生まれたスウェーデンで開催されるワールドカップファイナルに出場する予定です。それに向けて今回はいい形で終わりたいと思っていたので、この結果は本当に嬉しいです。ありがとうございました」

 
aaaa
News
2018 年 11 月 18 日
全日本障害 中A・中B決勝速報
 中障害A決勝競技に出場したのは24人馬でした。クリアラウンドしたのは2人馬。ジャンプオフで先に走行した白井岳&カウントダウン47(白井牧場不二ファーム乗馬クラブ)が残念ながら落馬で失権、片山篤&クールK(徳島乗馬倶楽部)が減点12でゴールして優勝しました。2位は白井&カウントダウン47、3位はオリジナルコースでタイム減点1を負った佐藤浩之&アレスビルトグーテ(JB北広島乗馬クラブ)でした。

▲中障害A決勝 表彰式


▲中障害A優勝 片山篤&クールK
「本当に嬉しいです。優勝したクールKと5位になった藤丸Kは自家生産馬で、オランダの波里さんの厩舎で生まれ、日本で鞍付けをしました。たくさんの方々にサポートしていただいてここまでくることができました。ジャンプオフではちょっといい走行ができなかったのですが、全日本を勝てたということで本当に嬉しいです。ありがとうございました!」

 中障害B決勝競技には40人馬が出場して11人馬がジャンプオフに進出しました。最終出番の森裕悟&ファンタジスタ(乗馬クラブクレイン東京)が39.57秒のトップタイムで優勝、福島章&ザバンタ(STAR HORSES)が39.83秒で2位、鈴木嘉憲&シスコズシャトー(ベルステーブル)が41.90秒で3位となりました。

▲中障害B決勝 表彰式


▲中障害B優勝 森裕悟&ファンタジスタ
「ジャンプオフでは行くしかないと思って、仲間の声援に後押ししてもらって走っていきいました。コーチからアドバイスをもらって、その通りに実行できて良い結果につながったと思います。ポテンシャルの高い馬なので、来シーズンも好調をキープできるといいなと思っています」

最終日の全結果はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
News
2018 年 11 月 18 日
《全日本障害Part I》最終日結果のお知らせ
三木ホースランドパークにて開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》最終日(11/18)の結果を随時掲載いたします。


第10競技 中障害A(決勝) 結果

第11競技 選手権   結果

第12競技 中障害B(決勝) 結果


 
aaaa
News
2018 年 11 月 17 日
《全日本障害Part I》3日目速報!
 三木ホースランドパークで開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》は競技3日目の今日、中障害Bと中障害Aの標準競技と大障害B決勝競技を実施しました。

 中障害Bには65人馬が出場、およそ半数の31人馬がクリアラウンドしました。1位は50.92秒の古田慶幸&クレイジーコーラル(ホースガーデン)、2位は51.46秒の岩館正彦&ジャンヌ(奈良県馬術協会)、3位は51.62秒の広田思乃&プランス・エトワール・クリスタル(那須トレーニングファーム)でした。

▲中障害B(標準)表彰式

 中障害Aには39人馬が出場しました。前半はなかなかクリアラウンドが出ませんでしたが、終盤に5人馬が減点0でゴールしました。62.50秒の一番時計を出した重枝佑佳&チアーズ(乗馬クラブクレイン多々良)が1位、64.46秒の木原康弘&ブルース(Master Horse)が2位、66.78秒の佐藤浩之&アレスビルトグーテ(JB北広島乗馬クラブ)が3位でした。

▲中障害A(標準)表彰式

 大障害Bは20人馬による決勝競技を行い、ジャンプオフには4人馬が進みました。ジャンプオフ1番手の小池啓補&ダイモンドK(守谷乗馬クラブ)が40.34秒でクリアラウンド。3番手の岩館正彦&I’mキングスクロス(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が37.12秒でそれを上回ると、最終出番の中野善弘&CRNベガス(乗馬クラブクレイン千葉 富津)が1秒以上早い36.01秒でゴールしましたが惜しくも1落下がありました。優勝は岩館&I’mキングスクロス、2位は小池&ダイモンドK、3位は中野&CRNベガスとなりました。

▲大障害B決勝 表彰式


▲大障害B優勝 岩館正彦&I’mキングスクロス
「ジャンプオフに4頭残っていたので最悪でも4位、でもその中でも上にいきたいと思って、思い切り行きました。中野さんとCRNベガスにはタイムでは抜かれるだろうと予想していましたが、思い切り走ったことで良い勝負になったと思います」

 最終日の明日は、全日本障害飛越選手権と中障害A、中障害Bの決勝競技を実施します。

 今日の全結果はこちら、明日の出番表はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
News
2018 年 11 月 17 日
《全日本障害Part I》3日目結果のお知らせ
三木ホースランドパークにて開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》3日目(11/17)の結果を随時掲載いたします。



第7競技 中障害B(標準) 結果

第8競技 中障害A(標準) 結果

第9競技 大障害B(決勝) 結果

 
タイムテーブル

 
aaaa
News
2018 年 11 月 16 日
《全日本障害Part I》2日目速報!
 三木ホースランドパークで開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》は競技2日目の今日、中障害Aのスピードアンドハンディネス競技と大障害Bおよび大障害Aの標準競技を実施しました。

 中障害Aには43人馬のエントリーがありました。芹澤永治&カサブランカ・キャッシュ(ステーブル クリアラウンド)が62.52秒で1位、佐藤浩之&アレスビルトグーテ(JB北広島乗馬クラブ)が63.10秒で2位、苅谷幸生&アンタレスI(苅谷乗馬クラブ)が63.65秒で3位となりました。


