アーカイブ:

News
2018 年 10 月 31 日
平成30年度指導者養成講習会の開催について【10/31更新】

平成30年度指導者養成講習会を以下のとおり開催いたします。

①(公社)日本馬術連盟認定指導員養成講習会(新規)
 目  的:会員が馬術指導者として安全な指導を実施するため、また、(公財)日本
      スポーツ協会公認馬術指導者資格を取得するための基礎養成を行うことを
      目的として開催する。
 日  程:平成30年12月10日(月)~11日(火) 2日間
 場  所:馬事畜産会館2階会議室
 参加条件:18歳以上の日本馬術連盟会員で騎乗者資格B級以上取得者

②指導者講習会(更新・復活) 10/31更新
 目  的:指導者資格(JSPO公認コーチ・JSPO公認指導員・JEF認定指導員)の更新
      および復活のための義務講習として開催する。
 日  程:平成31年1月21日(月)~23日(水)の3日間のうち、いずれか1日を選択
 場  所:馬事畜産会館2階会議室
 参加条件:《更新》指導者資格が有効期間内の者
      《復活》指導者資格を失効した者

③(公財)日本スポーツ協会公認馬術コーチ養成専門科目講習会(新規)
 目  的:(公財)日本スポーツ協会公認馬術コーチ養成にかかる専門科目講習会として
      実施する。
 日  程:前期/平成30年12月13日(月)~16日(木)
      後期/平成30年12月10日(月)~11日(火) 計6日間
 場  所:馬事畜産会館2階会議室
 参加条件:平成27~30年度日本スポーツ協会公認馬術コーチ養成講習会受講者登録済の者

④(公財)日本スポーツ協会公認馬術指導員養成専門科目講習会(新規)
 目  的:(公財)日本スポーツ協会公認馬術指導員養成にかかる専門科目講習会として
      実施する。
 日  程:平成31年1月21日(月)~23日(水) 3日間
 場  所:馬事畜産会館2階会議室
 参加条件:平成27~30年度日本スポーツ協会公認馬術指導員養成講習会受講者登録済の者


①の実施要項は、こちらから
②の実施要項は、こちらから 10/31更新
③④の実施要項は、該当される方宛に郵送しましたのでご確認ください。 10/31更新

--------------
 更新履歴
--------------
2018.10.12 16:00 新規掲載
2018.10.22 11:30 ①日馬連認定指導員養成講習会(新規)  実施要項・申込書等掲載
2018.10.23 13:30 ①の受講申込書(MS-Word形式)掲載
2018.10.31 12:20 ②指導者講習会(更新・復活) 実施要項・申込書等掲載
2018.10.31 12:20 ②③④に関する説明書き 更新
aaaa
News
2018 年 10 月 30 日
《全日本障害Part I》受付終了&選手交代について
11月14日から18日まで三木ホースランドパークにて開催します《第70回全日本障害馬術大会2018 Part I》の申込受付は締切日(10/29)をもって終了しました。


予備馬を含めて、参加申込を行なった全ての人馬が今大会に出場できますのでお知らせいたします。


また、本日以降エントリー済みの選手で、怪我あるいは疾病などやむを得ない事情により出場できないことが判明した場合、打合せ会の前日(11月13日)までに下記指定の様式(選手の交代届)と医師の診断書の提出があれば、エントリーしていない選手への交代を認めます。ただし、交代できる選手は、大会実施要項『参加資格』に記載されている内容を満たしていることが条件です。
また、届け出は書面によるものとし、当連盟事務局へ届いたものとします。


選手の交代届(WORD)


提出先:
〒104-0033
東京都中央区新川2-6-16-6F
日本馬術連盟 障害馬術本部実行委員会
FAX:03-3297-5617
aaaa
News
2018 年 10 月 30 日
《障害強化訓練》&《オリンピックチャレンジプロジェクト》募集開始!
《平成30年度障害馬術強化訓練》ならびに《障害馬術オリンピックチャレンジプロジェクト2018》を御殿場市馬術・スポーツセンターにて行います。実施要項で参加条件をご確認のうえ11月20日(火)までにお申し込みください。
本年度の講師は、JOC専任コーチ、Wim Schroder氏(オランダ)です。
今年行われましたアジア競技大会および世界選手権のチームコーチでした。
講師略歴は要項よりご確認ください。


 《平成30年度障害馬術強化訓練》実施要項&参加申込の確認はこちらから。
期  間: 平成30年12月16日~18日
参加条件: H30年度ナショナルチームあるいはプログレスチームメンバー
      一般選手の場合、実績のある人馬(詳細は実施要項を確認のこと)


