アーカイブ:

オリンピック競技大会
2015 年 12 月 22 日
東京2020に向けた選手発掘プロジェクト 始動
総合馬術本部では現在他種目で活躍している選手から、将来オリンピック大会や国際大会でのメダル獲得が期待できる総合馬術競技に向いた選手の発掘を目的として、プロジェクトを始動いたします。

将来性のあるメダルポテンシャルアスリートからの応募をお待ちしております。

応募条件、審査内容などの詳細はこちら
申込書はこちら

申し込み締め切りは平成28年1月15日(金)となっております。
たくさんのお申込お待ちしております。



aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 12 月 11 日
《リオデジャネイロオリンピック》第1次申し込み選手
2016年8月に開催される《第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)》について、代表選考基準に基づく第1次参加申し込みのあった選手を発表いたします。


障害馬術競技

馬場馬術競技

総合馬術競技
aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 11 月 20 日
フロリアン・マイヤー ツ ハートム氏 JOC専任コーチに決定
当連盟障害馬術本部では、2016年のリオ・オリンピック対策と2020年の東京オリンピックを見据えて、ヨーロッパを拠点に活動するナショナルチームの強化を目的に、障害馬術ジェネラルマネージャーのポール・ショッケメーレ氏厩舎所属の、フロリアン・マイヤー ツ ハートム氏を(公財)日本オリンピック委員会(JOC)の専任コーチ(トップアスリート担当)として推薦、JOCより平成27年11月1日付で承認されましたのでお知らせいたします。


フロリアンさんの来日にあわせて、竹田JOC会長より専任コーチの認定文書を直接お渡しいただきました
(写真左より)ポール・ショッケメーレ氏、フロリアン・マイヤー ツ ハートム氏、
竹田恆和JOC会長、東良弘一障害馬術本部長


フロリアン・マイヤー ツ ハートム(Mr. Florian Meyer zu Hartum) プロフィール
【競技歴】
2001年から2012年まで    ドイツ・ナショナルチームメンバー認定
認定中、2回のスーパーリーグを含む10回のネーションズカップ競技に出場
2003年5月 CSIO5* Lisbon グランプリ競技(個人決勝競技)において優勝(馬:Waldrose 10)
2012年5月 CSIO4* Copenhagenにおけるネーションズカップ競技でドイツ団体優勝(馬:Heidegirl Wichenstein)
2012年9月 CH-M-YH-S Lanaken(国際若馬障害馬術選手権大会)における7歳馬クラスで個人優勝(馬:Chacciana)

【指導歴】
1995年9月から2000年7月まで ドイツ・デトモルト地区トレーナーとして、ジュニア選手およびヤング選手を指導
2001年4月 CSI-W Indioにおいて、Raymond TAXEL選手(USA)を指導、ワールドカップ競技優勝に導く
2001年7月 CSI5* Spruce Meadowsにおいて、Raymond TAXEL選手(USA)を指導、グランプリ競技優勝に貢献
2003年7月 CH-EU-J-S Jardy(ヨーロッパジュニア障害馬術選手権)において、ドイツチームの選手を指導、団体金メダル獲得に貢献
aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 11 月 13 日
《リオオリンピック》代表選考基準(馬場馬術)追記事項等について
2016年8月に開幕します《第31回オリンピック競技大会(リオデジャネイロ/2016)》馬場馬術競技の代表選考基準について、追記事項と選考方法について発表いたします。

リオデジャネイロオリンピック 代表人馬選考基準《馬場馬術競技》 平成27年10月22日付追記

リオデジャネイロオリンピック 代表人馬選考基準《馬場馬術競技》に基づく選考方法

第1次申し込みの確認は、こちらから。
aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 10 月 30 日
《リオオリンピック》第1次申し込み 受け付けます
2016年8月に開催される《第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)》第1次申し込みの受付を開始いたします。
(公財)日本オリンピック委員会(JOC)からの派遣準備日程の通知を受け、第1次申し込みの締め切り期日を全種目ともに2015年12月4日に繰り上げることとなりました。