▲中障害A(S&H)表彰式
 
 大障害Bは24人馬が出場して6人馬がクリアラウンドしました。増山誠倫&キャンドゥライト(小山乗馬クラブ)が62.97秒で1位、岩館正彦&I’mキングスクロス(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が65.84秒で2位、平川敬章&アントナス(北総乗馬クラブ)が66.40秒で3位でした。最終日の決勝競技に進むことができるのは、予選2競技の順位点合計の上位20組で、1位通過はベテラン中野善弘&CRNベガス(乗馬クラブクレイン千葉 富津)でした。

▲大障害B(標準)表彰式

 大障害Aは14人馬が出場、減点0は4人馬でした。川口雅美&サムライブルー(ライディングクラブフジファーム)がトップタイムの60.36秒で昨日に続いて1位、渡辺祐香&ロイヤルズサン(つま恋乗馬倶楽部)が62.41秒で2位、小池啓補&ノスコデブロンデル(守谷乗馬クラブ)が63.52秒で3位でした。

▲大障害A(標準)表彰式


▲川口雅美&サムライブルー
「今日は馬が落ち着いていました。最終日の選手権も今日と同じような走行がしたいです」

 明日は、中障害B(標準競技)、中障害A(標準競技)、大障害B(決勝)を実施予定です。

 今日の全結果はこちら、明日の出番表はこちらからご覧いただけます。



 
aaaa
News
2018 年 11 月 16 日
《CDI Gotemba 2018》日本版シットイン募集のお知らせ
 馬場馬術本部では、国際審判員を目指す方、審判技術を高めたい方のために《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》を活用し、外国人審判員について勉強できる日本版シットインを実施します。外国人審判員から直接指導を受けられる貴重なチャンスです。参加ご希望の方は、申込書をダウンロードし、11月27日(火)までに日本馬術連盟事務局・馬場馬術本部担当までメールにてお申込み下さい(送付先アドレスは申込書に記載)。


大 会 名 : CDI Gotemba 2018国際馬場馬術大会
期  日 : 12月15日(土)~16日(日)
場  所 : 御殿場市馬術・スポーツセンター(静岡県御殿場市仁杉1415-1)
      *宿泊所の提供、交通費の支給等はありません
申込締切 : 11月27日(火)
募集人員 : 3~4名 *下記参加条件をすべて満たした者より、馬場馬術本部にて選考させていただきます
参加条件:
《グランプリクラス》
 ①1級審判員で、将来国際審判員取得を目指すもの、グランプリ審判技術を高めたい者
 ②国内においてグランプリの審判経験がある者
 ③外国人審判員と十分に採点について会話(英語)ができる者

《ジュニアライダーからインターメディエイトⅠクラスまで》
 ①1級審判員で、審判技術を高めたい者
 ②外国人審判員と十分に採点について会話(英語)ができる者

《CDI Gotemba 2018》日本版シットイン申込書(ダウンロード)

 
aaaa
News
2018 年 11 月 16 日
《全日本障害Part I》2日目結果のお知らせ
三木ホースランドパークにて開催中の《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》2日目(11/16)の結果を掲載いたします。



第4競技 中障害A(S&H) 結果

5競技 大障害B(標準) 結果

第6競技 大障害A(標準) 結果

 
タイムテーブル

 
aaaa
News
2018 年 11 月 15 日
《全日本障害Part I》開幕!
 《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》が三木ホースランドパークで開幕しました。今大会では全日本障害飛越選手権(大障害A)、大障害B、中障害A、中障害Bの4つのクラスの競技を実施します。今日から土曜日までの3日間は予選競技、最終日(18日)には各クラスの決勝競技を行います。

 今日は、大障害A、大障害B、中障害Bのスピードアンドハンディネス競技を実施しました。

 大障害Aは16人馬のエントリーがありました。川口雅美&サムライブルー(ライディングクラブフジファーム)が70.78秒で1位、小池啓補&ノスコデブロンデル(守谷乗馬クラブ)が70.84秒で2位、67.69秒で1落下があった佐藤浩之&フォーラン(JB北広島乗馬クラブ)が71.69秒で3位となりました。

▲大障害A(S&H)表彰式


▲川口雅美&サムライブルー

 大障害Bは26人馬のエントリー。中野善弘&CRNベガス(乗馬クラブクレイン千葉 富津)が61.67秒で断トツの1位、2位は67.85秒の宇都宮誉司&ジャリスコ(成田乗馬クラブ)、3位は68.78秒の杉山慎一郎&ホワイトチョコレート(藤沢乗馬クラブ)でした。

▲大障害B(S&H)表彰式

 中障害Bには今大会最多の71エントリーがありました。森裕悟&ファンタジスタ(乗馬クラブクレイン東京)が62.35秒で1位、芹澤永治&インパルスハラルド(ペガサス乗馬クラブ)が64.15秒で2位、古田慶幸&クレイジーコーラル(ホースガーデン)が64.30秒で3位となりました。

▲中障害B(S&H)表彰式

 明日は、中障害A(スピードアンドハンディネス競技)、大障害B(標準競技)、大障害A(標準競技)を実施予定です。

 今日の全結果はこちら、明日の出番表はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2019.01.16
  • 2019.01.15
  • 2019.01.17
  • 2018.12.20
  • 2018.12.25
  • 2019.01.16
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2018.10.05
  • 2018.12.26
  • 2018.07.02
  • 2018.06.04
  • 2018.12.19