《障害馬術オリンピックチャレンジプロジェクト2018》実施要項&参加申込の確認はこちらから。
期  間: 平成30年12月19日~21日
参加条件: H30年度プログレスチームジュニアメンバー(※21歳以下に限る)
      上記以外の場合、第42回全日本ジュニア障害馬術大会2018(ヤング・ジュニア選手権)
      に出場した人馬


合宿参加はオンラインでも行えます。



 
aaaa
News
2018 年 10 月 28 日
弓良隆行&ポーチャーズホープが全日本総合選手権連覇!
 《第48回全日本総合馬術大会2018/CIC2*/CCI1* Yamanashi》は今日が最終日。各クラスの障害馬術競技を実施しました。



 チャンピオン決定戦、全日本総合馬術選手権競技は5人馬が障害馬術競技に臨みました。初日からトップに立っていた弓良隆行&ポーチャーズホープ(RCクレイン京都)がきっちり減点0でゴール、総減点29.3で連覇を達成しました。弓良選手は自身3回目の優勝です。2位は総減点36.9の村上一孝&ティベント(Partner HC)、3位は総減点37.2の伊藤昌展&リエンローラッキーレンジャー(JRA馬事公苑)となりました。


▲選手権連覇 弓良&ポーチャーズホープ
「とても嬉しいです。今年は特にアジア大会の選考会、猛暑のジャカルタでのアジア大会、そして帰国してこの全日本大会と続いたので、馬は大変だったと思います。でもそんななかでとても頑張ってくれていたので、僕が勝ちたいというより、馬を勝たせなきゃいけないと思っていました。そのような気持ちで臨んだ大会を連覇することができたので、昨年以上に今年は嬉しいです。来年もこの馬とコンビを組むかどうかわかりませんが、続けて乗ることができたらさらに連覇したいです」

 弓良選手はCCI1*競技もバレンティノで優勝しました。所属するRCクレイン京都からは、弓良選手がポーチャーズホープとバレンティノの2頭で参加してともに優勝、また、ジュニアの尾崎希歩選手がEV90競技(ジュニア班)に2頭で出場してワン・ツーフィニッシュしています。弓良選手は「自分だけではなく、参加した4頭すべてでベストな結果を出せたことがとても嬉しいです」と笑顔で話してくれました。


▲弓良選手と尾崎選手

 全競技の優勝人馬は次の通りです。
全日本選手権競技(CIC2*) 弓良隆行&ポーチャーズホープ(RCクレイン京都)
CCI1*競技 弓良隆行&バレンティノ(RCクレイン京都)
EV100競技(一般班)平永健太&クロレスティーモ(RCクレイン東京)
EV100競技(ジュニア班)瀬川裕哉&エコールージュZ(八王子RC)
EV90競技(一般班)吉永翔司&桜雷(日本大学)
EV90競技(ジュニア班)尾崎希歩&フラジョレット(RCクレイン京都)
EV80競技(一般班)西崎充郎&ミッドセンチュリー(岡山RC)


全日本総合馬術大会全結果はこちらから
aaaa
News
2018 年 10 月 28 日
《全日本総合》最終成績(3日目)発表
 10月26日(金)~28日(日)、山梨県馬術競技場にて開催中の《 第48回全日本総合馬術大会2018/CIC2*/CCI1* Yamanashi》最終日(3日目)の成績表を掲載いたします。

10月28日(金)(3日目/障害馬術)終了時点 成績表

選手権競技(CIC2*)

CCI1*競技

EV100競技(一般班)

EV100競技(ジュニア班)

EV90競技(一般班)

EV90競技(ジュニア班)

EV80競技(一般班)
aaaa
News
2018 年 10 月 27 日
《全日本総合》2日目速報
 《第48回全日本総合馬術大会2018/CIC2*/CCI1* Yamanashi》は2日目の今日、各クラスのクロスカントリー競技を行いました。

 選手権競技は6人馬がクロスカントリー競技に臨みました。馬場馬術でトップだった弓良隆行&ポーチャーズホープ(RCクレイン京都)は、規定タイムを3秒オーバーして減点1.2が加わってトータル減点29.3で首位をキープしています。馬場馬術で5位だった伊藤昌展&リエンローラッキーレンジャー(JRA馬事公苑)も同じく3秒オーバー。トータル減点33.2となり2位に浮上しました。暫定2位だった村上一孝&ティベント(Partner HC)は18秒オーバーしてトータル減点36.9で現在3位です。