この第1次申し込みを希望する選手は、上記期日までに以下の指定様式にて申請をお願いします。
また、第1次申し込みを行なった選手は、次の日程でJOCが指定する派遣手続きに参加していただきますので、希望の日程を申請書にてご回答ください。

実施日:
2016年1月20日(水)
2016年2月23日(火)
2016年3月15日(火)
2016年4月11日(月)
※いずれか1日参加、実施日が変更となる場合があります。


リオデジャネイロオリンピック 第1次申し込み書<WORD>※全種目共通


リオデジャネイロオリンピック JOC派遣手続き要領(馬術)<PDF>


また、この申請と併せて、2015年12月4日までにJOC候補者台帳情報(下記3点)の提出をお願いします。このJOC候補者台帳は選手だけでなく、グルームおよびホースオーナーとなりうる候補者全員分の提出が必要ですので、漏れのない様にご対応をお願いします。

①候補者台帳情報 ※データ提出必須※
・JOC指定のEXCEL様式に情報を入力

JOC指定様式日本語版EXCELはこちらから。
英語版はこちらから。
※英語版を提出する際は、各候補者名の日本語フリガナを別途お知らせください。

②パスポートコピー ※データ提出必須※
・2016年12月31日以降も有効であること。
・ファイル名はローマ字(大文字)にて「FAMILY NAME_GIVEN NAME_Passport No_PPT」とすること。
・ファイル形式はJPG(PDF不可)、データ容量は50~300KBとすること。
・顔写真が鮮明であること。

③顔写真データ ※データ提出必須※
・写真のサンプル例はこちら(PDF・英語)から。
・ファイル名はローマ字(大文字)にて「FAMILY NAME_GIVEN NAME_Passport No」とすること。
・ファイル形式はJPG、データ容量50~300KB とすること。
・6ヶ月以内に撮影した鮮明なカラー写真データであること。
・背景は無地、白で統一のこと。
・サングラスをかけていないこと、無帽、歯を見せて笑っていないもの等
・高さに対する幅の比率(5:4)

提出先メール:
障害馬術・馬場馬術の選手は、こちらから。
総合馬術の選手は、こちらから。
aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 10 月 11 日
《リオ地域予選会(総合馬術)》最終結果

 オランダ・ブックローで行われていた、総合馬術のリオ・オリンピック地域予選競技会が終了しました。日本は団体出場枠をかけてニュージーランドと戦いましたが、日本の総減点は1135.70、ニュージーランドは198.90で、出場枠を獲得することができませんでした。



▲田中利幸&バラスターベイ(馬場馬術)


▲北島隆三&ジャストチョコレート


▲大岩義明&ザ・デュークオブカヴァン

 リオ・オリンピックの出場枠については、FEIライダーランキングによる個人出場枠を獲得できる可能性があります。ランキングは2015年3月9日から2016年3月6日の間に開催される競技会が対象です。

細野茂之監督コメント
「強豪国ニュージーランドとの一騎打ちで厳しい戦いとなることは覚悟していましたが、団体出場枠を獲得することができず、残念です。クロスカントリーで田中のスリップダウンによる失権はありましたが、それがなくてもニュージーランドの力は日本を上回っていました。ただ、日本も良いチームで戦うことができたと思っています。今後はランキングによる個人枠獲得に向けて、各選手が活動していくことになるので、それをサポートしていく所存です。また、2020年に向けては、国際レベルで戦える人馬の育成に尽力し、日本の総合馬術の選手層を厚くしていくことが急務だと考えています。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします」



大会公式HPはこちら。<英語サイト>
成績はこちらからご覧いただけます。(当該ページの国旗の横に小さな * がついている選手が団体メンバーとしてカウントされます)
 

aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 10 月 10 日
《リオ地域予選会(総合馬術)》クロスカントリー終了

