アーカイブ:

総合馬術本部
2021 年 9 月 14 日
《CHIO Aachen》開幕
 ドイツのアーヘンで開催される馬術フェスティバル《CHIO Aachen》が本日開幕します。今年はジャパンイヤーとして開催され、オープニングセレモニーではスポーツ流鏑馬のデモンストレーションや和楽器の演奏、現地日本人学校の皆さんによる東京音頭などが披露されます。
 日本からは、障害馬術に佐藤英賢選手、福島大輔選手、馬場馬術に黒木茜選手、佐渡一毅選手、林伸伍選手、総合馬術に大岩義明選手、戸本一真選手が出場します。

ライブ配信・スタートリスト・結果はこちらからご覧ください。



 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 9 月 13 日
《全日本総合2021》エントリー受付開始・来場者登録について
令和3年10月22日(金)から24日(日)まで山梨県馬術競技場にて行います《 第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S / CCI2*-L Yamanashi 》のエントリー受付を開始しました。エントリーはオンラインのみの受付となります。

=====
《 第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S / CCI2*-L Yamanashi 》エントリー

受付期間:令和3年9月13日(月)~27日(月)
大会要項確認及びエントリーはこちらから(オンラインのみ)

=====

【来場者登録について】

今大会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため無観客での開催となります。参加団体は、以下のフォームから来場者登録を締め切りまでに行ってください。登録に沿って、会場入場用のリストバンドを交付します。

第51回全日本総合馬術大会2021参加団体用来場者フォーム
来場者登録締め切りは令和3年9月30日(木)です。

※締め切りまでに来場者登録がない団体は、出場選手数分のリストバンドのみ発行いたしますのでご了承ください。
※参加団体が登録する来場者数に特に制限は設けませんが、良識の範囲内でお願いします。また、エントリー数によっては三密回避のために厩舎地区立ち入り人数を制限する場合があります。
※事前登録・リストバンドのない方の会場立ち入りはご遠慮ください。
※来場者は競技会場に入場する前日から後日お知らせするURLより毎日行動記録をご提出ください。
※来場者は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を必ずインストールしてください。
※来場者は大会役員・係員・スタッフの指示に必ず従ってください。従っていただけない方はリストバンドを返却の上、退場していただく場合があります。

●出店等を希望される方はこちらにお問合せください。
●取材等のための来場を希望される方は
広報担当までお問合せください。

 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 9 月 9 日
《全日本総合2021》会場変更にともなう競技日程一部変更について
令和3年9月1日にお知らせしました通り、令和3年10月22日(金)から24日(日)まで実施予定の《第51回全日本総合馬術大会2021》は会場を山梨県馬術競技場に変更いたしました。

会場変更に伴い、一部競技に日程の変更がございますのでお知らせします。

【変更対象競技】
第9競技   複合馬術競技120クラス
第10競技 複合馬術競技105クラス
第11競技 複合馬術競技100クラス

【旧】
日 時 実施種目
10月23日(土) 馬場馬術競技         
10月24日(日) 障害馬術競技

【新】
日 時 実施種目
10月22日(金) 馬場馬術競技         
10月23日(土)  ―――
10月24日(日) 障害馬術競技

上記以外の実施競技に変更はございません。大会要項をご確認ください。
第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S/ CCI2*-L Yamanashi 大会要項(再改定版)はこちらから。

 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 9 月 1 日
《全日本総合2021》新型コロナ状況に伴う会場変更及び出場資格について
令和3年10月22日(金)から24日(日)まで開催予定の《第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S / CCI2*-L Miki》について、新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、以下の通り変更いたします。

・会場変更について
 実施会場を三木ホースランドパークから山梨県馬術競技場(山梨県北杜市小淵沢町10060−3)に変更します。また、会場変更に伴い、大会名称を《第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S / CCI2*-L Yamanashi》に改称します。大会期間に変更はありません。
 尚、会場・名称変更に伴うエントリー期間変更は行いません。


・出場資格の緩和について
 新型コロナウイルス感染症拡大状況による公認競技会中止等の影響を鑑み、今大会に限り大会実施要項にて既に発表している出場資格(完走実績)の一部緩和を行います。大会実施要項改定版をご確認ください。

