アーカイブ:

馬場馬術本部
2018 年 12 月 12 日
《平成30年度 スチュワード研修会》開催のお知らせ
 《平成30年度 スチュワード研修会》の開催についてお知らせいたします。受講を希望される方は、実施要項に従ってお申し込み下さい。

タイトル(各会場名)をクリックすると、実施要項・申込書掲載ページにジャンプします。
《平成30年度 スチュワード 研修会》
運  営: 馬場馬術本部・障害馬術本部
受講条件: 審判資格3級以上のスチュワード業務に従事する者

(1)西日本会場
期 日:平成31年1月14日(月・祝)
会 場:神戸大学(兵庫県)
締 切:平成31年1月8日(火)

(2)東日本会場
期 日:平成31年3月3日(日)
会 場:学習院大学(東京都)
締 切:平成31年2月25日(月)

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 12 月 6 日
《CDI Gotemba 2018》 出場人馬・タイムテーブル 発表
 12月15日(土)~16日(日)に、御殿場市馬術・スポーツセンターにて開催します《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》の出場人馬とタイムテーブルを発表いたします。


《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》出場人馬一覧(PDF)

《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》タイムテーブル(PDF)




 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 12 月 5 日
《CDI Gotemba 2018》スケジュール変更のお知らせ
 12月15日(土)~16日(日)に御殿場市馬術・スポ―ツセンターで開催する《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》について、以下の通りスケジュールを変更し、実施要項を一部変更しましたのでお知らせいたします。

16.ホースインスペクション
(1)第1競技、第4競技の出場馬は、平成30年12月14日(金)12:00 15:00より実施予定。
   また、第6競技、第8競技の出場馬は、平成30年12月14日(金) 13:00 15:30より実施予定。

18.打ち合わせ会
(1)平成30年12月14日(金)14:00 16:00から会場内にて行う。


更新された実施要項は、大会ページにてご確認下さい。

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 29 日
FEI 馬場馬術スチュワード講習会(更新)のご案内
FEI 馬場馬術スチュワード講習会(更新)を下記のとおり開催いたします。受講を希望される方は、実施要項に従ってお申し込み下さい。

         記

FEI 馬場馬術スチュワード講習会(更新)
日  程   2019年2月2日(土)~3日(日)
場  所   馬事畜産会館2F 会議室(東京都中央区新川2-6-16)
講  師   Jacques van Daele (BEL)
定  員   20名 ※外国人受講生を含む
受講条件   FEI馬場馬術スチュワード資格を有する者
受 講 料    20,000円
申込締切   2018年12月12日(水)

FEI 馬場馬術スチュワード講習会(更新)実施要項(ダウンロード/PDF)
DRESSAGE APPLICATION FORM(ダウンロード/Word)

FEI 講習会スケジュールページはこちら(英語)



 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 21 日
日本馬術連盟審判員規程の訂正について
日本馬術連盟審判員規程について、別表1 資格取得要件一覧の【馬場】注釈に記載漏れがありました。
以下のとおり訂正してお詫びいたします。

【正】
※ 30年度からの新取得要件の導入に伴い、経過措置として、1級・S級審判員への昇格については旧取得要件を満たすものに30年度に限り受験を認めるものとする。

【誤】
※ 30年度からの新取得要件の導入に伴い、経過措置として、S級審判員への昇格については旧取得要件を満たすものに30年度に限り受験を認めるものとする。
 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 16 日
《CDI Gotemba 2018》日本版シットイン募集のお知らせ
 馬場馬術本部では、国際審判員を目指す方、審判技術を高めたい方のために《CDI Gotemba 2018 国際馬場馬術大会》を活用し、外国人審判員について勉強できる日本版シットインを実施します。外国人審判員から直接指導を受けられる貴重なチャンスです。参加ご希望の方は、申込書をダウンロードし、11月27日(火)までに日本馬術連盟事務局・馬場馬術本部担当までメールにてお申込み下さい(送付先アドレスは申込書に記載)。