 オランダ・ブックローで開催されている総合馬術のリオ・オリンピック地域予選競技会は、10月10日、クロスカントリー競技が実施されました。
 日本代表は、田中利幸&バラスターベイがコンビネーション障害の間でスリップダウンして失権、北島隆三&ジャストチョコレートは70秒オーバーの減点28、大岩義明&ザ・デュークオブカヴァンは21秒オーバーの減点8.4でした。日本は、馬場馬術終了時の減点にクロスカントリー競技の減点と失権点1000点が加わって合計減点1134.70、対するニュージーランドはチームを組んでいる4人馬ともゴールして、上位3人馬の合計減点は158.00となっています。
 明日、10月11日は最終競技の障害馬術が行われます。

大会公式HPはこちら。<英語サイト>
最新成績はこちらからご覧いただけます。(当該ページの国旗の横に小さな * がついている選手が団体メンバーとしてカウントされます)
 

aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 10 月 9 日
《リオ地域予選会(総合馬術)》馬場馬術速報

団体出場枠をかけた総合馬術のリオ・オリンピック地域予選競技会がオランダ・ブックローで行われています。馬場馬術競技終了時点で、日本は減点156.30、対するニュージーランドは減点124.70で31.60点リードされています。
明日(10月10日)はクロスカントリー競技が行われます。


▲北島隆三&ジャストチョコレート

細野茂之監督コメント
「強豪国ニュージーランドとの戦いは厳しいものですが、リオ・オリンピックに出場できるよう、チーム一丸となって全力で挑みます。応援してください」



大会公式HPはこちら。<英語サイト>
最新成績はこちらからご覧いただけます。(当該ページの国旗の横に小さな * がついている選手が団体メンバーとしてカウントされます)
 

aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 10 月 7 日
《リオ地域予選会(総合馬術)》が始まります
10月8日~11日、オランダ・ブックロー(Boekelo)にて《リオデジャネイロ オリンピック地域予選競技会(総合馬術競技)》が開催されます。

《日本代表人馬》
大岩 義明 ザ・デュークオブカヴァン(日東光学)
田中 利幸 バラスターベイ(乗馬クラブクレイン)
北島 隆三 ジャストチョコレート(乗馬クラブクレイン)

リオオリンピック出場枠はニュージーランドと日本の2ヵ国の戦いで、上位の国に団体出場枠が与えられます。

日本の3頭ともインスペクションを無事通過して、明日からの競技に臨みます。
馬場馬術は8日と9日の2日間にわたって行われますが、日本選手は、8日に田中&バラスターベイ、9日に大岩&ザ・デュークオブカヴァンと北島&ジャストチョコレートが出場することが決まりました。


▲インスペクションに臨む大岩&ザ・デュークオブカヴァン

大会公式HPはこちら。<英語サイト>
最新成績はこちらより発表予定。(Home>Competition>Leader Board)
aaaa
オリンピック競技大会
2015 年 9 月 16 日
《リオ地域予選会(総合)》代表人馬 発表!
10月8日~11日、オランダ・ブックロー(Boekelo)にて開催される《リオデジャネイロ オリンピック地域予選競技会(総合馬術競技)》の代表人馬を以下の通り決定しましたのでお知らせいたします。

代表人馬
大岩 義明  ザ・デュークオブカヴァン
田中 利幸  バラスターベイ
北島 隆三  ジャストチョコレート
       マーキードプレスコ(予備馬)

ブックロー公式HPはこちら。<英語サイト>
最新成績はこちらより発表予定。(Home>Competition>Leader Board)
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2020.06.29
  • 2020.06.25
  • 2020.06.25
  • 2020.06.25
  • 2020.06.10
  • 2020.06.25
  • 2018.08.30
  • 2018.12.13
  • 2020.06.22
  • 2020.06.03
  • 2020.03.23
  • 2018.06.04
  • 2020.04.16