第51回全日本総合馬術大会2021・CCI3*-S/ CCI2*-L Yamanashi 大会要項(改定版)はこちらから。
 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 29 日
《全日本ジュニア総合》最終日レポート
《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021》は最終日の今日、障害馬術競技を実施しました。

 ジュニアライダー選手権競技はエントリーした4選手5頭すべてが障害馬術競技に進み、暫定1位の伊丹媛香選手&メイショウブユウ(八王子乗馬倶楽部)と2位の細野光選手&アップトゥーユー(八王子乗馬倶楽部)の減点差はわずかに1.7という状況でした。上位の人馬はいずれもクリアラウンドし、伊丹選手&メイショウブユウが優勝、細野選手がアップトゥーユーで2位、レッドアーヴィングで3位となりました。

▲ジュニアライダー選手権入賞人馬 ©c3.photography


▲ジュニアライダー選手権優勝 伊丹媛香&メイショウブユウ
「ここまで連れて来てくれた馬と指導してくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。去年は2位だったのでそれを挽回したいのもあったし、純粋に愛馬に青いリボンをあげたいという気持ちもあって優勝を目指していました。いつもはクロスカントリーで緊張するのですが、今回は馬のコンディションが良くていいペースで走れて楽しかったです。いつもブユウに助けられているので、これからは自分が馬を助けられるように成長していきたいです」

 チルドレンライダー選手権競技は3人馬が障害馬術競技に臨みました。暫定1位の北山稜選手&ミッドセンチュリー(ヘレナ国際乗馬倶楽部)と2位の真川葵衣選手&フォルス(乗馬クラブクレイン三重)との差は1落下以内の1.9点でした。両者ともクリアラウンドして北山選手&ミッドセンチュリーが優勝、真川選手&フォルスが2位、そして初出場の佐々木真平選手&ハッピーアルシス(八王子乗馬倶楽部)が3位となりました。北山選手&ミッドセンチュリーのコンビは2019年以来2回目の優勝です。

▲チルドレンライダー選手権入賞人馬 ©c3.photography


▲チルドレンライダー選手権優勝 北山稜&ミッドセンチュリー
「馬と競技を楽しむことが目標でした。それが実践できて優勝することができたので嬉しいです。馬場馬術は馬との折り合いがついて今までで一番良かったですし、クロスカントリーは馬が行く気持ちだったので安心して走れました。大会の1ヵ月前からクラブの近くにアパートを借りて一人暮らしをして練習をしてきたのですが、その効果がありました。昨年は失権してしまったので、ウィニングランでは喜びが爆発しました」

 4人馬が参加したインターナショナルクラスのCCI2*-L競技は1人馬が棄権し、障害馬術競技には3人馬が出場しました。初日の馬場馬術で1位だった中島悠介選手&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)が、トップを守り切って優勝を決めました。


▲CCI2*-L競技優勝 中島悠介&クレジットクランチ
「4月の三木以来の競技でしたが、内容も良く、楽しむことができました。やはりクランチは信頼できるパートナーだということを改めて感じました。次は全日本選手権になると思いますが、クランチと僕のベストのパフォーマンスを目指します」

大会の結果はこちらから

 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 29 日
《全日本ジュニア総合》最終結果発表
8月27日から29日まで山梨県馬術競技場で行いました《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021・CCI2*-L Yamanashi》の最終結果を発表いたします。


第1競技 全日本ジュニアライダー総合馬術選手権競技
第2競技 全日本チルドレンライダー総合馬術選手権競技
第4競技 CCI2*-L競技
第5競技 EV100競技
第6競技 EV90競技
第7競技 EV80競技

 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 28 日
《全日本ジュニア総合》2日目レポート
《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021》は2日目の今日、クロスカントリー競技を実施しました。

 ジュニアライダー選手権は出場した4選手5頭が完走しました。初日にトップだった伊丹媛香選手&メイショウブユウ(八王子乗馬倶楽部)は、タイムオーバーを最少に抑えて2日間の合計減点39.1で首位を守りました。2位と3位は細野光選手(八王子乗馬倶楽部)で、アップトゥーユーが減点40.8、レッドアーヴィングが減点43.8で続いています。