大 会 名 : CDI Gotemba 2018国際馬場馬術大会
期  日 : 12月15日(土)~16日(日)
場  所 : 御殿場市馬術・スポーツセンター(静岡県御殿場市仁杉1415-1)
      *宿泊所の提供、交通費の支給等はありません
申込締切 : 11月27日(火)
募集人員 : 3~4名 *下記参加条件をすべて満たした者より、馬場馬術本部にて選考させていただきます
参加条件:
《グランプリクラス》
 ①1級審判員で、将来国際審判員取得を目指すもの、グランプリ審判技術を高めたい者
 ②国内においてグランプリの審判経験がある者
 ③外国人審判員と十分に採点について会話(英語)ができる者

《ジュニアライダーからインターメディエイトⅠクラスまで》
 ①1級審判員で、審判技術を高めたい者
 ②外国人審判員と十分に採点について会話(英語)ができる者

《CDI Gotemba 2018》日本版シットイン申込書(ダウンロード)

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 11 日
全日本馬場馬術チャンピオンは林伸伍&ハディントン!
 《第70回全日本馬場馬術大会2018 Part I》(11月9日~11日/御殿場市馬術・スポーツセンター)は、大会最終日の今日、全日本馬場馬術選手権競技②(自由演技グランプリ)とセントジョージクラス決勝(自由演技国体成年馬場馬術)を実施しました。

 自由演技グランプリは、林伸伍&ハディントン(アイリッシュアラン乗馬学校)が68.625%で1位、川端俊哉&ラムゼス・デアツヴァイタ(アイリッシュアラン乗馬学校)が68.435%で2位、稗田奈緒子&ドン・ルカ(リトルホースクラブ)が66.850%で3位でした。

 選手権競技は初日の規定課目と今日の自由演技の得点率合計で順位が決定します。2種目とも1位の林&ハディントンがトータル134.168ポイントで完全優勝、規定3位・自由演技2位の川端&ラムゼス・デアツヴァイタが133.043ポイントで2位、自由演技は4位でしたが初日2位だった渡辺弘&レッドフォード(日本デジタル研究所乗馬クラブ)が131.468ポイントで3位となりました。
 林選手は選手権通算3勝となりました。また、今大会は選手権競技、インターメディエイト競技、セントジョージ競技に合わせて4頭で出場して3競技とも優勝、そしてインターメディエイトの2頭目で2位とベストな結果を出しました。

▲全日本馬場馬術選手権 表彰式


▲全日本チャンピオン 林伸伍&ハディントン
「この馬に乗り始めてまだ1ヵ月くらいなので、まだ全体的にしっくりこない部分がありますが、優勝することができて嬉しいです。馬のコンディションがととのってきたら、もっと思い切って乗れるようになると思いますし、来年以降はもっと良くなっていく手応えを感じています。僕自身は、今年は世界選手権に出場するなどいろいろなことがあって、とても充実したシーズンでした。全日本優勝という良い形で終われて良かったですし、全部の競技で勝てたのは良い馬と良い環境のおかげです」

 セントジョージクラス決勝は、自由演技国体成年馬場馬術課目で実施しました。林伸伍&ザリーノ(アイリッシュアラン乗馬学校)が70.875%で予選競技に続いて優勝、稗田奈緒子&ファンタスティコ(リトルホースクラブ)が68.460%で2位、加藤寿幸&B・スペシャル(アイリッシュアラン乗馬学校)が67.350%で3位でした。

▲セントジョージクラス決勝 表彰式


▲林 伸伍

 競技の全結果はこちらからご覧いただけます。

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 11 日
《全日本馬場PartⅠ》最終日 結果
 11月9日から11日まで御殿場市馬術・スポーツセンターにて開催中の《第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅠ》最終日の結果を掲載いたします。

11月11日(日)

第1競技 全日本馬場馬術選手権(①+②合計)       結果(11:00掲載)

第1競技 全日本馬場馬術選手権 ②FEI自由演技グランプリ  結果(11:00掲載)

第9競技 セントジョージクラス馬場馬術競技(決勝)    結果(14:45掲載)