▲弓良隆行&ポーチャーズホープ
「首位をキープできて良かったです。障害が苦手な馬ではないので、明日はしっかり減点0で帰ってきたいです」

 2頭が出場しているCCI1*競技は、馬場馬術終了時点では2人馬が同点で並んでいましたが、今日のクロスカントリーで大きく差がつきました。現在、弓良隆行&バレンティノ(RCクレイン京都)が減点48.8で首位に立っています。

 最終日の明日は各クラスの障害馬術競技を実施します。
 


 
aaaa
News
2018 年 10 月 26 日
《全日本総合》 クロスカントリー(2日目)コース図 (更新)
 10月26日(金)~28日(日)に山梨県馬術競技場にて開催する《 第48回全日本総合馬術大会2018/CIC2*/CCI1*Yamanashi》の2日目クロスカントリー競技のコース図を掲載いたします。
更新:個々の障害の写真を掲載します(10月26日公開)。

================
10月26日(土)2日目/クロスカントリー競技《各障害写真》(10月26日公開)

選手権競技(CIC2*)

CCI1*競技

EV100競技(一般班・ジュニア班)

EV90競技(一般班・ジュニア班)

EV80競技(一般班)

==================


10月26日(土) 2日目/クロスカントリー競技《コース図》

選手権競技(CIC2*)

CCI1*競技

EV100競技(一般班)(ジュニア班)

EV90競技(一般班)(ジュニア班)

EV80(一般班)
 
aaaa
News
2018 年 10 月 26 日
《全日本総合》開幕!
 《第48回全日本総合馬術大会2018/CIC2*/CCI1* Yamanashi》が開幕しました。会場は山梨県馬術競技場(山梨県北杜市)。選手権競技はCIC2*レベルで実施、その他、CCI1*競技、EV100競技(一般班・ジュニア班)、EV90競技(一般班・ジュニア班)、EV80競技(一般班)を実施します。初日の今日は各クラスの馬場馬術競技を行いました。

 チャンピオン決定戦の選手権競技には7人馬のエントリーがありました。馬場馬術でトップに立ったのは、減点28.1の弓良隆行&ポーチャーズホープ(RCクレイン京都)。昨年のチャンピオンコンビです。2位は村上一孝&ティベント(Partner HC)減点29.7、3位は中島悠介&クレジットクランチ(RCエトワール)減点31.0と続いています。


▲暫定1位 弓良隆行&ポーチャーズホープ
「馬の感じは良かったです。自分と馬とのフィットができてきている感じがありました。明日のクロスはみんな減点ゼロで帰って来ると思うので、馬場のこのちょっとの差が大事ですし、これを守りたいです。それができる馬だと思っています。インタイムを狙っていきます」

 CCI1*競技は2人馬が出場。弓良隆行&バレンティノ(RCクレイン京都)と二川祥&サトノカイザー(JRA馬事公苑)が減点33.2で並んでいます。

明日のクロスカントリー競技は9時開始予定です。

馬場馬術競技の結果はこちらから、クロスカントリー競技の出番はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
News
2018 年 10 月 26 日
《全日本馬場PartⅠ》 タイムテーブル 発表
 11月9日から11日まで御殿場市馬術・スポーツセンターにて開催します《第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅠ》タイムテーブルを発表いたします。


第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅠ》 タイムテーブル

出場人馬一覧はこちら
第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅠ》 出場人馬一覧 (PDF/6ページ)




 
aaaa
News
2018 年 10 月 25 日
障害馬術優良競技馬(JRA支援馬)騎乗選手の決定
平成30年10月7日、8日、ポール・ショッケメーレ厩舎において、優良競技馬(JRA支援馬)とのマッチングを行い、以下の通り人馬の組合せが確定しました。
なお、人馬組合せはトレーニングや成績の状況を考慮し、乗り替えが行われます。



              記


Calouso              齋藤功貴選手
Conblue              杉谷泰造選手
Diarco Blue         林忠寛選手
Chanyon             福島大輔選手
Calcento             ポーリーカレン選手
Charetana           調整中
Chilensky           調整中
 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2018.10.24
  • 2018.11.13
  • 2018.11.11
  • 2018.10.28
  • 2018.09.25
  • 2018.07.19
  • 2018.08.30
  • 2018.09.24
  • 2018.10.05
  • 2018.10.31
  • 2018.07.02
  • 2018.06.04