▲伊丹媛香&メイショウブユウ

 チルドレンライダー選手権は5人馬が走行し3人馬が減点0でゴールしましたが、残念ながら2人馬が失権してしまいました。1位と2位の順位は変わらず、北山稜選手&ミッドセンチュリー(ヘレナ国際乗馬倶楽部)が減点31.0、真川葵衣選手&フォルス(乗馬クラブクレイン三重)が減点32.9と僅差で続いており、佐々木真平選手&ハッピーアルシス(八王子乗馬倶楽部)が減点35.3で3位に上がりました。


▲北山稜&ミッドセンチュリー

 インターナショナルクラスのCCI2*-L競技は、中島悠介選手&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)が5秒オーバーでゴールして、2日間のトータル減点30.2で変わらずトップです。


▲中島悠介&クレジットクランチ

本日の結果はこちらからご覧ください。 
最終日の明日は各クラスの障害馬術競技を実施します。
本大会は無観客で開催しております。競技の模様はインターネットライブ配信でお楽しみください。

 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 27 日
《全日本ジュニア総合》初日レポート
《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021》が山梨県馬術競技場で開幕しました。ジュニアライダー選手権競技、チルドレンライダー選手権競技の2つのチャンピオン決定戦のほか、EV100競技、EV90競技、EV80競技、CCI2*-Lを実施します。初日の今日は馬場馬術競技を行いました。

 ジュニアライダー選手権競技には4選手5頭が出場。今年、チルドレンからジュニアにクラスアップした伊丹媛香選手&メイショウブユウ(八王子乗馬倶楽部)が減点32.3(67.71%)で1位、2頭乗りの細野光選手がアップトゥーユーで2位(減点32.8)、レッドアーヴィングで3位(減点34.6)となりました。


▲伊丹媛香&メイショウブユウ

 チルドレンライダー選手権競技には5人馬が出場し大接戦となりました。暫定1位は減点31.0の北山稜選手&ミッドセンチュリー(ヘレナ国際乗馬倶楽部)、2位は減点32.9の真川葵衣選手&フォルス(乗馬クラブクレイン三重)、3位は減点34.3の浅川駿萬選手&カリッシュ(静岡乗馬クラブ)です。1位から5位までの点差はわずか4.3点です。


▲北山稜&ミッドセンチュリー

 インターナショナルクラスのCCI2*-L競技には4人馬が出場、中島悠介選手&クレジットクランチ(乗馬クラブエトワール)が70%を超える得点率で減点28.2でトップに立っています。

   今日の結果は特設サイトに掲載しています。
 明日は各クラスのクロスカントリー競技を実施します。
 本大会は無観客で開催しております。競技の模様はインターネットライブ配信でお楽しみください。


 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 27 日
《ジュニア総合》クロスカントリーコース図発表
8月29日まで開催中の《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021・CCI2*-L Yamanashi》のクロスカントリー競技のコース図を発表します。

8月28日(土)クロスカントリーコース図

ジュニアライダー選手権競技/EV100競技
チルドレンライダー選手権競技/EV90競技
CCI2*-L競技
EV80競技


尚、変更する可能性がありますので最新情報は大会特設サイトにてご確認ください。
また、大会特設サイトでは各コースに設置の障害物画像も御覧いただけます。





 
aaaa
総合馬術本部
2021 年 8 月 23 日
《全日本ジュニア総合》入場証兼リストバンド引換証発送について
8月27日~29日に、山梨県馬術競技場にて行ないます《第42回全日本ジュニア総合馬術大会2021・CCI2*-L Yamanashi》の参加団体宛に、入場証兼リストバンド引換証等を発送いたしました。7月24日(火)までに未着の場合のご連絡はこちらまでお願いいたします。

なお、今大会は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、入場証あるいはリストバンドをお持ちでない方の入場はできませんのでご了承ください。

 
aaaa
 

アーカイブ:

  • 2021.10.05
  • 2021.10.19
  • 2021.10.19
  • 2021.10.14
  • 2021.09.24
  • 2021.10.07
  • 2021.10.14
  • 2021.10.14
  • 2021.08.26
  • 2021.10.14
  • 2021.03.16
  • 2018.06.04
  • 2021.08.17