最終日結果表一括ダウンロードはこちらから

更新履歴
11:00 選手権, GP FS 掲載
14:45 St 掲載

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 10 日
《全日本馬場Part I》2日目速報(その2)
 Sクラス決勝の優勝は長谷川雄介&アストロン(Effort Stable)65.931%でした。高校生の吉田友里恵&バレスティーノ(アシェンダ乗馬学校)が65.137%で昨日に続いて2位、金井仁&ウッドストック(RCクレイン千葉)が64.754%で3位でした。

▲Sクラス決勝 表彰式



▲長谷川雄介
「現状ベストの演技ができましたが、馬はもう少しいいところがあるので、それを出したかったです。コンビはまだ半年くらいです。本当にいい子なので、このまま成長してほしいと思っています」

 Mクラス決勝は、小泉大地&リフレクション(東京乗馬倶楽部)が68.505%で優勝しました。同じクラブの松平美香&デーモンヒルJr.が67.413%で2位、石川正直&ロイヤルチャームM(ホースガーデン)が65.804%で3位でした。

▲Mクラス決勝 表彰式



▲小泉大地
「昨日は失敗があったのですが、今日は気持ちを切り替えて自信を持って臨みました。一昨年、馬が大きな怪我をして、今年は復帰シーズンでした。馬が回復していることと、コンビネーションが深まってきたのが良かったと思います」

 Lクラス決勝はベテランライダーの齋藤裕己&エフ・アンジェラ(ウィル・スタッド)が70.000%で予選に続いて優勝しました。2位は永見一平&フロレンス(ESJ)68.933%、3位は稗田奈緒子&タルヴァンゴ(リトルホースクラブ)67.866%でした。

▲Lクラス決勝 表彰式



▲齋藤裕己
「今年、公認競技会でずっと永見くんとフロレンスとせってきていました。勝たなくちゃいけないという意識が強くてずっとひやひやしていました。とても乗り心地の良い馬なので、それを維持したままクラスを上げていきたいです」

 セントジョージクラス予選でも林伸伍選手(アイリッシュアラン乗馬学校)が活躍しました。ザリーノに騎乗して67.156%で1位、2位は稗田奈緒子&ファンタスティコ(リトルホースクラブ)66.176%、3位は稗田龍馬&フェリシダ(リトルホースクラブ)65.881%となりました。

▲セントジョージクラス予選 表彰式


 最終日の明日は全日本選手権②(自由演技グランプリ課目)とセントジョージクラス決勝(自由演技国体成年)を実施します。
 
 今日の全結果はこちらから、明日の出番はこちらから

 
aaaa
馬場馬術本部
2018 年 11 月 10 日
《全日本馬場Part I》2日目速報(その1)
 御殿場市馬術・スポーツセンターで開催している《第70回全日本馬場馬術大会2018 Part I》は、大会2日目の今日、4つのクラスの決勝競技と、セントジョージクラスの予選競技を実施しました。

 インターメディエイトクラス決勝は、自由演技で実施しました。昨日の規定演技同様、林伸伍選手(アイリッシュアラン乗馬学校)がワン・ツーフィニッシュでしたが、昨日と1位、2位が入れ替わりました。優勝はヴェラヌス(71.700%)、2位がマノレッテ(70.460%)で2頭とも70%を超える得点率でした。3位は稗田龍馬&トレントン(リトルホースクラブ)67.950%でした。

▲インターメディエイトクラス決勝 表彰式


▲林伸伍&ヴェラヌス ©Ryosuke KAJI
「昨日も今日も、2頭のうちでミスがなかったほうが勝ったという感じです。ヴェラヌスは神経質なところがあってそれをうまくコントロールするのが難しいのですが、今日はうまく対応できました。マノレッテもようやく安定して点数が出せるようになってきました。今日は2頭とも70%を超えることができました。いい馬に乗せてくださっているオーナーさんに感謝しています」

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2019.09.10
  • 2019.09.15
  • 2019.09.17
  • 2019.09.09
  • 2019.09.23
  • 2019.08.14
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2019.09.06
  • 2019.07.12
  • 2019.04.02
  • 2018.06.04
  • 2019.08.29